レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

べっぴんさん 第9回

2016年10月12日 07時48分16秒 | 2016年ドラマ

内容
父・五十八(生瀬勝久)は、ゆり(蓮佛美沙子)と潔(高良健吾)の結婚を許す。
その後、五十八の兄・長太郎(本田博太郎)ら、
ごく近しい身内だけを招いた披露宴が開かれる。
すみれ(芳根京子)は、その席に訪れた祖母・トク子(中村玉緒)から、
長太郎、五十八に起きた色々な経緯。
そして父・五十八と母・はな(菅野美穂)の思いを知ることに。

直後、潔は出征。
半年後。すみれは、例年より質素な新年を迎える。
五十八は。。。。。。

敬称略


すでに分かっている“今後の展開”から、仕方ないのだが。

長太郎の説明が、長かったね(苦笑)

次週には。。。。ってことだろうから、仕方ない。


そこはともかく。

アバンで、少し触れておいて。。。。ラストで。。。

写真を見せたのは正解ですね。

番宣や、先週末の予告で分かっていると言うだけでなく、

こんなところで、隠すのは、意味がありませんから!

逆に、

無駄を省いて、テンポ良く話を進めていこうというスタッフの思惑が見えます。

潔かったですね。


この調子で、週末には“あのシーン”ですから。

ほんと、進めていくよね。。。

そこそこ丁寧なので不満は無いけど、

そろそろ、ジックリと見せて欲しいですね。

いや、週に二度くらいは。。。。で良いかな。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火曜ドラマ『逃げるは恥だが... | トップ | 相棒season15初回2... »

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
べっぴんさん (第9回・10/12) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第2週『しあわせの形』『第9回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業......
家を守る>『べっぴんさん』第9話 (何がなんだか…ひじゅに館)
例えば 韓映画ならチェ・ミンシクとか 米映画ならベネチオ・デル・トロあたりが出てきたら 犯人はコイツだ! とか ここに来るまでに何人殺してきたんだ? とか 疑惑の眼差し......
家を守る>『べっぴんさん』第9話 (もう…何がなんだか日記)
例えば韓映画ならチェ・ミンシクとか米映画ならベネチオ・デル・トロあたりが出てきたら犯人はコイツだ!とかここに来るまでに何人殺してきたんだ?とか疑惑の眼差しになってしま......