まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

この世界の片隅に

2016-12-26 21:38:55 | 日本映画(あ~な行)

夕凪の街、桜の国』のこうの史代が描いた漫画を映画化。主役のすずの声をのん(ex能年玲奈)が演じて話題になりました。

昭和の初め、広島市の南部、江波で育った浦野すずは、昭和19年に呉の北條周作に嫁ぐ。新しい土地で早く北條家に馴染もうと懸命に頑張るすず。周作の両親と出戻りの姉径子、その娘晴美の大所帯で生活を営むが、戦況は日増しに傾き呉にも連日激しい空襲が来るように。ある日、すずと晴美が2人で歩いていた時に空襲があり、時限信管ですずの右手とともに晴美が犠牲になる。

昭和20年8月6日には広島に新型爆弾が落とされ、戦争は終わりを迎えて焼け跡からまた生活が始まる。。。

のんの声がふにゃあとしていて、すずにぴったり!ちょっと天然っぽくドジッ娘的なすずのイメージそのままで、まあるい感じの広島弁が優しい気分にさせてくれました。

戦時下の市井の人々の生活を、ほっこりとする笑いあり、しんみりとする涙ありで生き生きと描いています。小姑で出戻りの径子がすずに厳しいのですが、径子が嫁いだ先の苦労や変転を知れば同情するところも出てきたりして。

呉の港を写生していたすずを敵のスパイではないか、と憲兵が疑うくだりは、北條家の態度から庶民の逞しさが垣間見えたり、広島ですずと同級生だった水原が水兵としてすずに会いに来て北條家に一泊するところは、軍人を丁重にもてなす風があったり。

すずが子供の頃、祖父の家で座敷童みたいに見えた子供が、呉の遊郭にいた白木リンだというのは分かったけれど、貧しい子供が遊女になるというのもこの時代を語る小道具のひとつなのでしょうか。いまいちストーリー全体との関わりが分かりませんでした。

すずが少ない配給で少しでもご飯を豪華に見せようと野草を摘んで料理したり、貴重な砂糖が蟻にたかられる所など、食糧事情の厳しさが伝わるとともにほっこりとするエピソードです。

アニメ―ション独特の視覚効果が、すずと晴美が爆発の直撃を受けたところで印象的に使われています。『エヴァンゲリオン』や『君の名は。』で似たような視覚効果を思い出しました。

片渕須直監督は徹底的に一次資料に当たったそうで、街並の細かなところから呉の港の軍艦の種類、敵機の機銃掃射を受ける様子まで、とにかく細部までリアルにこだわったようです。戦争を描くというようりも、戦時の庶民の生活を通して戦争が浮き彫りになる、印象に残る映画でした。原作も読もう。

公式サイトはこちら

11/20 渋谷ユーロスペース
クリックで救える命がある。投資信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湾生回家 | トップ | 私の少女時代 Our Times 我... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう (映画のブログ)
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔......
この世界の片隅に (映画好きパパの鑑賞日記)
 いやあ、本当に今年は素晴らしい邦画の連続ですが、ここに来て最高ともいえるアニメ作品が登場しました。戦前から戦後にかけての広島、呉を舞台に1人の少女の生き様を追った名......
『この世界の片隅に』 (beatitude)
昭和19年、18歳の少女・すず(声:のん)は生まれ故郷の広島市江波を離れ、日本一の軍港のある街・呉に嫁いできた。戦争が進み様々な物が不足していく中、すずは工夫をこらして食......
この世界の片隅に (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広......
この世界の片隅に★★★★★ (パピとママ映画のblog)
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監......
映画「この世界の片隅に」 (FREE TIME)
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。
この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......
負の遺産。『この世界の片隅に 』 (水曜日のシネマ日記)
広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。
この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編......
この世界の片隅に (C’est joli ここちいい毎日を♪)
この世界の片隅に '16:日本 ◆監督:片渕須直「マイマイ新子と千年の魔法」 ◆主演:のん、尾身美詞、細谷佳正、稲葉菜月、牛山茂、新谷真弓、小野大輔、岩井七世、潘めぐみ、小山...
この世界の片隅に (Akira's VOICE)
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  
「この世界の片隅に」 (2016 東京テアトル) (事務職員へのこの1冊)
日本のアニメーションは世界一だと思う。その大きな要因はもちろん漫画、劇画の隆盛だ。アニメの原作となることが多いあのメディアは、もう子ども向けである役目をとっくに終え......
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......