レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花燃ゆ 第二十二回

2015年05月31日 18時43分15秒 | 2015年ドラマ

『妻と奇兵隊』
「妻と奇兵隊~前代未聞の作戦で反撃に出る民衆力!」

内容
文久三年五月、久坂(東出昌大)らにより、下関において攘夷が決行された。
だが翌月、アメリカ、フランスの艦隊が報復。砲台が壊滅するだけで無く、
多くの負傷者を出し、下関は壊滅的な打撃を受けてしまう。
手伝いを。。。と思っていた文(井上真央)であったが、
久坂らの勧めで、文は萩へと戻ることに。

一方、萩へ戻った久坂は、藩主・敬親(北大路欣也)に兵の増員を求める。
しかし状況から受け入れられるわけが無かった。
そこに周布(石丸幹二)高杉(高良健吾)が現れ、奇兵隊の設立を上申。
敬親から熱意を認められた高杉が総督となり、奇兵隊設立を了承される。
すぐさま高杉は、久坂とともに下関へと。。。

萩へ戻った文は、父・百合之助(長塚京三)らが、
人手の無い中で戦に備えて台場をつくっていると知る。
文は、少しでもと。。。。
百合之助の反対を押し切り、台場づくりに携わりはじめる。
はじめは、文たち家族だけであったが、
その後、雅(黒島結菜)や、姉・寿(優香)たちも参加し、徐々に増えていく。
ついには、椋梨の妻・美鶴(若村麻由美)も味方につけ。。。。。

敬称略



今作的には、一番の盛り上がり。。。。でしょうか。

きっと、そうだよね。

実のところ、

松陰、久坂、高杉。。塾生たち、そして伊之助の活躍も重要だけど。

本来の主人公は、文。。。なので。

ここを目指して、女たちのホームドラマを描けば、良かっただけなのだ。

志士たちはオマケで。

たとえ、いろいろな批判を受けることがあっても、である。

もちろん、活躍を見たくないわけじゃ無いんだけど、

でも、描けば描くほど。。。。。この作者って、文を絡ませませんからね。

すでに、本末転倒。

文を選んだのだから、頭を捻って、アイデアを絞り出し、

突き進めば良かったのだ。

今回にしても、

人間関係が、描かれなかったわけでは無いが、

思い出そうとすると。。。。。かなり前のコトになるのは言うまでも無い。

それでも、志士を描きたいなら、無理に文を。。。もしくは、誰かを絡ませる。

ただ、それだけのこと。だって、ドラマだから!

事実がどうかなんて、そんなこと。。。大きな意味は無い。


ほんと、ここをターゲットにして、人間関係などを描いておけば、

間違いなく、もっと、もっと、盛り上がったでしょうに。

今回だけを見れば、かなり良い感じなのにね。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Go!プリンセスプリキュア... | トップ | 天皇の料理番 episode6 »

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹22異国との大敗北に晋作が身分関係なく志ある者たちによる奇兵隊結成が承認された (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第22話は玄瑞が攘夷を決行するも翌月にはアメリカ・フランス艦隊の報復攻撃になす術なく敗れた。その結果を顧みて晋作が奇兵隊の結成を申し出てそれが許可 ...
〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第22回「妻と奇兵隊」感想  7月「大奥編」では文が主役に躍り出る? (しっとう?岩田亜矢那)
この5ヶ月間、 ただただ、おにぎりを配っていただけの文が、 7月スタートの「大奥編」ではいよいよ主役に躍り出る! 『文は久坂の死後、長州藩の奥に入り、美和と名を改めて、毛利元徳の子・元昭の守り役となる。』 『“大奥”編では、キャリアウーマンのようにのし上...
大河ドラマ「花燃ゆ」 #22 妻と奇兵隊 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
長州の攘夷決行。 皆は喜んでいます。 しかし、一人高杉が危機感を強めます。 そして、四国艦隊による報復・・・。
大河ドラマ「花燃ゆ」 #22 妻と奇兵隊 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
長州の攘夷決行。 皆は喜んでいます。 しかし、一人高杉が危機感を強めます。 そして、四国艦隊による報復・・・。
花燃ゆ #22「妻と奇兵隊」 (昼寝の時間@R)
久坂玄瑞(東出昌大)らによってじょういが決行されたが、アメリカ・フランス艦の報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。文(井上真央)は、異国からの攻撃に備えるための土...
花燃ゆ 第22回「妻と奇兵隊」感想です♪ (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
こちらも先週見れてない大河です(^^;)今週も伊勢谷さんの回想シーンがちらっとあって嬉しい(^^)もう、可能な限りちらっとでもいいから出してほしい(^^)え~と、まずは「文久三年」とか...
「花燃ゆ」 第22回、妻と奇兵隊 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第22回、妻と奇兵隊。 高杉晋作による奇兵隊の結成。 そして、女たちは萩の海岸線に後に女台場と呼ばれる土塁作りを手伝う。
【 花燃ゆ 】第22回 「妻と奇兵隊」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
久坂玄瑞(東出昌大)らによってじょういが決行されたが、アメリカ・フランス艦の 報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。 文(井上真央)は、異国からの攻撃に備えるための土塁の工事が人手不足で 進んでいないことを知り、女たちの力で作り上げようと考える...
花燃ゆ 第22回「妻と奇兵隊」~完全に好戦的。攘夷を批判する視点はどこにいった? (平成エンタメ研究所)
「このまま異国が黙っとるわけがない」  そうなんですよね、戦争はやったら、やり返される。  相手の軍事力が強ければ倍返しされる。  ここんとこ、安倍さん、しっかり考えてね。  あなたの?戦争法案?はそうなる可能性が大いにあるんだからね。  って、今回は安倍首...