日本で日本語教師

東海地方で、日本語を教えている。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月30日 妊娠中に買ったもの

2017年06月30日 18時32分30秒 | 日本
妊娠中にかったもの。

1)ユニクロのブラトップ
わりと早い段階(つわり中だから3か月ぐらいか…?)にブラがあわなくなり、購入。
胸がむくむくと大きくなったため。
しかしなぜか、臨月になり少ししぼんできた。
なぜあんな妊娠初期に胸が大きくなる必要があったのだろうか。
これもホルモンパワーなのだろうがふしぎ。

2)カフェインレスコーヒー
カフェインは多少はとってもいいらしいが、気兼ねなく飲むために購入。
私はコーヒーにとってもこだわるタイプでもないので、カフェインレスでもおいしく飲めた。
ちなみにルイボスティーも買ってみたが、なぜかつわり中にうけつけなくなってしまった。
(前に妊娠したときもそうだった)
なぜだか、わからない。

3)小林製薬の鉄分葉酸サプリ
貧血予防のために鉄分サプリを買いに行ったら、袋に妊婦の絵がかいてあるこのサプリを発見。
なんとなくよさそうなので、このサプリを飲み続けた。

4)妊婦用のズボン、スパッツ。
ぎりぎりまで腰回りがゆるっとしたズボンやスカートで生きていたが、
限界を感じはじめて西松屋や無印で購入。
履いてみて感動、こんなに楽ならもっと早くに着ればよかった。

上に着る物は、昨今の流行がだらっとした余裕のあるものであったので、
それを適当にあわせてすんでいる。
特別に買ってはいない。

それにしても臨月が夏でよかった・・・と思う。
服装に関しては冬より楽な気がする。
いや、冬に臨月を経験していないからわからないが、
コートとかニットとか、ふつうの服では臨月のお腹はカバーできないのではないだろうか。
少なくとも、私がもともともっている冬服はわりと体にぴたっとしたものが多いので、
もし冬に臨月だったら、買い足す必要があっただろうなと思う。


特別にかわなかったもの
1)妊娠線予防のクリーム
ふつうのボディーローションをぬっていたが、それで十分だった。
妊娠線予防にはとにかく保湿保湿!とのことだったので、お手ごろな値段の物を買い、
それを十分に塗る、という方針でここまでやってきて、今のところ妊娠線はできていない。
ただ、今が初夏で冬より乾燥していないからできなかっただけ、ということかもしれないが。
個人的には、高ーい妊婦用のローションなどは必要ないように思う。

2)腹帯
実は知人にもらったのだが、結局つけたのは2、3回くらい…。
つけてもつけなくてもいっしょだったので、つけなくなってしまった。
知人の中にはつけると安心した、腰痛が楽になった、という人もいたし、
あってもなくてもどちらでも、というものなのかな、と思う。

ちなみに母親(も義理の母も)は、腹帯は必須という考えで、
私が使用していないことを知って心配そうではあった。

3)マタニティショーツ(下着)
生理用ショーツやふだん使っていたショーツで私は間に合っている。
ただこれを友人にいったら驚かれたので、私はお尻があまり大きくならないタイプだったのかな、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月28日 いろいろと驚いた日... | トップ | 7月4日 妊娠中の「困ったこと」 »

コメントを投稿

日本」カテゴリの最新記事