まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

127時間 127HOURS

2011-07-08 22:27:36 | その他の映画(は~わ行)

冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化!

いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車の中で仮眠をとって、土曜日は朝からMTBを駆って荒野を進む。MTBで転ぶのも楽しみのうち、とばかりにかっ飛ばして、いよいよブルー・ジョン・キャニオンの入り口に来ると、MTBを停めてトレッキングに移る。トレッキングといっても、通り慣れた道だからか足取りは時に小走りになって、トレイルランみたいな感じ。

途中で道に迷った女の子2人組を秘密の泉に案内して、一緒に泉にダイブしたりして気分は爽快。2人組と別れてアーロンは1人で断崖の間を進んでいたが、とある狭間で落石に右手が挟まれてしまう。

落石は押しても引いてもびくともしない大きな岩で、持っていた中国製のサバイバルナイフではほとんど削れない。さあ困った、ということでビデオで自分撮りなどをするのだが、寒い一夜が過ぎて、翌日に登山用ロープを引っ掛けて全体重をかけても落石はほんの少しも動かない。そしてアーロンは最悪の事態を考え始める。食料はなく、持っている水は400mlくらい。このまま右手を挟まれたままなら、生き延びられる期間はだいたい5日。ビデオに遺言を残したり、SUVの中に残してきたゲータレードを思い出したり、女の子2人組が誘ってくれた日曜日のパーティ、留守電にしておいて出なかった母親からの電話、前の彼女のこと、そして昔の家族の思い出。。。

大雨が降って岩ごと流されたときは「助かった」と思ったけれど、実は夢の中の話で現実は変わらず腕が挟まれたまま。絶望的な状況の中、水を飲み干したアーロンがとった究極の方法は。。。

身動きできない閉塞的な状況というシチュエーションが『リミット』と似た感覚でした。音楽のノリはさすがダニー・ボイル監督、腕を挟まれる前までのテンポ良く躍動しているアーロンの様子や、回想シーンでの楽しかった思い出などで、映像と音楽が互いを引き立てあうかのように融合しています。

そうした普通の状況が音楽でクローズアップされる分だけ、腕を挟まれているシーンの残酷さが際立つわけで、その大きな落差もアーロンの希望を失っていくさまと重なります。

でもアーロンは、とても大きな代償を払ったけれど、今でも登山やスキーを楽しんでいるらしい。『』の島崎三歩と同じように、本当に自然が大好きなんだろうな。三歩の「また山においでよ」を実践しているアーロンは、輝いていました。

公式サイトはこちら

7/3 渋谷シネクイント
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金

『海洋天堂』7/9からシネスィッチ銀座他で公開!



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城西プロコン養成塾(JOPY)... | トップ | たった一人で組織を動かす ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
■『127時間』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+イギリス合作映画、ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー出演。
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作品賞ノミネート、最後の10本目の鑑賞です(日本でようやく最後に公開が決まっ....
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
127時間/ジェームズ・フランコ (カノンな日々)
これも一応は山岳映画ですよね?単独での登山の最中にアクシデントに見舞われ谷間で身動きがとれなくなってしまった若き登山家アーロン・ラルストンの実体験を綴った原作を『スラ ...
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる (SOARのパストラーレ♪)
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
127時間(2010)◆◇127 Hours (銅版画制作の日々)
            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドア...
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
127時間 (悠雅的生活)
急転直下。暗中模索。自力更生。
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
映画『127時間』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...