レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

お義父さんと呼ばせて 第1話

2016年01月19日 23時05分35秒 | 2016年ドラマ


「お義父さん、娘さんをもらっていいですか?」
「お義父さん娘をもらっていいですか」

内容
その日、大道寺保(遠藤憲一)と小松川慎吾(加治将樹)は、緊張していた。
鬼山社長(団時朗)に謝罪するふたり。

そのころ大手商社に勤める花澤紀一郎(渡部篤郎)は、
妻・静香(和久井映見)とともに、部下の披露宴にやって来ていた。
帰ろうとしているとき、副社長との会話で、妻・静香の言葉に
紀一郎は驚きを隠せなかった。娘・美蘭(蓮佛美沙子)に恋人がいる!?
それも、1年もつき合っているという。本気かもと言うことだった。

一方、土下座のおかげか、許してもらえ、ひと安心の保。
視線の先には、結婚式を終えた人たちの姿に、ナニか感じ、走り出す。
向かったのは、恋人と待ち合わせをしているカフェ。
「ミーちゃん。結婚してください!」
「待ってた。その言葉。よろしくお願いします」

そんななか、父・紀一郎、母・静香、
兄・葉理男(中村倫也)妹・真理乃(新川優愛)の集まった朝食の席で、
美蘭は、「今度の日曜、彼氏、連れてくるから!」と宣言。

紀一郎。。。そして保。。。それぞれに緊張しながら、
ついにその日がやってくる。

敬称略

 

脚本は、林宏司さん

演出は、星野和成さん

 

第1話だから仕方ない。。。。と言っておきますか。


そもそも
時間延長分も含めて、設定の説明が多すぎだよね。

たしかに、2人のギャップを描くことは大切だし。

それが、物語の根幹なのも分かるのだけど。

ダブル主人公状態のため、かなりクドイ感じ。

ふたりの主義主張を並べ立てるだけでは、

オモシロ味は生まれてこない。


設定自体は、楽しそうなのに。

俳優も含めて、上手く利用出来ていない感じかな。

これ、今後、どうにかなるのかな???

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダメな私に恋してください ... | トップ | あさが来た 第93回 »

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
お義父さんと呼ばせて #01 (ぐ~たらにっき)
『お義父さん娘をもらっていいですか』
お義父さんと呼ばせて~51歳のオヤジが28歳下の女の子と結婚!? オヤジ必見のドラマです! (平成エンタメ研究所)
 オヤジのためのドラマですね~。  だって、51歳のオヤジが28歳下の若い女の子と結婚する話なんですよ!  その若い女の子というのが、蓮佛美沙子さんなんですよ!  主人公・大道寺保(遠藤憲一)は全国の寂しいオヤジたちの希望である!(笑)  蓮佛美沙子さん演じる...
お義父さんと呼ばないで (第1話 / 初回15分拡大・2016/1/19) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ・関西テレビ系・『お義父さんと呼ばないで』(公式) 第1話 / 初回15分拡大『お義父さん娘をもらっていいですか』の感想。 51歳の保(遠藤憲一)は、中堅専門商社の熱血部長。仕事に没頭するあまりこれまで結婚に縁がなかったが、28歳も年下...
お義父さんと呼ばせて第1話(1.19) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
歳の離れた恋人美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を望む大道寺保(遠藤憲一)と 保の同い年の美蘭の父花澤紀一郎(渡部篤郎)のバトルをコミカルに描く作品。 『医龍』などの林宏司脚本。 『スペシャリスト』の次に今期期待していたドラマ。 阿部寛主演『白い春』のような 笑いあり涙...
お義父さんと呼ばせて(遠藤憲一)VSシンクロしました(堀北真希)VS僕の言うことは絶対だ(長瀬智也) (キッドのブログinココログ)
・・・・おい、おい、おい。 三回ツッコミかよ。 どういうつもりなんだよ。 (水)はしぼりきれません・・・。 (火)がまじってるじゃねえか・・・。 場合によっては(火)「バカ恋」(水)「お義父さん」でもよかったと思ったんだが・・・蓮佛美沙子・新川優愛・和久井映見とい...
「お義父さんと呼ばせて」1 ☆☆☆ (ドラマでポン)
彼氏とパパは同じ年? 安定のファミリーコメディですw ただし冒頭のナレーションで「面白いんだから!」と言っちゃってたのは蛇足もいいところ。そんなこと言われなくたって、面 ...