まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

マイ・バック・ページ(試写会)

2011-05-22 21:36:12 | 日本映画(は~わ行)

全共闘世代の物語。東大安田講堂陥落のナレーションが冒頭から入って、最初は試写会にありがちな音声ミス?と思ったけれど、それも演出のひとつでした。

まだまだ全共闘運動の余熱冷めやらぬ時代に、新人雑誌記者の沢田(妻夫木聡)は、京西安保を名乗る梅山(松山ケンイチ)と出会い、取材を進める。沢田は京大全共闘のリーダー前園(山内圭哉)と梅山の対談をセッティングしたりと便宜を図るが、先輩記者からは「梅山は京西安保を騙っているだけで、怪しいから関わるな」と忠告されていた。

沢田が梅山のアジトで赤邦軍のヘルメットなどを写真に収めた後、赤邦軍が自衛隊に侵入して自衛官を殺したというニュースが流れる。沢田が梅山に単独インタビューをしていると、系列新聞の社会部記者が割って入ってきて、結局新聞は梅山を思想犯ではなく殺人犯として警察に告発する。沢田は取材源の秘匿をたてに何も喋らない。当の梅山、本名片桐は、あることないことをぺらぺらと喋り、沢田も逮捕されて職場をクビになってしまう。。。


試写会前に、山下敦弘監督と長塚圭史、山内圭哉のトークショーがあり、彼らの20代前半のこととか、撮影中の裏話とかをビール片手にいろいろと話してくれました。この試写会は、なんと観客にも飲み物のサービス付き!私もビール片手にトークショーを楽しみました。長塚圭史が早稲田の演劇で、学内にはまだ学生運動の立看板なんかが残っていたっていうのに、山下監督のいた大阪芸大ではそんな空気はまったくなく、せっせと映画を作っていたのに対して、山内圭哉は大学に行かず、中島らもの劇団リリパット・アーミーで演劇をやり始めていたとか、山内の奥さんが大阪芸大で、山下監督と古くからの知り合いだとか。自分も同世代なので、20代前半の頃の話は興味深く聞きました。

撮影の話では、2人とも全共闘のリーダー役だからか、撮影当日に台本にはない長台詞の演説原稿を渡されて必死で覚えたら、その演説を最初からではなく途中からやるように言われて、しかも編集でばっさりといってるとか。確かに唐谷(長塚圭史)の演説もそんなに長くなかったし、前園に至っては演説シーンそのものがないし。あとは前園のアジトのシーンのエキストラが熊切監督など関係者ばかりだったりとか、前園と梅山が対談する料亭のロケ場所が都内の古い日本旅館なんだけど、外国人のバックパッカーに人気のある宿だったりとか、いろいろと面白い話が聞けました。

映画は、松山ケンイチがいい味出してます。腰が据わっていないというか、信念がなくてただ何者かになりたいだけという挙動不審な梅山を、そのまんまというか本当に軽薄な奴として上手く演じていました。沢田は梅山に対してどうなんだろう、思想的には応援したくて、雑誌記者としてスクープもあげたい、そして最後まで頑なだったのは、梅山を信じた自分を否定したくないというこだわりと、雑誌記者としての意地かな。妻夫木君はそんな、純粋なところのある沢田をこれまた等身大に上手く演じていたと思います。

全共闘とか新左翼のことなんて、よど号事件とか浅間山荘事件くらいしか知らないけれど、セクトを作って活動する中には、本当に思想的な信念から行動に出る者もいれば、梅山のようにただ何かになりたかっただけの者、そして梅山の彼女のように思想ではなくその他の感情でついていった者など、いろんな人がいたんだろうな。

でもそれ以来政治活動は下火になっちゃって、僕たちの政治への無関心が今の政府の体たらくを許しているのだとしたら、3・11後の今こそ過去の呪縛から解き放たれて、三たび声を上げるときなのかもしれない。

公式サイトはこちら

5/17 シネマート六本木
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金

『海洋天堂』今夏シネスィッチ銀座他で公開!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラック・スワン BLACK SWAN | トップ | ドリーム・ホーム(試写会)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはw (愛知女子)
2011-06-08 17:16:59
どうも愛知女子です。
拙ブログにトラックバックありがとうございます。
試写会前に色々お話が聞けて良かったですね。

この映画で、松山ケンイチのペテン師胡散臭さが良かったです!
赤邦軍の仲間も疑念を時々抱くんですよね。抱きつつ流されてしまう様子はなかなかよく出来ていたかと思います。


ではでは失礼いたします。こちらからもトラックバック送らせて頂きましたのでよろしくお願い致します。



愛知女子さんへ (まてぃ)
2011-06-09 22:37:46
コメントありがとうございます。
試写会前のトークイベントはなかなか面白かったです。
松山ケンイチ、不思議な空気感を持った俳優さんですよね。
あの頃の映画がわからないので、妻夫木君の涙のくだりがいまいちピンときませんでした。
「生きてるだけでよかったじゃん」はいい台詞でしたけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイ・バック・ページ (LOVE Cinemas 調布)
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中...
「マイ・バック・ページ」思想を信じてしまった先にみた思想を理解せず起こした殺人事件の犯人の誤った思想 (オールマイティにコメンテート)
「マイ・バック・ページ」は1970年前後に盛んだった全共闘運動時代にジャーナリストを目指した新聞記者がある男と出会い、その行動に共感してしまいある事件の引き金になる事 ...
『マイ・バック・ページ』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観て...
マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ (カノンな日々)
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ...
[映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「運動家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...
「若さ」という熱病~『マイ・バック・ページ』 (真紅のthinkingdays)
 東大を卒業し、念願のジャーナリストになるべく東都新聞に入社、雑誌記者と して働く沢田(妻夫木聡)。1971年、彼は梅山と名乗る学生運動の活動家(松山 ケンイチ)と接触し、ある事件に巻き込まれる。...
■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
映画「マイ・バック・ページ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった...
*マイ・バック・ページ* (Cartouche)
  1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの...
『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...
『マイ・バック・ページ』 (beatitude)
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男....
マイ・バック・ページ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月7日(火) 15:20~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『マイ・バック・ページ』公式サイト 団塊の世代の若い頃。全共闘とかの左翼運動の話。 妻夫木が朝日新聞がモデルのような新聞社の新米...
映画鑑賞【My Back Page】妻夫木聡・松山ケンイチ他 (愛知女子気侭日記)
【マイ・バック・ページ】2時間21分 原作:川本三郎(1944年7月15日東京生まれ) 東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」の記者を経て、評論活動に入る。96年に「荷風と東...
マイ・バック・ページ (花ごよみ)
監督は山下敦弘。 川本三郎のノンフィクションの映画化。 キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、 石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和… あるジャーナリストの、 衝撃的な過去の出来事を描いています。 1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった 活動家、梅...
『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい....
「マイ・バック・ページ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:アスミック・エース監督:山下敦弘プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二原作:川本三郎脚本:向井康介 元・朝日新聞社記者の川本三郎による同名のノンフィクションを、「リンダリ