レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

平清盛 第1回 ふたりの父

2012年01月08日 19時09分56秒 | 2012年ドラマ

『ふたりの父』

内容
1185年、鎌倉。
源頼朝(岡田将生)は、父・義朝を弔う菩提寺の柱を立てていた。
そこに北条政子(杏)が現れる。
壇ノ浦において、平氏の軍を打ち破ったという。それは平氏の滅亡を意味した。
喜ぶ家臣達は、栄華を誇り亡くなった平清盛をあざ笑うが、頼朝は告げる。

「平清盛無くして武士の世は来なかった」。。。。と。



1118年、京。
朝廷の番犬、王家の犬と呼ばれた“武士”
命じられるがまま、盗賊の追討、捕縛などを行っていた。
清盛の祖父・平正盛(中村敦夫)父・忠盛(中井貴一)もまた、武士であった。

当時、権力を握っていた関白・藤原忠実(國村隼)らは、
たとえ“院”の命とはいえ、
血まみれとなった武士を嫌い、、、忠盛ら武士を見下していた。

ある日のこと、忠盛は、物乞い思われる女性(吹石一恵)と出会う。
身重と言うことで思わず納屋に匿ってしまうのだが、
そこにやってきた源為義(小日向文世)から、ある女を追っていると知らされる。
最高権力者である白河法皇(伊東四朗)の子を身ごもった白拍子が、
陰陽師のお告げで堕ろすよう命じられたにもかかわらず、逃げ去ったという。
そう、、、匿った女性こそが、白拍子の舞子であった。
慌てて納屋へと向かうと、すでに舞子は赤子を産み落としていた。
赤子に手をかけようとする舞子を引き止める忠盛。

忠盛は、棟梁である父・正盛、弟・忠正(豊原功補)らに事実を告げた上で、
反対されても自らが赤子を匿っていくと宣言する。

そのころ為義から見つからぬという報告を受けた白河法皇は、
なんとしてでも捕らえると平氏に命じると口にするが、
そこに祇園女御(松田聖子)が現れ、赤子に手をかけるのではと言われてしまう。
舞子を妹のように思っていると告げると、舞子には手をかけないという法皇は、
鳥羽帝(三上博史)の女御・璋子(檀れい)の命を守るには仕方ないと告げる。
すべては、陰陽師のお告げであると。

一方、忠盛の身の回りの世話をするようになっていく舞子。
そんな舞子に、忠盛は心惹かれていくのだが。。。。
ついに為義に見つかってしまい、白河法皇の前に引き出されてしまう。
“王家に災いする赤子”であると命を取らんとする法皇だったが、
璋子の病が快方に向かっていると祇園女御から伝えられる。

そこに忠盛が現れ、知った上で匿っていると法皇に告げる。
すると法皇は、全ての始末をつけるために舞子を斬れと忠盛に命じるのだった。
が、忠盛は、、、、、

敬称略


公式HP
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/


藤本有紀さんが描く、、、『平清盛』

オリジナル作品である。


「舞子をわが妻としとうございます
 私はこれまで、王家に仇する者を何人も斬って参りました。
 されどそれはつつましく生きる民を守るため。」

命を守ろうとした忠盛。
その想いは舞子に伝わり。。。。

やがて引き取った子を平太と名付け。。。。7年後。。。。

って感じだ。


初回は、主人公の誕生物語であり、
“父”により、武士としての生き方を学んでいく。。。と言う物語ですね。

未来へのネタフリも、何気なくなされていますし。

“これから”を見据えた物語。。。ドラマの始まりが、
かなり丁寧に描かれている印象ですね。

キャスティングも、なかなか良い感じ。

久々に、、、普通の大河ドラマを見ている様な感じですね(笑)


