まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

2013年日本インターネット映画大賞 外国映画部門

2014-01-11 23:49:17 | 映画雑感
引き続き外国映画部門も。
モットーは今年も「頑張れ、華流!」

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
「セデック・バレ 太陽旗」 9点
「ゼロ・ダーク・サーティ」 4点
「ゼロ・グラビティ」    4点
「嘆きのピエタ」      3点
「イノセント・ガーデン」  3点
「コールド・ウォー」    2点
「あの頃、君を追いかけた」 2点
「グランド・マスター」   1点
「ブラッド・ウェポン」   1点
「アルマジロ」       1点

【コメント】
香港映画の元気がちょっとなかったかな。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】         作品名
[ウェイ・ダージョン] (「セデック・バレ太陽旗/虹の橋」)
【コメント】
壮大なスケールを映像化した手腕に。

【主演男優賞】
[ジョージ・クルーニー] (「ゼロ・グラビティ」)
【コメント】
宇宙空間の無重力を真に感じさせました。ほぼ2人だけで演じ切ったのもすごいです。

【主演女優賞】
[サンドラ・ブロック] (「ゼロ・グラビティ」)
【コメント】
「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインや、アンジェラベイビーと迷いましたが、ジョージ・クルーニーと同じく。

【助演男優賞】
[レオナルド・ディカプリオ] (「ジャンゴ」)
【コメント】
嫌味ったらしい南部の大地主が嵌ってます。

【助演女優賞】
[ミシェル・チェン] (「あの頃、君を追いかけた」)
【コメント】
10歳も若い役柄の高校生役をキュートに演じ切りました。

【ニューフェイスブレイク賞】
[ヤン・ミー] (「妖魔伝レザレクション」「レジェンド・オブ・トレジャー大武当」)
【コメント】
これから中華圏映画にたくさん出演しそうで期待大。

【音楽賞】
「セデック・バレ 虹の橋」
【コメント】
セデック族の自然と調和した民族音楽に。

-----------------------------------------------------------------
【私が選ぶアクションお疲れさま賞】
[ジャッキー・チェン] (「ライジング・ドラゴン」)
【コメント】
還暦で身体を張ったこのアクション、お疲れさまでした。

-----------------------------------------------------------------
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

コールド・ウォー 寒戦』 絶賛公開中!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年日本インターネット映画大... | トップ | 北京ロマン in シアトル 北京遇... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「セデック・バレ」につきまして (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2014-01-13 10:30:32
いつもお世話になっております。
日本インターネット映画大賞へ投票いただきありがとうございました。
作品賞と音楽賞に「セデック・バレ」を投票されていますが、同作は2部作となっております。
申しわけありませんが、当賞では前後編やシリーズものはシリーズ全体での投票は不可としているため、第1部・第2部いずれかを明示いただくようお願いします。
また監督賞についても同様に、いずれの作品か(あるいは両作共か)をご明示願います。
日本インターネット映画大賞運営委員会様 (まてぃ)
2014-01-13 23:10:56
セデック・バレのどちらかを選ぶのはできないのですが。。。
規定のため暫定ながら明示します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2013年、洋画ランキング・ベスト10 (パピとママ映画のblog)
新年明けましておめでとうございます。 皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 昨年から、大好きなアクション映画を別の枠にして選出してみました。 第1位 :キャプテン・フィリップス 第2位 :マン....
2013年 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 (Nice One!! @goo)
【作品賞】(3本以上10本まで)   「ブランカニエベス」    7点   「東ベルリンから来た女」  5点   「ムード・インディゴ うたかたの日々」   5点   「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ」 5点   「マジック・マイク」   2点   「ペ...
2013年・映画・好きな順・ベスト44 (或る日の出来事)
2013年に観賞した新作映画の、個人的に好きな順の順位発表!
第9回(2013年)シネマ停留所映画賞 (或る日の出来事)
知る人ぞ知る、めったに誰も知らないのであった我がHP名を冠した映画賞を、今回は、こぢんまりと大発表!
日本インターネット映画大賞―2013年度外国映画投票 (映画的・絵画的・音楽的)
 今回は、前回に引き続いて、外国映画についてです。 ------------------------------------------- 『 外国映画用投票テンプレート 』 【作品賞】(3本以上10本まで) 「 ザ・マスター   」    7 点 「 25年目の弦楽四重奏 」  5 点 「 偽りなき者 ...
2013 My Favorite Movie 外国映画 (カノンな日々)
続きましては2013年マイベスト10の外国映画部門です。今年鑑賞した新作劇場公開の外国映画は158作品でした。そのうち二度目を観に行ったのが4作品なのでのべ162作品となります。これも ...
2013年、映画観賞履歴~1年の観賞を振り返る (kintyre's Diary 新館)
2013年も残すところ今日が最後となりました。そこで、今年観た映画を振り返ります。 まずは1~6月の上半期で54本、7月以降が56本を観賞。ごく平均的な本数(月8~9本)ですが、年間本数としては昨年の107本を僅かに抜いて過去最多の110本を記録しまし...
2013☆ベスト&ワースト映画 /2013 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今年で16年目 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの、好きというのを重視  対象となるのは ....
2013年ベスト10&ワースト10&more...(今年から短評付き) (銀幕大帝α)
【閲覧注意】銀幕大帝αより新年のお年玉【2014年謹賀新年】 動画を再生する際には自己責任の上でお願いします。 心臓の弱い方は絶対に再生しないで下さい 因みにタイヤのCMです。 2013年銀幕大帝αベスト10 (1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作D...
2013 thinkingdays Best 10 of the movie (真紅のthinkingdays)
 2013年に劇場鑑賞した作品の中から、洋画はベスト10、邦画はベスト5を選ん でみました(+αあり)。  昨年、劇場鑑賞した映画は85本、そのうち邦画は20本(23.5%)です。自宅 鑑賞を含めると、89本の作品を鑑賞しました。劇場鑑賞数は1本増えています が、自...
maru's BEST MOVIE 2013 (・*・ etoile ・*・)
maru's BEST MOVIE 2013 2013年に見た映画はDVD、テレビ放送での鑑賞を含めて99本。去年は98本だったから、やっぱり自分のペースはこんな感じなんだね(笑) 例年通り2013年日本公開作品限定。今年も、洋画邦画と分けて選出するほど見れていないので、一括して選出。これま...
『2013 フォーンと“天国にいちばん近い島”で観るならこの映画』(年間ベスト) (ラムの大通り)
----あれれ、今年は“無人島”じゃないんだ。 「うん。 2013年、最大のできごとはフォーンが天国に旅立ったこと。 幸いに、こうやって時空を超えてお話しているけど、 それはあくまでウェブでのお話。 やはり、どこかで会いたいなと…。 そう考えていたら、この島、 “天...
悠雅的映画生活2013劇場公開編 (悠雅的生活)
2013年に観た劇場公開作品から 
2013年マイベストシネマ20 (銅版画制作の日々)
今晩は☆★ 昨年は色々なことがあって映画を観る機会が少なかった一年でした。わずかな数ではありますが、記事アップしていないものも含めると50本以上観たようです。(正確な数分からず・・・) ということでその中で記事アップしたものをピックアップしてご紹介した...