まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

2012-02-13 23:11:52 | その他の映画(は~わ行)

9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。

オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父親(トム・ハンクス)はオスカーを対等に扱い、人と交わるのが少し苦手なオスカーの最大の親友でもあった。しかし9.11のあの日、父はWTCビルにいて行方不明となる。

空の棺で葬儀は行われたが、オスカーは父が死んだことを納得することができない。父の部屋のクローゼットで、青い壺の中に入っていた1本の古い鍵、封筒には『BLACK』の文字。オスカーはこの鍵にあう鍵穴を探し出そうと、電話帳と首っ引きでニューヨーク中のBLACK氏を訪ねてまわる。鍵穴が合えば、そこに父がオスカーに残したであろう何かが待っていると信じて。

鍵穴を探す途中では、祖母の家の間借り人のおじいさんと2人連れのときもあり、オスカーの鍵穴を探す調査は続く。暖かく迎えてくれる家もあれば、全く話を聞かず追いかえす家もあったが、鍵穴は見つからない。父の遺した新聞の切り抜きにマークされた電話番号、そこに電話してみると。。。

悲しくも愛が溢れる映画でした。何といってもオスカーを演じたトーマス・ホーンの演技がいい!生前の父親と遊んでいるときの無邪気な雰囲気、父との絆を取り戻すため、怖くて苦手なものだらけの外界へ飛び出す勇気、なかでも口を聞けない間借り人のおじいさんと一緒にBLACK氏の家を訪ね歩く道中は、おじいさんのゆっくりとした動きと好対照な、早口でまくしたてたり細かいことを気にしたり、オスカーの特徴が際立ってました。

口がきけない間借り人のおじいさんも、魅力的なキャラクターです。左の掌にYES、右にはNOと書いていて、手を挙げて答えるところや、持ち歩いている手帳に書き記す、オスカーをぐいぐいと引き込んでいく興味を誘う言葉づかい、オスカーがおじいさんを訪ねたきっかけは、部屋の明かりを利用したモールス信号でした。科学的なことが得意なのは、血がなせる技でしょうか。

オスカーの行動を温かく見守っていた母親(サンドラ・ブロック)は、最後に父と同じようにオスカーを信じ、愛していたことが分かります。オスカーが乗り越えなければならない試練に1人で立ち向かう様を、それが彼に必要なことだと信じて距離をおいて見守る、実際はオスカーの冒険を陰ながら助けていたわけですが、オスカーに気取られることなく何も知らないふりを装って、喧嘩までします。オスカーを1人の人間として対等に扱っている、限りない母親の愛情を感じさせます。

オスカーがニューヨークで訪ね歩いたBLACKさんたちも、なかには冷たい人もいましたが、大抵の人はオスカーが自分の父親は9.11で亡くなったと言うと、母親が前もって知らせていたにせよ、優しく温かく迎えてくれました。9.11の犠牲者というのは、アメリカ人、とりわけニューヨーカーにとっては、きっと特別な意味があるのだろう。

鍵の正体は予想外のもので、オスカーの期待していたものではなかったけれど、本当の持ち主も父と子の葛藤を抱えていた、という背景は、オスカーが父親の死を乗り越える過程に、重層的な味付けを加えています。間借り人のおじいさんにも言えなかった、オスカーが独りで背負っていた誰にも言えない秘密を、鍵の本当の持ち主に告白するところは、オスカーも親子関係の微妙なあやを感じ取って、自分と同じ匂いがすると思ったからでしょうか。ところでニューヨークの第6区というのは、アメリカ人にはメジャーな話なのかな?

9.11の喪失の物語に正面から取り組んだ原作、そして映画は素晴らしく、あの悪夢、最悪の日を咀嚼した文芸の底力に感心するのだが、その一方で10年後に、日本でどのような3.11を扱った作品が登場するか、まさに日本の力が問われるところです。

公式サイトはこちら

2/9 よみうりホール
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

『台北カフェストーリー』4/14からシネマート六本木にて公開!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒川アンダーザブリッジ THE... | トップ | Flowers vol.6 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (光太)
2012-03-14 22:47:42
悲しみから逃げずに
ちゃんと向き合うことが大切ですね。
光太さまへ (まてぃ)
2012-03-15 23:16:02
コメントありがとうございます。
私は直接の被災者ではありませんが、今回はたまたまだったと思います。
首都直下型地震の危険性も喧伝されているので、しっかり被災地の現実と向き合っていきたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』存在に、人は救われる (Healing )
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★★ 9.11同時多発テロで最愛の父親を失った少年の、 ちょっぴり変わった“グリーフワーク”を描く ものすごくうるさくて、 ありえないほど近い Extremely loud and Incredibly close なんちゅうタイトルだと最初は思った...
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン (カノンな日々)
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にアメ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
鍵穴を探す旅~『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (食はすべての源なり。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時...
*『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス出演。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (我が頭に巣くう映画達)
48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...