まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

帰ってきたヒトラー  ER IST WIEDER DA

2016-08-09 23:39:25 | その他の映画(あ~な行)

随分と評判がいいらしく、この日のTOHOシネマズ新宿は小さなスクリーンで満席、ここシャンテも残り2席だけという人気ぶり。総統府の地下壕で自決したはずのヒトラーがタイムスリップして現代に、という突拍子もない設定ながら、迫力ありお笑いもあり考えるところも大いにある作品でした。

突然現代にタイムスリップしたヒトラー、周りの人は将軍に命令するような喋りをモノマネ芸人がやっている新手のネタだと思って笑いにする。TV局をクビになったフリープロデューサー、ザバツキは、そんなヒトラーを連れてドイツの各都市を巡り、市民と話す様子を動画にアップした。その再生回数は20万回を超える人気ぶりで、ついにTVの生放送に出演する。そこでも全くあの当時と変わらない演説をするヒトラー。1930年代に大衆の心を掴んだ人心掌握術は、現代のドイツ人の多くをまた虜にした。現代に来てからのことを書いた自伝は大ベストセラーになり、映画化の話まで来る。。。

ヒトラーの時代錯誤な話の内容や行動、仕草を笑いながらも、きっと当時と何ら変わることのない考えと主張がドイツ人の共感を得る様子はドキュメンタリータッチで撮影したのでしょうか、周囲の人たちにモザイクがかかったり目線が入ったりしています。喜んで記念撮影して握手をする人たちを見ると、ゆるキャラを囲んで盛り上がっている日本人と同じような感覚がします。しかし、バーでじっくり話をしてみると移民反対で盛り上がり、アウシュビッツの記憶が鮮明なユダヤ人は認知症っぽいお婆さんまんで、このヒトラーに猛烈な拒否反応を示しました。トルコ系移民の問題に最近のシリア難民問題など、大衆の共感を呼ぶテーマがある一方で、ユダヤというセンシティブなテーマがついて回るのがドイツの特徴なのかもしれません。

他にも、まとわりついて噛みつく子犬をヒトラーがいきなり撃ち殺したり、真顔で「ユダヤ人は何とかしなければならない」とザバツキに言ったり、ドイツ国家民主党の党首と話をしに党本部をいきなり訪れるなど、ドッキリなんだか脚本なんだか分からない演出がたくさんあります。なかでも白眉はテレビの生放送で演説の前に沈黙してスタジオの観衆、そしてテレビの前の視聴者の注目を一身に集める場面。本物のヒトラー(って、なんだか訳分かんなくなってきた)さながらに沈黙と演説の力でスタジオを完全に支配していました。

最初にヒトラーを見出して、ずっと良くできたモノマネ芸人だと思っていたザバツキが、ヒトラーのユダヤ人に対する本音を聞いたことをきっかけに、現れた場所などを再確認してヒトラーが本物のヒトラーだと分かった後の展開も、本人が精神病院に監禁されるという悪夢みたいだけど、日常生活で考えたら真っ当なもの。タイムスリップなんて言って拳銃を突きつけるのは危険人物とみなされても仕方ありません。ザバツキが監督した映画で俳優がマスクみたいな特殊メイクで本人そっくりに扮しているのも、何かの暗喩みたいで面白いんだけど気味悪く感じました。

ドイツでヒトラーをテーマにしたこんなブラックコメディ作品が作れるのは素直にすごいと感心します。世間の反応を忖度して、自主規制しまくりの日本では考えられないですね。

公式サイトはこちら

7/10 TOHOシネマズシャンテ
クリックで救える命がある。投資信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤サチコ、存分に弾き語る... | トップ | ひと夏のファンタジア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『帰ってきたヒトラー』 (beatitude)
ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。男は長い沈黙の後、とん......
帰ってきたヒトラー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ヒトラーが現代にタイムスリップしたという奇想天外のストーリー。世界情勢をみると原作小説の発表された2012年、映画が製作された昨年よりも、さらに、この映画の現実味が......
映画・帰ってきたヒトラー (読書と映画とガーデニング)
原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ 2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらし......
帰ってきたヒトラー (映画と本の『たんぽぽ館』)
世界は大丈夫か * * * * * * * * * * ドイツのベストセラー小説を映画化したもの。 あのヒトラーがタイムスリップして現代に蘇る・・・。 私はもっとコミカ......
「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑......
「帰ってきたヒトラー」 (ここなつ映画レビュー)
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない......
帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
大衆よ、我を恐れよ。 ティムール・ヴェルメシュの、ベストセラー政治風刺小説の映画化。
 死の直前に現代のドイツにタイムスリップしたヒトラーと、ボンクラTVディレクターが......
現代にもヒトラーは (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「帰ってきたヒトラー」を鑑賞しました。 1945年から現代にタイムスリップしたヒトラー、彼はテレビマンにより、モノマネ芸人としてテレビに出演させられる......
帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da (勝手に映画評)
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 いや、でも、......
帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント (西京極 紫の館)
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが......
帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK (我想一個人映画美的女人blog)
 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、 モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに という小説が2012年にドイツで出版。 絶賛と非難あ......
帰ってきたヒトラー (銀幕大帝α)
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚......
「帰ってきたヒトラー」 (或る日の出来事)
あなた、どこのヒトラー?