満点の星空が見たい!

温泉旅がメインの生活。酒とグルメとミステリ小説、ごくたまに失恋の話。

馴染みの温泉地があることの幸せ…

2017-04-04 22:20:35 | 旅行
温泉は大好きだけど、その周辺環境も大事だ

次の温泉旅は先輩4名を含む5人旅、「6人会」の恒例旅である。1名は病気療養中で、初日が奈良県十津川温泉「静響の宿 山水」、2日目が勝浦温泉の「ホテル浦島」に泊まる。十津川は2回目だが、前回は「ホテル昴(すばる)」に宿泊した。十津川温泉は温泉地で初めて、「どの宿、日帰り温泉も源泉かけ流し宣言」をしたところである。温泉通の中では有名な話だ。

「ホテル昴」は、洗練された温泉ホテルで、本当に居心地のいいホテルだったが、今回の「山水」は、共同トイレであり、民宿風の建物である。ただ、宿周辺の環境が素晴らしく(浅く幅の広い川のそばで、でっかい一軒家)、露天風呂の解放感が写真でも分かるほどだ。メインは、その川で獲れたすっぽん鍋で、あと山女魚の塩焼きや、山菜の天ぷらなどの料理が楽しみである。酒飲みばかりなので、宴会は盛り上がると思う。

ただ、メインは2日目の勝浦温泉である。このブログで何度も書いているが、もう20回以上は訪れている温泉とマグロ漁港の街。それも宿は「ホテル浦島」限定である。関西ではここしかない硫黄泉の源泉かけ流し、狼煙(のろし)半島に4棟のビルディング、それが洞窟やエスカレータ、エレベーター、通路で全部つながっており、3000人は泊まれるマンモスゾーン。それでいて、、敷地が広いので混雑はなく、解放感抜群の温泉ホテルだ。

酒飲みはバイキングに向いていないのでいつも朝食設定で行く。夕食は街中の居酒屋である。それが何度も行くとなじみもできる。先ほど「大漁」という店に予約のために電話した。

「大阪のМです」、相手は女将さんだ。「ああ、久しぶり。最近来んなあと、噂しよったんよ」、「いや、俺らもうずうずしててな。やっぱり勝浦いかんと落ち着かんって」、「それでいつ来るん?」、「うん、今月の20日なんやけど。5人で。空いてるかな…」、「何言うてんの。何があっても空けるに決まってるやないの」、「またうまいもんを用意しててや」、「よっしゃ、20日やな、楽しみにしてるよ」という会話だった。

他にもランチはマグロ定食で有名な「竹原」に行く。ここも馴染みで、マスターと奥さんにお土産を持って行けば、帰りにお土産をもらうこともある。アルバイトのタイ人のおねえちゃん(45歳くらい?)もいて、いつも素晴らしい笑顔で迎えてくれる。そう、勝浦温泉は、温泉だけではなく、みんなの笑顔を見に行く場所でもある。

こんな場所があることに感謝して、さあ、その日まで一生懸命仕事をするしかない。

ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 話が面白い、話し方がうまい... | トップ | 秘境感がすごい十津川温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。