まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

日本インターネット映画大賞 日本映画部門

2013-01-13 23:07:14 | 映画雑感
今年はまだブログにアップできていない作品もありますが、締切もあるので。
今年観た日本映画は18本でした。

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「鍵泥棒のメソッド」         10点
  「かぞくのくに」           7点
  「フタバから遠く離れて」       5点
  「二つの祖国で 日系陸軍情報部」   4点
  「夢売るふたり」           2点
  「終の信託」             1点
  「テルマエ・ロマエ」         1点
【コメント】
「鍵泥棒のメソッド」は、純粋に楽しいコメディでした。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [すずきじゅんいち] (「二つの祖国で 日系陸軍情報部」)
【コメント】
日系アメリカ人の歴史に光をあてて、こんな過去があったのだと知りました。

【主演男優賞】
   [阿部寛] (「テルマエ・ロマエ」)
【コメント】
まさにハマリ役です。

【主演女優賞】
   [安藤サクラ] (「かぞくのくに」)
【コメント】
微妙な立場を表す苛立ちが感じ取れました。

【助演男優賞】
   [大沢たかお] (「終の信託」)
【コメント】
嫌味な検事役、でもかっこいい!

【助演女優賞】
   [桃井かおり] (「ヘルタースケルター」)
【コメント】
貫録ありすぎです。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [橋下愛] (「ツナグ」)
【コメント】
女子高生の繊細な感情をうまく表現していました。

【音楽賞】
  「該当なし」
【コメント】

【ブーイングムービー賞】
  「該当なし」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ新人監督賞】
   [舩橋淳] (「フタバから遠く離れて」)
【コメント】
目を背けないで見続けることが必要です。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

ジェット・リー&ツイ・ハーク 『ドラゴンゲート龍門飛甲』 絶賛公開中!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最愛 | トップ | 日本インターネット映画大賞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日本インターネット映画大賞2012 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
いつもは音楽とかとまとめて書くんだけど、レビューを書いてないのもあるし時間がなかったので、とりあえず単発記事でw2011年はココ 2010年はココ 2009年はココ 2008年はココ 2007 ...
日本インターネット映画大賞2012 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
いつもは音楽とかとまとめて書くんだけど、レビューを書いてないのもあるし時間がなかったので、とりあえず単発記事でw2011年はココ 2010年はココ 2009年はココ 2008年はココ 2007 ...
2012年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2012年ベストシネマ15(邦画編)      昨年は年間105本(邦画59本、洋画46本)の映画を劇場で鑑賞しました   ひさしぶりに100本超でした   今年は両親のことで後半戦はバタバタしていたわりには、100本を超え、   なかなか計画的に観る...