まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

哭声/コクソン

2017-08-11 21:17:49 | 韓国映画(あ~な行)

『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督が放つ、ミステリー、サイコスリラー、オカルトなど様々な要素が混じった怪作。

山間のコクソン村で猟奇的な一家惨殺事件が連続して発生する。犯人はいずれも家族の一員で、発見されたときは虚ろな目をして言葉もろくに話さず気がふれていた。

村に住む刑事のジョングは捜査を進める中で、最近山に住み着いた日本人(國村準)が怪しいとの情報を得る。事件現場の跡には不思議な少女も現れて、思わせぶりな言葉を残す。そしてジョングの娘にも犯人たちと同じ痣が現れて奇行を見せ、ジョングは疑心暗鬼になる。悪霊が憑りついているのでは、と祈祷師(ファン・ジョンミン)を頼むと強力な悪霊を除霊するお祓いが必要とのこと。そして始まる何とも怪しげな祈祷対決!國村準は一人で対抗し、ファン・ジョンミンも全力を尽くす。

お祓い対決が終わるとジョングは屈強な若者を連れて山の中へ行き、國村準を捜す。彼の住んでいる山小屋には殺人事件の現場写真などが大量にあり、國村準が犯人だと確信を持ったジョング達は彼を車で轢いて始末する。その様子は全て不思議な少女に見られていた。

災厄の元凶を断ったはずだが、ジョングの娘は快復しない。ファン・ジョンミンの祈祷師も実はイカサマで、國村準と繋がりグルだった、ということも分かり、事態は全く解決しない。教会の若者が國村準を捜しに山の中に入ると、そこには悪魔に姿を変えた國村準が。そしてジョングの家では惨劇が起きる。。。

村人、そしてジョングの娘が狂った真相は、結局のところ悪霊なのか疫病なのか明らかにされず、國村準や不思議な少女も正体どころか善悪さえはっきりしないままです。観客が自由に解釈できるってことなのか、こういうはっきりしない存在こそが真実なのだよってことなのか。

國村準の怪演ぶりもすごいものがありました。最後の悪魔のシーンはちょっとトイレで中座してしまったので全部は見られずちょっともったいなかったなあ。全部見たからといって内容がよく分かるわけでなないけれど。韓国の山奥にあるらしいオカルトチックな土俗的な部分と、キリスト教的な神と悪魔の図式が対決してゾンビまで登場するのも、生死の壁を軽々と超えていて、混沌とした現実を表しているのでしょうか。

怪しさ満点どころか200%ってな感じのファン・ジョンミンの踊りと國村準の太鼓対決は多少の高揚感を覚えますが、2人が組んでいたとすると何が何だか訳が分からなくなります。よく分からないままに、土着風俗とオカルトのパワーを感じました。

公式サイトはこちら

3/26 シネマート新宿
クリックで救える命がある。投資信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少女は悪魔を待ちわびて | トップ | 楊貴妃 Lady Of The Dynasty... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-08-14 12:54:50
こんにちは。TBをいただきありがとうございました。
この作品は、恐ろしい、そして意味合いが複雑な作風でした。様々に解釈ができますよね。一筋縄ではいかない展開に、ナ・ホンジン監督の底力を感じました。
ここなつさんへ (まてぃ)
2017-08-16 23:40:29
コメントありがとうございます!
複雑で幾つにも意味がありそうで、難しい映画でした。
ちょっと凄惨な画もある中で、ファン・ジョンミンのインチキ祈祷師の笑いでバランスが取れてたのかなあ、なんて。
ナ・ホンジン監督、次回作も楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『哭声/コクソン』 謎解きの先に (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  恐ろしい映画である。  『哭声/コクソン』を紹介するのは難しい。  村人が次々に不審な死を遂げる本作はミステリーなのか。  悪霊の仕業が疑われる......
『哭声 コクソン(the wailing)』ナ・ホンジン脚本・監督、クァク・ドウォン、ファン・ジョン...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『哭声 コクソン』the wailing 脚本・監督:ナ・ホンジン出演 : クァク・ドウォンファン・ジョンミン國村隼、チョン・ウヒ、他物語・警察官ジョング(ク......
哭声/コクソン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督が、静かで平和な村を舞台に贈る戦慄のサスペンス・スリラー。謎の日本人中年男性の出現と相前後して原因不明の不気味な殺人事件が......
哭声/コクソン (映画的・絵画的・音楽的)
 韓国映画『哭声/コクソン』をシネマート新宿で見ました。 (1)評判がかなり良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ルカによる福音書第24章第37-39節......
「哭声(コクソン)」 (ここなつ映画レビュー)
2時間半あまりの大作。途中すごーく怖いシーンもあるので、鑑賞前には忘れずにトイレに行くことをお勧めする。などの戯言はいいとして、そう、とても怖い話であった。文系のくせ......
哭声/コクソン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
惑わす者は誰か? さすがはナ・ホンジンだ。 開けてみるまで、作品の中身が全く想像出来ない。 タイトルにはハングルと共に「哭声」という漢字が当てられているが、劇中のコク......
哭声/コクソン(2016)**THE WAILING (銅版画制作の日々)
 疑え。惑わされるな。 MOVIX京都にて鑑賞。あのチェイサーの監督、ナ・ホンジン作品ということで楽しみにしていた作品でした。評判も良さそうなので早速鑑賞してきました。しか......