満点の星空が見たい!

温泉旅がメインの生活。酒とグルメとミステリ小説、ごくたまに失恋の話。

クリスマスなんか怖くない?

2016-12-24 11:29:52 | 人間


またクリスマスがやってきた。別にどうってことはないのだが、本音を言えばクリスマスは
あまり好きではない。思い出に残るようなシーンはないし、特別意識する気持ちもない。
『クリスマスを祝う家族も恋人もいなかったのでは…?』と友人は憐みの表情で言う。確か
に家族関係は若い時に3年で終わったが、恋人はほとんど切れ目なくいた。しかし、誰もが、
「クリスマス?そんもんどっちでもええわ」というタイプばかりで、「ケーキより上等の白
ワイン、それとキトキトの寒ブリ入りの刺身盛り、神戸牛も食べたいな」と、クリスマスを
利用してうまい肴にありつこうとする酒飲みばかりだった(笑)

ただ、ここ3年はずっとひとりで、そうなると余計にクリスマスなど意識しなくなる。今朝、
出勤するときに今日の日付を見て、「ああ、今日はクリスマスイブか…」と、思ったほどで、
逆にこれが嫌だった。と言うのも、今日は帰りに近所のイタリアン・バルで、赤ワインとカ
ルパッチョなどをつまもうかと思っていたのだが、クリスマスイブに、イタリアンの店で一
人で飲む勇気はない。仕様がない、帰りにスーパーに寄って、赤身のステーキと、野菜サラダ
のセットでも買って帰ろうかと思っている。

そもそもクリスマスはイエス・キリストの誕生日を祝う祭りである。日本では1552年、山口
市で初めて祝ったらしいが、そのあと鎖国などもあり途絶えていて、明治維新からまた復活で
ある。世間では、「キリスト教でもない人がなぜクリスマスを祝うんだ!」と言う人もいるが、
年間の数あるイベントのひとつという認識でいいではないかと思う。なにより、莫大な経済効
果があるのだから…。

朝、出勤するときに、最初の交差点の歩道横のスペースで、キリスト教を公布するために、
パンフレットを胸位置に掲げて立っている若い女性がいる。やさしく微笑み、ひとことも声を発
さない。傍にそのパンフレットを並べたスタンドがあり、自由にお持ち帰りくださいと、書いて
ある。その女性があまりにも清廉で美しく、思わずそのエリアに引き込まれそうになるが、「い
かん、いかん。そんな気持ちで接すれば冒涜だ!」と、己を戒め、後ろ髪を引かれながら青信号
を待つ…。

ただ、今日はクリスマスイブと言うのに?その位置にいるのは眼鏡をかけた中年のおっさんであ
った。俺は、黄色の信号なのに一気に歩道を駆け抜けて通り過ぎた(笑)
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧乏人にも楽しい人生がある... | トップ | 不眠は、二日酔いよりしんど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人間」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。