レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

火曜ドラマ『カルテット』第4話

2017年02月07日 22時52分03秒 | 2017年ドラマ


「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」
内容
山積みになったゴミに、唖然とする4人。
真紀(松たか子)すずめ(満島ひかり)家森(高橋一生)は、
別府(松田龍平)がやると思っていたと、口を揃える。
どこで、別府は、順番で出そうと提案するが、皆聞く耳を持たず。
なんとか別府が3人の説得を試みようとしていると、家森を訪ね男たちが現れる。
半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)だった。
1枚の写真をとりだし、写っている女(高橋メアリージュン)の所在を
尋ねられた家森だったが、知らないと言うばかり。
すると、半田達は、家森のビオラを人質として持ち去って行くのだった。

家森は、3人を部屋に呼び、その女性との関係などを語りはじめる。
女は、茶馬子。。。元妻。息子・光大(大江優成)もいると言うこと。
男たちは、茶馬子がつき合っている西園寺誠人の父の部下。
2人を別れさせ、西園寺を連れ戻そうとしているという。

敬称略


今回は、ついに、家森の話。


まさに、坂元裕二節という感じ。

主人公4人も、とんでもないけど。。。なぜだか、微笑ましい部分もあり。

愛らしさそして愛おしさもあるキャラ達なのだが。


まさか、それを越えてくる女を投入してくるとは!!


今作がスゴイのは、そこだよね。

4人の濃さ。。そして抜群の演技力があるにもかかわらず。

もっと、濃いキャラを投入。

それを、ナチュラル関西弁で。。。とんでもないキャラ。

怖いよ

4人が、普通に見える(笑)

それどころか、茶馬子を、家森。。そして4人との会話劇に、絶妙に混ぜてきた。

ほんと、サスガだね。

ここが、坂元裕二さんの凄いところ。

まあ、クセがありすぎるんだけど。。。。。


でも、この脚本を具現化出来る演出と俳優達があってこその、絶妙さ。

まさに、三位一体の面白さである。

ほんと、スゴイねぇ。。。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘘の戦争 第5話 | トップ | べっぴんさん 第106回 »

あわせて読む

2017年ドラマ」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カルテット #04 (ぐ~たらにっき)
『妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート』
カルテット (第4話・2017/2/7) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第4話『妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート』の感想。 諭高(高橋一生)を追って、ワゴン車の2人組・半田(Mummy-D......
カルテット 第4話「妻はピラニア、婚姻届は呪いを叶えるデスノート」 (昼寝の時間)
公式サイト ある日、諭高を追っていた半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)が別
今宵、私とあなたと二人の子供の三人で(高橋メアリージュン) (キッドのブログinココログ)
やるせない人々の物語である。 ほぼ中流家庭の物語だった「逃げるは恥だが役に立つ」がアリさんたちの物語とすれば・・・こちらは冬のキリギリスの話なのだ。 メンバーの一人が軽......