近況はこんな感情

皆さんに楽しんでもらえる、そんなブログにするのが夢です。
人畜無害、そんなブログにするのが目標です。

このブログに思想・行動を強要・否定する目的は一切ありません。

2016年10月12日 22時52分02秒 | 枕電子計算機
▽ブログネタがない中、なんとか今日の記事になりそうなことを考え出したのに

直前に開いたtwitterの「#たわわチャレンジ」に今日考えたすべてを持って行かれそうになった。

興奮したわけじゃなくて、「なにそのアピール・・・」「あほらし。」とげんなりした感じ。

アニメとか漫画でやるならそのあほらしさは笑えるのだけど、

実際にそれをやってみて、できただのできないだの言外の「できなくてもワタシ可愛いでしょ」だの・・・。



一緒に楽しむことができない自分にもげんなりした感じ。

もっと純粋に流行に乗れる人間であった方が人生楽しめる気がする。




▽思い出したから今日書こうと思った事を書こう。

どのみち明るい話題にはならないけれども。


▽岡山は狭い路地が多い。

地元みたいに地面を踏み固めてできたような道があるわけでなくて、コンクリートでできた路地が。

ちゃんと舗装してあって自転車も通れるという点がマイナスにはたらいているのではと思うほどにすれ違いがし辛い。

そして交通マナーはあまりよくない。


▽一方通行の道も多い。

「自転車は除く」の文字があるから通るけど、対面から車が来ているのが見えたら早目に空いたスペースに避けるようにしてる。

ビビりだから。事故起こすの怖いから。

けどしょっちゅう後続のチャリが避けた自分を追い抜いて車とぎりぎりですれ違って行って、

運転技術の自信に感心しながらも「俺はお前のために避けたんじゃねぇよ」って内心毒づいてる。

無事故で通れるなら別にいいんですけどね。

俺がちょっと不快になるだけだから。


▽そんな中、今日狭い路地に歩みのはやくない老紳士が入って行った後

坊主頭の男子高校生が自転車で入っていって、

ベルを鳴らすでもなく、老紳士の後ろでわざとらしくブレーキ音を鳴らすでもなく

かなり距離が空いてる段階から超スローペースでじりじりと進むのを見て

ほほえましさを感じた。


このほほえましさは、いつも他人の自転車の乗り方に毒づいてる自分だからこそ感じられるものだと思うと

プラマイゼロかなと思う。





▽そんないい話風のお話。(台無し)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 充実した休日の過ごしたみ2 | トップ | 秋風にあまったれるな我が鼻水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL