片面45分

日記や趣味を書くならgooブログ

まともな金融機関であれば当然、カードロー

2017-04-29 12:18:07 | 日記
まともな金融機関であれば当然、カードローン契約の際は、もれなく審査を行います。


これらの審査は、申込者の希望通りの契約となっても返済時に問題が起こることがないかを判断するのです。


その人の職、勤め先と勤続年数、年収や家族構成等の属性面と、その他、ローン契約の有無といった信用情報により総合的に判断し、支障がなければ、審査を突破できます。


キャッシングは便利なものですが、つい返済を延滞してしまうと資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。


主に預金口座や給料が差し押さえ対象になりますが、給料の場合は最大その4分の1までが差し押さえ対象になります。


一方、年金の場合はもっと問題であり、振込先の口座自体を差し押さえされてしまった場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないことすらあります。


そんなことにならないように、無理なキャッシングを行わないように気を付けましょう。


借金をする場合、誰から借りたらいいのか迷っている人もたくさんいます。


基本的に、親族などの身寄りのある人、親しい友人などから借りるべきでしょう。


しかし、親しい人が誰もいないなどの事由があって、お給料が一定以上ある場合には銀行などに貸付を申し込んだり、クレジットカードのローンを利用することで貸付を申し込むやり方もあります。


数多くあるキャッシングサービスの中には、ブラックでも融資してくれる業者も存在します。


しかし、ブラックOKと宣伝しているところのほとんどが悪徳業者ですから、軽はずみな行動をしないように、しっかりと下調べを行ってから申し込むことをおススメします。


一般的に、審査基準が甘くブラックでも借りられるキャッシングは利率がとても高くなりますから、普通のキャッシングよりも金利が低い場合は、気を付けなくてはいけません。


もしかしたら、詐欺サイトや闇金かもしれません。


また、申し込みを考えている業者の提携ATMや返済方法を確認しておきましょう。


返済方法によっては、返済手数料が高くついてしまうケースもあります。


返すことができずに、たった一度だったとしても、債務整理をした場合、全てのカードローンの利用が不可となるのが原則です。


その理由は、債務整理を行った事実が信用情報機関に保存されているためで、この事実が信用情報に残っている期間中は他の貸付契約も完全にできません。


信用情報の保存期間は、最低で5年間なので、またカードローンなどの貸付契約を結ぶためには一定の年月が経つのをただ待っている他にできることはないでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気の高いイーモの後継機である | トップ | その人の年収の3分の1まで... »