レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

妖怪人間ベム EPISODE.6

2011年11月26日 21時55分51秒 | 2011年ドラマ
『臆病者に恋したベラ爆破事件の犯人は彼』

内容
緒方(あがた森魚)の持っていた写真から“謎の杖”が3本あったと分かり、
新たな手がかりを得ることができたベム(亀梨和也)たち。


一方、暴行事件の捜査を始めていた夏目(北村一輝)

そんななか、ベラ(杏)は、妙に優しい男(田中哲司)と出会うのだった。
その優しさに、何かを感じ始めるベラ。
翌日、再び出会うベラは、その男。。。大久保一の家へと向かうことに。
そこに夏目が捜査でやって来る。
暴行事件の被害者・藤原裕之(久松信美)が大久保の友人だからだった。
特に、妙なことは無かったと応える大久保だが、
その手のやけどの痕に夏目は、ある事を思い出していた。

その後、隠れ家に帰ったベラは、夏目と会ったと話をする。
大久保という男性の家にいたと知ったベムとベロ(鈴木福)は、
ベラに“恋なのでは?”と伝える。
自分たちに恋など出来るわけがなく、人間ならばと、、、ベラは言い張るが。。。

翌日、ベラは、大久保の自宅を訪ねていた。
そこで大久保のやけどの原因を知るベラ。

同じ頃、ベムとベロは夏目の家を訪ね、食事をご馳走になろうとしていた。
そしてベロが夏目の亡き息子・誠の写真を見ていたところ、
5年前のビル火災で亡くなったと告げられる。大久保の現場にいた1人だという。

やがてベムは、大久保が友人の東郷と話をしているのを聞いてしまう。
5年前のビル火災は、大久保によるミスが原因で。。。。。。

敬称略


一度味わった幸せは失うとつらい


否定しながらも、人間の男に恋をしてしまったベラ。
が、、、その男には、思わぬ過去がアリ。。。。。


って感じだ。


たとえ“妖怪人間”であっても“人間らしさ”がある。。。という。
今までのお話の、、言ってみれば究極のお話ですね。

何と言っても、恋ですから!

シッカリと苦悩も描かれているし、人間の弱さも描かれている。
だから一種のヒューマンドラマとしてのオモシロ味は存在する。

それに、夏目の過去を絡めてきたのも、悪くない選択。


ただし今までと違って、少し問題があるとすれば、

ベラの恋という部分に時間を割きすぎて、
“妖怪人間”というよりも“人間”という表現をし過ぎたことかな。

たしかに
《人間よりも人間らしい》。。。。という言葉が幾度も登場しているように、

人間らしさがベムたちには存在する。

しかし
今までの生き方から考えると、人間に裏切られ続けて生きて来たわけである。

だとすれば、
本来は、恋に対する戸惑いではないのでは?
疑心暗鬼。。。。特にベラならば。。。。なのでは?

あまりに普通に《恋》を受け入れすぎているような気がします。

それもあって、
ドラマとしては、良い感じの展開ではあるのだが、
最後の最後まで違和感を引っ張ってしまった感じもあるのだ。

“人間らしさ”は重要であるが、“人間ではないこと”はもっと重要なんじゃ?

今までのエピソードでも、
今回ほど、人間を信じたエピソードは、無かったわけですし。

たとえ、夏目を信じたとしても、夏目が人間の代表ではありません。


以前だって、昔世話になった人に再会したエピがありましたよね?
これにしても、はじめは信じ切っていませんでしたし。



楽天ブログ版
EPISODE.6 

TBが飛ばない場合は、以下へどうぞ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3075.html
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーネーション 第48回 | トップ | 土曜ドラマスペシャル『蝶々... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (通りがかり)
2011-11-28 03:33:30
はじめまして。
今回は、恋がテーマでしたね。
だからこそ、ベラの恋を認識する尺に
割いた結果、人間寄りの描写に
なった気もします(^^;)

好意的にみるならば、
正体を知っても反応に違いがなく、
変わらず接し、自分の領域(家族)
にいれようとしたこと。
また、「死」とは遠い妖怪人間には
人間の弱さが分からない。
というところでしょうかね

