レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

家族ノカタチ 第2話

2016年01月24日 22時01分41秒 | 2016年ドラマ


「元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!」

内容
ようやく“城”を手に入れた大介(香取慎吾)だったが、
父・陽三(西田敏行)が再婚相手の“弟”浩太(高田彪我)と転がり込んでくる。
そのうえ“ハナコ”が、同じマンションに!?

そんななか、陽三の再婚相手・恵(水野美紀)の兄・岩淵恭一(戸田昌宏)から
電話がかかってくる。浩太を引き取りたいという。
猛反対する陽三の話を聞かず、大介は快諾する。

そのころ葉菜子(上野樹里)のもとには、
夫婦喧嘩で家を飛び出してきた母・律子(風吹ジュン)がやってきていた。

ある夜のこと、いつものようにジムでひと汗かいた大介。
家に帰ると、同僚の佐々木(荒川良々)がいた。陽三があげたらしい。
佐々木は、引っ越しパーティーをしようと提案するが、大介は拒否。
それでも意気投合した陽三と佐々木は。。。。

敬称略


本格始動した今回。


“39歳独身、結婚出来ない男”
“32歳バツイチ、結婚しない女”

いろいろな設定を、ある程度は横に置いておき。

この2人のキャラ。。。その生き様を強調して描くようですね。


生き様を描きつつ、交流を描く。

前回のように
家族がどうだとか、結婚が。。。。仕事が。。。と

シチュエーションを描き、主張が盛り込まれたセリフを並べ立てるよりは、

格段に見易くなっていますね。ドラマらしくなった感じ。

前回が盛り込みすぎたって事なのだろう。


それでもまだ。かなりクドいけど(苦笑)

そう。ダブルだからだよ。。。。。


なぜ、ダブルにするかなぁ。。。こういう手のドラマで。

いろいろとシチュエーションを描かないのなら、まだわかるけど。

どうしても描きたがるし。

今回は、若干、薄めだったから、マシ。。。。

そのバランスで、今後も評価が変わりそう。

次回に期待。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸 第3回 | トップ | 臨床犯罪学者火村英生の推理 第... »

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「家族ノカタチ」おひとりさま家族の形2大介は浩太が施設に入れられると知りそれを知った葉菜子にぶたれて目を覚まし養う気持ちに傾... (オールマイティにコメンテート)
「家族ノカタチ」第2話は陽三と同居することになった大介はようやく手にしたはずのマンションでの1人暮らしが崩れた事にイライラが募っていた。そんな中で陽三は葉菜子の母律子 ...
家族ノカタチ #02 (ぐ~たらにっき)
『元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!』
家族ノカタチ (第2話 / 10分拡大・2016/1/24) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系・日曜劇場『家族ノカタチ』(公式) 第2話 / 10分拡大『元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!』の感想。 陽三(西田敏行)と義弟・浩太(高田彪我)と3人で暮らし始めた大介(香取慎吾)の元に、陽三の再婚相手・恵(水野美紀)の兄・岩渕...
家族ノカタチ「元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!」 (のほほん便り)
それにしても、独身こじらせちゃって、こだわりも強すぎ「友達いな~い」な似た者同士な2人の親が対照的なまでに、陽気な社交家で… ひょっとしたら、子供達、反発もあったのかな? 親同士、子同士が似た者引力で、かたや、一気に和気藹々と、かたや反発しつつ、つい...
家族ノカタチ 第2話 (ぷち丸くんの日常日記)
大介(香取慎吾)は、念願のマンションを購入して、これから悠々自適に自分の時間を自分の好きなように使って生活が出来ると期待に胸を膨らませていましたが、静岡の焼津で暮らしていた父・陽三(西田敏行)と再婚相手の連れ子・浩太(高田彪我)が連絡もなしにやって来て...
「家族ノカタチ」2 ☆ (ドラマでポン)
えええええ、引き取っちゃったよ!それも「ゾッとする」などと子育て全否定を公言していた何分後? いきなりの心変わりの理由はハナコの「可哀想な人」ってだけ?? それこそ子 ...