人物描写も藤本有紀さんらしく、かなり丁寧で良い感じですし。
ドラマらしいドラマである。

『死にたくなければ、強くなれ!!!』

結構良かったと思います。


意外と良かったのは
ナレーションを兼ねている源頼朝。。。。岡田将生さん。

“これから”を考えれば、間違いなく重要ですし。
声も、なかなか良いですね。

多くの登場人物と被っていないことも、声を引き立て、
ナレーションであることを際だてています。


ただまあ。。気になること、、、もあるのですが。。。

たとえば言葉づかいだけでなく、
セリフで物語を積み上げていること。。。など。

ただし、ここまで凝ってしまうと、分かり難くなるので
これは許容範囲かな。

だって字幕スーパーをつけなきゃならなくなっちゃいますからね。




楽天ブログ版
第1回 


TBが飛ばない場合は以下のURLへ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3188.html
『テレビ』 ジャンルのランキング
トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動戦士ガンダムAGE 第13... | トップ | 連続ドラマW『贖罪』 第1話 ... »

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今年最初の大河ドラマ感想 (義風捫虱堂)
#「ふたりの父」
【平清盛】第1回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
1118年京都。300年の平安を誇った貴族の世も乱れ、武家・平氏の嫡男である 平忠盛(中井貴一)も、朝廷の命令のまま盗賊の捕縛を行う汚れ仕事を行っていた。 そんなある日、忠盛は物乞い姿のひとりの女...
新大河ドラマ「平清盛」第1回 (日々“是”精進! ver.A)
強く、なれ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201080004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 7675 ...
平清盛 第1回「ふたりの父」  (みはいる・BのB)
今年も大河ドラマ全話(・・・を目指して)レビューはじめます。(^-^) 昨年の「あれ」があれでしたから、今年はどないなんかなぁ〜と少々不安でありました。 が、第1話を鑑賞して、「これは! 期待してもええんちゃう?」と思ってきました。
大河ドラマ「平清盛」第1話 (またり、すばるくん。)
第一回「ふたりの父 」 
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男1お前は平家の犬だ!それが嫌だったら強くなれ! (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」は平安時代末期の1100年代中期に活躍し武家を日本の覇者にまで地位を向上させた平清盛の生涯を描いたドラマである。平安時代は貴族が世を支配していた時 ...
『平清盛』第1回 (悠雅的生活)
〜ふたりの父〜
平清盛 ♯1 (しなもにあ 2)
あそびを〜〜せんとや〜〜〜〜うまれ〜〜〜けん〜〜〜このフレーズがはなれませんねマ
大河ドラマ「平清盛」 第1話「ふたりの父」感想 (空色きゃんでぃ)
平家一門を築き上げた真の武士の物語! なんかOPがホラーっぽいw 主人公・平清盛(松山ケンイチ)誕生の回! 時は平安時代末期。 藤原摂関家の君臨する貴族政治の時代。 平忠盛(中井貴一)は舞子(吹石一恵)と運命の出会いをする・・・(*´д`*)
平清盛 #01「二人の父」 (昼寝の時間)
公式サイト 脚本:藤本有紀/演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴/音楽:吉松隆/プ
「平清盛」 第1回、ふたりの父 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第1回、ふたりの父。 今年も大河ドラマが始まりました。 タイトルもずばり「平清盛」。 特に前半生はまったく知らないので、どうなるか見物です。 その第1回は、清盛の出生についての話。
〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第1回「ふたりの父」 松山ケンイチは「不人気の革命家」を如何に演じるか? (しっとう?岩田亜矢那)
