鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

パイプタバコはおっさんの長い趣味

2017年01月25日 | パイプタバコ
最近は、肩身が狭くなりましたが
若いころから、おっさんは煙草を吸っています
それも随分と昔 1970年代から…
最初は紙巻きたばこを吸ったのですが、その頃ブームであったパイプタバコを友人に教えられたのが
きっかけで、始めることに…それが、この悪魔の趣味にのめりこむきっかけでした。
その頃も安いコーンパイプを買い、当時もパイプタバコは売っているところがあまりなかったので
札幌の三越(当時は、日本専売公社のサービスセンターがあった)迄、出かけて タバコを調達
見たこともないような、ポーチや、缶にはいった 輸入したパイプタバコが沢山ある中で
1袋、500円以下で買える アメリカやデンマーク製の見たことの無いパイプタバコを
片っ端から喫ってみたものでした 一応ランク付けをしてノートに記録したものでした。
当時は、かなりのブームで、結構学生や、大学の教授も、さらには、アパートの大家さんまでもが
喫っていて 同好の趣味ということから、肩身の広い思いをしたきおくもあります。
しかし、パチンコ店で、人ごみの中 モクモクと凄い煙と異臭を出して 周りの人にかなり嫌な思いを
させながら、平気でパチンコをしているおっさんを見て
イヤーな気になったのを覚えています。
で、いろいろ喫ったんですが、自分の好みは、どうも バニラや、チョコレート等々 の人工の香の付いた
所謂、着香タバコ(このネーミングは、後で知った)ではなく、着香していない
England タイプであることに…
そこで 自分なりに当時調べたところ
タバコの葉には、いろいろ種類があるということ
ヴァージニア、ラタキア、オリエント、ペリク、バーレー、キャベンディッシュ 等々
その中で、ヴァージニア:Va  ラタキア:La この二種類が かなり特徴的であるかと…
その他の葉は、当時は良く判らなかった…
で、Va は、甘い そう、砂糖のような甘みがあります
一方 La は、燻製の様な癖が有ります でも、ほんのりと甘みもでます
ニコチンが多く含まれているのは Va なので、喫いすぎると目が回ります
初めて、Dunhill Mymixture 965 を喫ったとき、虜になりました
なんというリッチな味わいかと…スモーキーでいて、しかも、コクのある甘みがたまりませんでした
当時は、マレー社の製造なので、今よりずっと美味かったんだろうと思われます…
当時 1缶 1000円位だったでしょうか…はっきりとは覚えていませんが、パウチのタバコの倍くらいしていました。
同じころ、Balkan Sobranie という、白い、女の人が書いてある缶に入ったタバコも良く喫いました
こちらは、もっと強烈で、La が、前面に出てくる感じかと でも 独特の甘さもあったな…
あまりにも古い記憶で、味の記憶は ほとんど残っていないんだけど
強烈な印象と、美味しかったという記憶だけが残っています。

大学を卒業して、社会人になってからは 仕事に追われ 
パイプを喫うよゆうもなくなり、全くパイプを喫わなくなってしまいました。
パイプの事もすっかり忘れていたのですが、
35年ほどたって、ある時、箪笥の中からでてきた パイプ道具一式を見つけた時
あの、悪魔の趣味が…蘇ったのですな

(ここからは、おっさん口調 になります)
悪魔の趣味の復活じゃ
今は、ネットがあるんです おっさんはいろいろ調べました
そうすると、
①今は、パイプタバコを売っている店は 殆どない 
②パイプも売っている店はない
③買うなら通販がよろしい
④パイプタバコの種類は、かなりたくさんある
⑤海外通販は面白い
⑥日本で売って無いタバコや、パイプを買える
⑦しかも安く買える 税金がかかるので、モノによってはであるが…送料もかかるし
⑧ヤフオク、e-bay で、エステートのパイプを買える

おっさんのスタンスは、いかに安く 美味いタバコを喫うか ということなので
(貧乏なので)

そんなことで、おっさんは 美味いタバコを喫うために
いろいろ調べた結果
●60年代のダンヒルパイプを買う(オイルキュアリングされているもの)
●70年代までの、サシエニ、チヤラタン、コモイ、GBD でもよい
●アシュトン、ファーンダウン の、オイルキュアリングされたパイプも良い
●ヤフオク、e-bay で集める
●高いのは諦める
●ハンドメイドは、手を出さない 金がないので
●パイプタバコは、海外通販を利用する
 これは、McClelland G.L.Pease などの、日本で高いタバコ、売って無いタバコ
 など、を、安く買うことができる 特にバルクタバコは、べらぼうに安い…

