まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

ドラゴン×マッハ! 殺破狼II

2017-03-18 22:50:44 | 香港映画(あ~な行)

メンズデーだったからか、シネマート新宿の大きなスクリーン1が満席で立見も出る盛況ぶり。『マッハ!』でムエタイ&タイ流アクション映画を一気に世界に広めたトニー・ジャーが香港アクション映画に殴り込み!

香港警察の潜入捜査官、チーキット(呉京ウー・ジン)はタイで刑務所に収監されてしまう。チーキットと共に臓器密売疑惑を追っていた、叔父のチャン(任達華サイモン・ヤム)は、チーキットを救出するために香港で密売組織の捜査を急ぐ。タイの刑務所の看守チャイ(トニー・ジャー)は難病の娘の治療費を刑務所長のコー(張晋マックス・チャン)に融通してもらっていて、コーがチーキットを責めるのを見過ごすしかなかった。しかし、娘の治療に適合するドナーがチーキットだとわかり、何とか救出しようとする。

臓器密売組織の香港サイドのボスは、自らの心臓病に実の弟の心臓を移植して助かることを狙っていた。捜査を進めていたチャンの厳しい追及を受けるが、まんまと弟を襲撃し、移植を受けるべくタイへ向かう。

チャイの手引き、そしてタイに渡ったチャンの尽力があり、混乱に乗じて刑務所を脱出したチーキット。しかし、代わりに捕らえられたチャンを救うため、チャイと共にコーのアジトに向かう。。。

香港カンフーアクションにムエタイアクションと、熱い闘いが盛り沢山!トニー・ジャー、呉京、張晋、それぞれ一人だけでも熱いのに、3人揃ったアクションは最高です。

香港映画らしいサービス精神満載の盛り沢山なストーリー、潜入捜査官に臓器密売といった大きなテーマ以外にも、チーキットとチャン、チャイと娘といった肉親の愛情、そしてそれと対をなすかのような兄弟の相克に、孤児だったというコーの出自。敵役が皆強く、ボスの弟を守っていた刑事が皆殺されるところなどは徹底的な非情さで、一方子供たちが交わす絵文字メールのエピソードは微笑ましくほっと和みます。

ラストで女の子が見た狼は何だったのかわかりませんが、激闘アクションを満喫しました。

公式サイトはこちら

1/9 シネマート新宿
クリックで救える命がある。投資信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロスト・レジェンド 失われ... | トップ | The NET 網に囚われた男 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは面白かったですね (ここなつ)
2017-03-21 14:12:09
こんにちは。TBをありがとうございました。
これは面白かったですね!ウー・ジン、トニー・ジャー(マックス・チャンも)のアクションが最高だった上に、ストーリーも捻りがあって、ほろりとくる所もあって、集中して鑑賞することができました。
個人的には、サイモン・ヤムが叔父で、甥がウー・ジンというあり得ない贅沢さに痺れました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ドラゴン×マッハ!」 (ここなつ映画レビュー)
先日私は「今年はこの「ホワイト・バレット」だけでいいや」と思っていたのだけれど、これは困った!今年は1本しか映画観ちゃいけない、と言われたら、「ホワイト・バレット」に......