どちらにせよ、来週が気になります

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
妖怪人間ベム第6話感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
恋ですねぇ~~(^^)可愛いんだけど ベムの言う通りかっこよかった、ベラが。今日のお話は1話だけでは終わらないお話になりましたね。夏目さんの息子さんが 5年前 爆発事故で亡...
【妖怪人間ベム】第6話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
人と交わる事が難しいなら、恋もまた難しいもの・・・ 異形の者は恋をしてはいけないのか? 「妖怪人間ベム」第6話。 ベラは自転車置き場で1人の男と出会った。 ベラが倒した自転車を...
ドラマ「妖怪人間ベム」第6話感想「臆病者... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
ベラの恋-------------!!今回のお話のメインはこれだとしても、恋だけでなく、また色んなところで伏線をしっかり貼った内容で、毎回本当この脚本の上手さには驚かされるわ。さすがで...
ドラマ「妖怪人間ベム」 第6話 感想「臆病者に恋したベラ爆破事件の犯人は彼」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
ベラの恋-------------!! 今回のお話のメインはこれだとしても、恋だけでなく、また色んなところで伏線をしっかり貼った内容で、毎回本当この脚本の上手さには驚かされるわ。 さすがです~♪<emoji code="h287" /> ステッキが...
妖怪人間ベム(ドラマ) 第6話の感想 (オタクと呼ばないで)
日本テレビ系列で放送されたドラマ「妖怪人間ベム」第6話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。~引用開始~ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)の本当の姿を知った上で夏目刑事(北村一輝)はベムたちの棲家を訪れていた。その時、夏目刑事に暴...
「妖怪人間ベム」第6話 (日々“是”精進! ver.A)
ベラの、恋・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111260003/ 日本テレビ系土曜ドラマ「妖怪人間ベム」オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.11.23 サキタハヂメ バップ (2...
妖怪人間ベム 第6話 (Happy☆Lucky)
第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント
妖怪人間ベム 第6話 (ぷち丸くんの日常日記)
ベラ(杏)は、道で自転車を倒して慌てていたところを、通り掛かった大久保(田中哲司) に助けられる。 ベラは、道端の花にまで優しく接する大久保に好意を抱く。 ベラから大久保の話を聞いたベロ(鈴木福)は「それは恋じゃないか」と言うが、ベラは 否定する。 大...
妖怪人間ベム 第6話 (ドラマハンティングP2G)
「臆病者に恋したベラ爆破事件の犯人は彼」2011年11月26日放送 ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)の本当の姿を知った上で夏目刑事(北村一輝)はベムたちの棲家を訪れていた。 その時、夏目刑事に暴行事件が起きたという連絡が入る。 夏目刑事はその暴行事...
【妖怪人間べム】第6話感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
【第6話の視聴率は11/28(月)追加予定】「臆病者に恋したベラ爆破事件の犯人は彼」今回のポイントは、男前ベラの初恋と、遂に、夏目に、名前のない男・柄本明さんが話しかけました。...
【妖怪人間べム】第6話感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
【第6話の視聴率は11/28(月)追加予定】 「臆病者に恋したベラ 爆破事件の犯
妖怪人間ベム (第6話 11/26) 感想 (ディレクターの目線blog@Seesaa)
10/22から日テレで始まったドラマ『妖怪人間ベム』(公式)の第5話『臆病者に恋したベラ 爆破事件の犯人は彼』の感想。第1作目(1960年代後半)原作アニメは幾度も鑑賞済み。 少々勇み足な「人間っぽさ」の描写に違和感… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださ...
妖怪人間ベム第6話(11.26) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
親切にしてくれた男大久保@田中哲司に心惹かれるベラ@杏だったが、 大久保は5年前の爆発事故の真相を知る者を 密かに襲撃している人間だったという話 口が悪くて素直ではないが、実は人懐っこいベラ、可愛いですなあ そんなベラが心優しき男大久保に好感を抱き、大久保...