で、いまは、オクで落としたパイプが、約40本
ダンヒル9本、サシエニ9本、チヤラタン2本、コモイ1本、GBD1本、バーリング2本、デュポン1本
後は、ゴミ
アシュトン、ファーンダウン も、海外通販で、買いました これ3本

ダンヒルの9本のうち、2本は美味く無い 1972年のR/B と、1971年物のA
サシエニは、ファミリーERA の6本が美味い
後のは、みんな美味い デュポンもかなり美味い
みんなそれぞれ味は違うが、やはり、キュアリングされたものは、甘みが違う様です
特に、ダンヒルの、63年、66年、67年物は、お気に入りです
新しい、Ashton Ferndown は、最初、大味であったのだが、
いまは、随分とうまくなりました
ボウルを爪ではじいたときの音が違います スコーンと、低く伸びる音がするのが
キュアリングされたパイプの特徴かと…

パイプタバコは、いろいろ喫ってみましたが、…
まずは、以前の記憶があるので、ダンヒルから…
しっかし、以前ほど、美味く感じられなく、これ965ね
ナイトキャップ、アーリーモーニング、アペリティフ、ロイヤルヨット、エリザベシアン、ダンヒルフレイクなど…
そこそこ美味いんだけどね どうも納得できなく
そこからタバコ行脚のはじまりじゃ……
どうもおっさんは、English じゃなくて、Balkan が好きみたいだな
オリエント葉 が、好きみたい もちろん、La-Va を含んだ中で オリエントが主張するのが
堪らんらしい…もちろん、オリエントもいろいろあるのだが、そこは、各社いろいろな歯を配合しているので、
そんなことで、行き着いたのが、
主に、McClelland のバルカンタイプ 
G L Pease の、Quiet Night もたまらん
マクレの Balkan Blue が秀逸 
H&H の、BlackHouse は、物足りない、味が薄いんですね
マクレの グランドオリエンタルシリーズの
 Classic Samsun、Smyrna №1 これらは、バルカンではないが、美味いです
でも、普段主に喫ってるのは、バルクタバコで
①Chales Fairmorn の、Lancer Slices 約$46/500g
②G&H の、Balkan Mixture       約$52/500g
③Arango の、Balkan Supreme     約$34/16オンス
  これは、Peter Stokkbye の、Balkan Supremeと、ほぼ同じです中身も値段も
随分と、安いです 税金がかかるけどね 500gで、6000円位
Vaたばこも、時々に喫います
④マクレの#5100 Red Cake
 このたばこ、ケチャップの匂いがしますが,おっさんは気にもならんし トーストの様な香ばしい甘さが
 たまらんですただ、体質的にVaタバコは合わんようです、ニコチンが心臓に効くのかな…

このあたりが、現在喫っているタバコですが、
まだまだ、味の探求は、続いています……なんか大袈裟ですが

いま喫っているタバコです
ジャーの中は、C&f の Lanceru Slices です
Vaと、La のみの葉組ですが、こってりしたあまみがあり、美味いです
ただ、ボウルの下の方に行くにつれ、大味になります このタバコは、ドイツ製です
500gの白い袋のは、G&H の Balkan Mixture です
オリエントが、土臭くて、石鹸の様な味もするけど、美味いです
いくらでも喫えてしまいます 味は、安っぽくはない 甘みも強いし、リッチです、最後まで飽きない
缶入りは、マクレのBalkan Blue 
お気に入りのタバコです、やはり、アーシーなかおりが、たまらんし、スパイスも素晴らしい
ただ、も少し甘みがほしいか でも、かなりお気に入りのタバコです
もったいなくて、常喫には、少しもったいない感じか


上が左から、66年、63年のDunhill Ashton,Ferndownのパイプです
下が、自作のパイプスタンドケース
カラーボックスに、差し込んでいます 穴を掘るのが大変でした 手彫りです アホみたいでした
ルーターで、削ればよかったです
                   コメントをお待ちしています


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真冬のノスリ | トップ | 日本酒は、通販で買う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パイプタバコ」カテゴリの最新記事