レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

恋愛時代 第12話(最終回)

2015年06月19日 00時53分47秒 | 2015年ドラマ

「婚姻届が宙を舞う…終わりと始まりの日」

内容
理一郎(満島真之介)多実子(芦名星)の結婚式で牧師を務めるはる(比嘉愛未)
先日の海江田(中尾明慶)に教えられた理一郎の秘密に心を揺さぶられながらも、
無事に大役を果たすのだった。
心機一転。。。はるは、喜多嶋(佐藤隆太)とも完全に別れることに。
そしてスポーツジムを辞め、沖縄へ移住することを決める。
まさかの行動に、海江田、小百合(江口のりこ)そしてしず夏(松川星)は困惑。
話を聞いた理一郎も動揺を隠せなかった。

そのころ、多実子に、立ち消えになっていたレシピ本の出版話が舞い込む。
仕事を辞め、2人の時間を大切にと考えていたのにという多実子。
理一郎は応援すると言うが、多実子は中途半端なことは出来ないという。
もし、本気になったら、仕事ばかりになってしまい、2人の時間が無くなると。
大丈夫だと理一郎は口にするが、多実子との間にある違いを感じてしまう。

敬称略


かなり奇妙な言い回しですが。

ここまで来て、そういう“劇的な展開”に持って行くんだ。。。。

って感じ。


そう。まさにドラマティック。


終わってみれば、紆余曲折を描きつつ、

丁寧に、一風変わった恋バナを描ききった感じですね。

ま、イマドキ。。。という感じでは無いけどね。

実際、そういう演出も、今作は少なかったし。

だから、丁寧。。。。でも、クドサもあったのも事実なのだ。

展開的に、同じようなことをしてしまっていたこと。

そのうえ、ダブル主役に近い、物語。。。でしたからね。

クドクならないほうが、おかしいのだ。

とはいえ、この丁寧さだからこそ、

群像劇風の部分も、上手くいっていたんだけどね。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師たちの恋愛事情 Kar... | トップ | まれ 第71回 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
恋愛時代 #12 最終回 (ぐ~たらにっき)
第12話
恋愛時代 最終回「婚姻届が宙を舞う…終わりと始まりの日」 (のほほん便り)
ほとんど、恋愛「青い鳥」物語でしたね。旅して始めて、元いた場所の貴重さに気付く… それって、あるよね。と、じれじれしながらも、かなり共感を持って見てました。だって、誰しも、故郷の良さは、出て初めて気付くのは、多くの人が経験すること。そして縁の不思議を感...
恋愛時代 第12話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
最終話「婚姻届が宙を舞う…終わりと始まりの日」 6月18日(木)よる11:59 ついに理一郎(満島真之介)と多実子(芦名星)の結婚式の日がやってきた。牧師役をつとめることになっているはる(比嘉愛未)は控室に待機していたが、中々理一郎たちの前に姿を見せることがで...
「恋愛時代」 第12話(最終話) 婚姻届が宙を舞う・・・終わりと始まりの日   (トリ猫家族)
 その場所を離れることができなかったはるの元に飛んできたのは 婚姻届で折った紙飛行機。 「妻になる人」の名前だけが書かれていましたぞ~ 「俺・・・いつでも名前書けるけ ...
恋愛時代&アルジャーノンの花束を&ドS刑事&妄想彼女最終回感想 (NelsonTouchBlog)
(木) ■恋愛時代最終回 やっと、元鞘に収まった・・という感想に尽きる(笑)素直にならないといけないですね、やっぱり。 引き延ばし感はありつつ、でも台詞とか間とか、細かい描写が丁寧で、雰囲気もしっとりした感じだったから全然飽きることはなかった。今シーズン...