まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

2016年 日本インターネット映画大賞

2017-01-14 23:20:30 | 映画雑感
今年も昨年1年間の映画を振り返ります。去年までとは少しフォーマットが変わって、日本映画と外国映画、それぞれ5作品までしか選べないようになってる!

[作品賞投票ルール(抄)]
■選出作品は3作品以上5作品まで
■選出作品は2015年1月~2016年12月公開作品
■1回の鑑賞料金(通常、3D作品、4DX作品、字幕、オムニバス等)で1作品
■持ち点合計は15点
■順位で決める場合は1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点を基礎点
■作品数で選ぶ場合は3作品各5点、4作品各3.75点、5作品各3点
■自由に点数を付ける場合は1点単位(小数点は無効)とし1作品最大点数は10点まで可能
■各部門賞に投票できるのは個人のみ
■ニューフェイスブレイク賞は男優か女優個人のみ
■音楽賞は作品名で投票
■私(ユーザー名)が選ぶ○×賞は日本映画外国映画は問いません
■日本映画の作品賞もしくは外国映画の作品賞に3作品以上の投票を有効票
■以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------
日本映画

【作品賞】(3本以上5本まで)順位(点数記入なし)、作品数(順位を削除)、自由採点(点数記入)から選ぶ
「この世界の片隅に」 4点
「君の名は。」    4点
「シン・ゴジラ」   3点
「永い言い訳」    2点
「海よりもまだ深く」 2点

【コメント】
今年観た日本映画は13本。いい映画がたくさんありました。
「君の名は。」や「シン・ゴジラ」が社会現象になったのも嬉しいです。

【監督賞】          
   [新海誠] 「君の名は。」
【コメント】
素晴らしい映画でした。過去作も個性がはっきりしていていいですね。

【最優秀男優賞】
   [本木雅弘]「永い言い訳」
【コメント】
自分を振り返ってしんみりしてしまいました。

【最優秀女優賞】
   [筒井真理子]「淵に立つ」
【コメント】
壊れていく家族の姿が不気味でした。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [石橋宇輪]「月光」
【コメント】
痛々しい役柄の演技、今後に期待が持てます。

【音楽賞】
  「シン・ゴジラ」
【コメント】
初代と同じ音楽がクールでした。
-----------------------------------------------------------------
外国映画

【作品賞】(3本以上5本まで) 順位(点数記入なし)、作品数(順位を削除)、自由採点(点数記入)から選ぶ
「若葉のころ」      3点
「最愛の子」      3点
「帰ってきたヒトラー」 3点
「サウルの息子」    3点
「ルーム」       3点
【コメント】
第二次世界大戦などの戦争が関係した作品に、いいものが多かったような気がします。
香港映画は公開そのものが少なかったなあ。

【監督賞】          
   [セバスチャン・シッパー]「ヴィクトリア」
【コメント】
140分間ワンカットを実現させることが凄い!

【最優秀男優賞】
   [オリヴァー・マスッチ] 「帰ってきたヒトラー」
【コメント】
まさにヒトラーそのもの!の怪演でした。演説シーンなど勢いがあります。

【最優秀女優賞】
   [ルーニー・マーラ]「キャロル」
【コメント】
1950年代の雰囲気にぴったりでした。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ルゥルゥ・チェン]「若葉のころ」
【コメント】
1983年、おかっぱ頭の姿が可愛らしかったです。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------
クリックで救える命がある。投資信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひかりをあててしぼる | トップ | 秒速5センチメートル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票......
日本インターネット映画大賞への投票 2016年度 (映画のブログ)
 2016年もあまり映画を観られなかったが、点数を付けるでも順番を付けるでもなく、日本インターネット映画大賞への投票を通じて幾つかの作品を応援できればと思う。  優れた作品......
日本インターネット映画大賞―2016年度投票 (映画的・絵画的・音楽的)
 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い申し上げます。  昨年は、邦画57本、洋画48本の合計107本について、そのレビュー記事を拙ブログに掲載いたしました。......
今年の映画ベスト10(洋画編) (映画好きパパの鑑賞日記)
 2016年は290本の映画を劇場で鑑賞しました。とにかく邦画の当たり年。21世紀に入って最高の年といっても過言ではありません。そのため、昨年は邦洋あわせてベスト10を選んでいたの......
2016年映画鑑賞記録  (FREE TIME)
2016年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2016年に鑑賞した映画を振り返ります。
2016 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2016年は、端的に言えば「日本映画奇跡の年」だった。 例年なら1、2本あれば良いというレベルの傑作が、ほとんど月替わりで現れる、しかもメジャーからインディーズ、内容もアニ......
2016年Nakajiの映画ランキング (C’est joli ここちいい毎日を♪)
今年もいよいよ終わりです。 今年はTOHOパスポートに変えたのに本数は少なかったな~94本でした。 映画も、これ!ってものがぱっと思いつかなくてなかなか悩みました。 今年......
2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出 (パピとママ映画のblog)
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、1......
2016年マイベスト20 (銅版画制作の日々)
皆さん、お正月をどのようにお過ごしでしょうか? さて今年は何とか昨年のベストが発表できるだけの作品を鑑賞することが出来ました。傾向としてはホラーものが目立ちます。昨年......
「2016年ベスト・ワースト映画☆昨年以上に悩みましたがこれが限界SP」 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016年も終了間近となりました。毎年恒例の映画ベスト・ワーストを発表する時期がやってまいりました。今年はダントツこれだ!というよりまんべくなく良作というのが多く、選抜が難......
2016年鑑賞作品 勝手にベスト10 (ここなつ映画レビュー)
2016年「勝手にベスト 10 」 をやってみます。 毎年のことながら「 1 年を振り返る」という作業を新年にしている私であります。例年と同様に「2016 年に公開された作品」ではなくて「201......
2017新年明けましてと昨年ベスト3 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当......
【cinema】maru's BEST MOVIE 2016 (・*・ etoile ・*・)
【cinema】maru's BEST MOVIE 2016 今年もあと数時間で終わりということで、恒例のBEST10を出してみた 今年は現時点(2016.12.31 21:54)で233本鑑賞。去年より42本増えたとはいえ、劇場鑑賞は27本......