鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

モエレのカンムリカイツブリ 8/11 俺たちの旅 その② 幸子とちびたん・・・

2017年08月13日 | カンムリカイツブリと雛
モエレのカンムリカイツブリ 8/11 俺たちの旅 その② となります

その① では この日の 家族のだんらん風景と 子供たちが いなくなった親鳥たちを
待って居る様子を 見ることが出来ました

今回は その最後に ちびたんが 幸子を発見したところからの続きとなります

これが こちら岸に割と近い所に現れた 幸子です


この姿を発見するや否や 
ちびたんが 猛スピードで この幸子の方へ向かってきます!





一目散に直進です 水の波紋がわかるでしょうか





幸子の所にたどり着きました 少し疲れたかな?
このちびたん いつも幸子といる 甘ったれです
最初から ずっとそうなんですね・・・


だからいつもお母さんの後を追うのですね
ここから ちびたんと幸子のツーショットを







幸子の横にまとわりつくちびたん です



ちびたんです



幸子のまねをして 毛づくろいをするちびたん



足の水かきを見せる ちびたん



それを見ている幸子です









小さな翼がちょこんと付いているのがわかりますね







幸子のそばで 幸子の真似をするちびたんです





ここで幸子が突然羽をバタバタします



交通整理みたいですね









幸子の後をついて行く ちびたんです







ちびたんの水かき 得意のポーズです









スタープラチナです





幸子とちびたん でした
ここで 二人は この場所を離れて また奥の方へ帰って行きました


さて 甘ちゃんのちびたんは幸子といるのですが
2羽の雛はどうなっているのでしょうか・・・


流石はお兄さんたちですしっかりと言いつけを守っていました

1羽います




もう1羽もいます



1羽が水に顔をつけています



最初の1羽です



もう1羽はまだ顔を水につけていますが







お兄ちゃんでしょうか 水草を引っ張り上げました
水生昆虫でも食べるんでしょうかね






こうして2羽は 立派にお留守番をしていました
しっかりしたもんですね

この後 この2羽も ずっと奥の巣の方へ 帰って行きます
巣は何処にあるのかは分かりませんが
向こう岸のどこかでしょう

これで この日の出来事は 終わりですが

この写真を撮ったところは
D-水門の近くで

水門の少し手前です



上の橋が見えますが だいぶ 近くなりました



ガラスのピラミッド も近くなってます

思えば この二月強 カンムリカイツブリを追いかけて
随分と このおっさんも 旅をしてきたようです・・・
その先にいったい 何が見えるのでしょうか

そんな事を考えてしまう 今日この頃であります

それでは また
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島は喜多方 峰の雪酒造場... | トップ | マクレのバルクタバコ 雑感... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カンムリカイツブリと雛」カテゴリの最新記事