過去二回の大河の舞台 幕末、戦国時代と違い 「平清盛」の舞台である平安末期は、 きっどさん不案内である。 だから今回はドラマを観て勉強していきたいと思う。 人物関係図もなんとなくしか判ってないし そもそも姓が平家・源氏ばっかりで区別つき難いし。 平清盛とい....
平清盛 第1話 突発感想 (なんでもあり〜な日記(カープ中心?))
ついつい見てしまったーーー!(笑 清盛目当てではなく三上さん目当てで(゚∀゚) 平清盛 とりあえず前作よりは面白いかなーと思いました。 ナレーションはいまいちな気が・・ ...
平清盛 第1回「ふたりの父」 (あしたまにあーな)
ついに始まりました平清盛。自分にとってこの時代は壇ノ浦の戦いで平家が源氏に滅ぼされ、貴族のような存在というイメージしかありませんでした。確かにそのイメージ通り、物語の出だしはそのシーンから始まります。岡田将生さん演じる源頼朝が北条政子から壇ノ浦の戦いで...
平清盛 #1 ふたりの父 (シフォンなキモチ)
これは、本格的大河ドラマ! っていうか、中井貴一が凄く良いです!!忠盛△ あと、白川法王の伊東四朗がいいよね!あの尋常ならざる悪役っぷりが良いわ。 まぁ、来週主役が松山ケンイチになってからどうなるのかが、ちょっと不安ですけど[E:coldsweats01] 今年は、途中脱...
平清盛 第1話「ふたりの父」 (Curse priest)
「時代考証など解説付きで見たいから、一緒に見ろ」とママから命じられたので、一緒に見る事になる。
大河ドラマ「平清盛」第1回 久々に期待してしまう大河ドラマ (今日も何かあたらしいドラマ)
「平清盛」第1回、泥くさい平清盛というので、なんだかなあと思っていたけど、 ところがどうして大変に面白く、次回がとても楽しみになってしまう初回でした。 武士であっても貴族社会に入り込み栄華...
平清盛 1話 ネタバレ (ドラマの感想日記)
今日は、「平清盛」第1話の放送日でしたねv 観たので早速感想を書きますが、 ネタバレ注意ですよv 出だしは頼朝に、壇ノ浦で平家が落ちたとの 一報が入ったところ。 つまりラストシーンがここで、遡るんですね。^^ 平忠盛の元に転がりこんできた女・舞子(吹石一...
NHK大河ドラマ『平清盛』第1回「ふたりの父」 (よくばりアンテナ)
いよいよ始まりましたね〜〜o(^-^)o ワクワク 始まってすぐ、映像がキレイ! 音楽もいい!! 衣装もすごくいい(^-^)g"" と、目が離せなくなりましたよ。 公式HPをずいぶん前からチェックしていて期待...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.1ふたりの父 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
「平清盛」第1話。 (Flour of Life)
2年ぶりの大河レビューです。果たしていつまで続けられるか…
平清盛 第1回「ふたりの父」 (ブルー・カフェ)
2012年のNHK大河ドラマは「平清盛」…結構前から楽しみにしていたんですが、居住地域が鎌倉に近いもんで、なんとなく源氏寄りの地域なんですよね(鎌倉で頼朝の悪口は禁句らしいですから)ですがこういう泥臭いドラマというか、冒険活劇系が非常に好きなもので....
平清盛 第1回「ふたりの父」・・・ (人斬り藤次郎の雄叫び)
いよいよ始まりました、平清盛。龍馬伝が終わってから、ずっとずっと待ってました。昨年の酷さを考えれば、更に期待感があり、源平時代の大作になる予感がしてたわけです。 始まった第1回、松山ケンイチ@平清盛の出番は皆無に近い。今回の主役は。。。 中井貴一@平...
大河ドラマ 平清盛 第1話の感想 (オタクと呼ばないで)
NHK総合で放送された大河ドラマ「平清盛」第1話の感想など。新しい大河ドラマがはじまりましたね。初回拡大版という手法、民放、NHKを問わず取り入れられていますが、民放の10話前後で終わるドラマと違って、大河ドラマは1年間やるのだからそこまでガツガツしなくていい...
大河ドラマ 「平清盛」 #01 ふたりの父 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いよいよ始まる清盛。 今年はまた違った味を見せて欲しいと期待しています。
平清盛【第1回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
