まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

日本インターネット映画大賞 外国映画部門

2013-01-14 15:28:36 | 映画雑感
日本映画に引き続き、外国映画部門も。
モットーは今年も引き続き「頑張れ、華流!」

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで
-----------------------------------------------------------------
『 外国映画用投票テンプレート 』
【作品賞】(3本以上10本まで)
  「台北カフェストーリー」    10点
  「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」4点
  「アーティスト」        4点
  「桃(タオ)さんのしあわせ」  3点
  「哀しき獣」          2点
  「裏切りの戦場 葬られた誓い」 2点
  「イップ・マン 誕生」     2点
  「盗聴犯 死のインサイダー取引」1点
  「やがて哀しき復讐者」     1点
  「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」1点
【コメント】
 小粒でもきらりと光る作品が多かった気がします。

-----------------------------------------------------------------
【監督賞】              作品名
   [マチュー・カソヴィッツ] (「裏切りの戦場 葬られた誓い」)
【コメント】
 10年かけてフランスの隠された歴史を描いた執念に。

【主演男優賞】
   [トーマス・ホーン] (「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」)
【コメント】
 9.11を自分なりに消化していくオスカー少年を好演していました。

【主演女優賞】
   [ミシェル・ヨー] (「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」)
【コメント】
 スーチー女史の姿から演説まで、本人になりきってました。

【助演男優賞】
   [イップ・チュン] (「イップ・マン 誕生」)
【コメント】
 90歳近いお年で詠春拳のあの動きはすごい、の一言です。

【助演女優賞】
   [リー・ビンビン] (「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」)
【コメント】
 アクションが凛々しくかっこよかったです。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [デニス・トー] (「イップ・マン 誕生」)
【コメント】
 ジェット・リーやドニー・イェンに続くアクションスターになってもらいたいです。

【音楽賞】
  「アーティスト」
【コメント】
 サイレント映画だからか、音楽の効果が際立っているように思いました。

【ブーイングムービー賞】
  「THE GREY 凍える太陽」
【コメント】
 救いが見られない。

-----------------------------------------------------------------
【私が選ぶアクション賞】
  「ザ・レイド」
【コメント】
 90分間ノンストップアクション!
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

ジェット・リー&ツイ・ハーク 『ドラゴンゲート龍門飛甲』 絶賛公開中!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本インターネット映画大賞... | トップ | うたびと vol.2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2012年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2012年ベストシネマ15(洋画編)    ここしばらくは“邦高(59本)、洋低(46本)”が続いている僕の映画鑑賞ですが、   これだけ年末近くになって、お正月映画に大作の洋画が無い年も珍しいのでは   ないでしょうか   題材不...