ふたりの父  「平忠盛に引き取られた、白河院の落とし胤、この平太こそが、のちの平清盛である」byナレーション源頼朝(岡田将生)。 うはっ!!!そういう展開できちゃいますか。出生の秘密が重すぎてドラマチックすぎるわけですが、これはこれでいいです。←何様?? ...
平清盛 第1回「ふたりの父」 (平成エンタメ研究所)
 平清盛という人物には、さまざまな人格要素がある。 ・もののけのような白河法皇(伊東四朗)の血。貴族の血。 ・父・忠盛(中井貴一)の武士としての生き方。  民のために戦う武士としての誉れと貴族にバカにされているという屈辱。 ・亡き母・舞子(吹石一恵)から子...
「平清盛」第1回感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
こちらも久しぶりの大河感想になります!見ましたよ〜〜〜〜〜!!!!!(^^)今年の大河はいいかもしれないっ! と言うのはまだまだ早いのかもしれませんが(ええ、色々な思いして...
大河ドラマ「平清盛」 (AKIRAのドラマノート)
初回の感想
【平清盛】初回感想と視聴率「ふたりの父」 (ショコラの日記帳・別館)
【初回視聴率は、1/10(火)追加予定】 平清盛なのに、まさか、源頼朝(岡田将生
【平清盛】初回感想と視聴率「ふたりの父」 (ショコラの日記帳)
【初回視聴率は、1/10(火)追加予定】平清盛なのに、まさか、源頼朝(岡田将生)で始まるとは思わなかったので、驚きました。掴みはOKでしょうか♪(^^)頼朝が平家を滅ぼし、...
大河ドラマ「平清盛」 第1話 あらすじ感... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
源平合戦の終幕-------!!なんだかぐっと若返ったキャストで、今年こそ〜!!という気持ちですね。岡田・頼朝に、杏・政子が告げた壇ノ浦での平家の滅亡。だが、頼朝は言う。「平清...
大河ドラマ「平清盛」 第1話 あらすじ感想「ふたりの父」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
源平合戦の終幕-------!! なんだかぐっと若返ったキャストで、今年こそ〜!!という気持ちですね。 岡田・頼朝に、杏・政子が告げた壇ノ浦での平家の滅亡。 だが、頼朝は言う。 「平清盛なくして武士の世は来なんだ------」 彼こそ誠の武士であったと・・・...
平清盛第1話(1.8) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
平忠盛@中井貴一は院に追われる白拍子舞子@吹石一恵を匿い、 舞子は忠盛の屋敷で男児平太(後の平清盛)を出産、 やがて忠盛と舞子は愛し合うようになるが、 舞子は白河法皇@伊東四朗の怒りに触れ落命、 忠盛は舞子の遺児平太を我が子として育てる決意をする。 その平...
平清盛第一回「ふたりの父」 (森の中の一本の木)
第一回の「平清盛」、面白かったです!! 凄い所から始まりました。 岡田将生演じる源頼朝の所に、北条政子(杏)が馬を飛ばして、壇ノ浦にて平家が滅んだ事を伝えにきます。勝った勝ったと騒ぐ家来たちに、「平清盛こそは武士の世を最初に作った男ぞ。」みたいな渇を入れて...
平清盛 「ふたりの父」  (のほほん便り)
大河らしい大河の幕開け。ぐっと若返ったキャストが期待させます。映像もリアリティ充分。気合い、はいってます。 平安末期の世相では、まだ武士の身分も「そうだった(職業のひとつ)のか」と発見の連続でした。 ドラマチックの匂い、プンプン。伊東四朗が怪演する...
平清盛、いつの世も同じですね!! (函館 Glass Life)
前作が酷かったせいでしょうか久し振りに大河を 見た〜という感じです 圧倒的存在感の白河法王、華奢で神経質で実権を持 てない鳥羽天皇 法王の一言で退位させられるのですから天皇もたま ったものではありません 絶対権力を握っている白河院、実子の鳥羽帝を廃し...
大河ドラマ「平清盛」始まりましたね〜! (徒然”腐”日記)
携帯から感想を一言。うーん、見応えありました〜。昨年のスイーツ大河と比べちゃいかんとは思うんだけど「これよ〜これこれ。こういうのが見たかったのよ」・・・・・・って感じま...
「平清盛」 第1回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 松出演 山ケンイチ/中井貴一/和久井映見/吹石一恵/松田聖子/豊原功補/佐戸井けん太/三上博史/檀れい/りょう/杏/岡田将生/中村敦夫/小日向文世/中村梅雀/國村隼/伊東四朗 初回は74分拡大版。平安...