満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

みちのくひとり旅、温泉を考える…その➁ 東の横綱鳴子温泉

2017-05-14 12:55:21 | 旅行
見よ、この鮮やかなブルーを!その上に油膜が無数浮かんでいる…


初日は宿に19時に入り、急いで風呂に向かった。源泉かけ流し、24時間いつでも入れるのだが、仙台駅で買った牛タン弁当とビールで、長旅で疲れた体に元気を与えたい…そんな気持ちだった(初日は朝食のみのプラン)。2日目は7時半に起きて入浴し、8時過ぎに朝食。それからまた布団に入り、昼前まで眠った。これが連泊のいいところで、午前中はゆっくりできるのがありがたい。

12時過ぎに宿を出て、さあ鳴子温泉を満喫だ!あいにくの小雨模様だったが、最初に向かったのは徒歩5分余りの「旅館すがわら」である。数ある鳴子温泉郷(鳴子温泉、川渡温泉、東鳴子温泉、中山平温泉)の中で、おそらく一番人気の宿(ホテル形式を除く)ではないかと思う。温泉旅館として洗練されており、庄屋風の重厚な造り。館内いたるところで黒光りの柱を目にした。ただ、階段が少し多かったかも知れない。

若いご主人の対応は完璧だった。「日帰りですか?さあ、ご案内します」と、自ら先導し、しばらく館内を歩いた後、「この階段を上がって左が風呂場になっております」と、頭を下げて立ち去った。わずか500円の入浴料でこの対応だから、宿泊しても満足するに違いない。

温泉も素晴らしかった。どうやら一番乗りだったようで、カランの前に乱れはなかった。広々とした浴槽にざあざあと掛け流される不思議な温泉…。入ってすぐは、「ワオッ、緑の温泉だ」と思ったが、浴槽内に入って見ると鮮やかなブルーになっていた。どうやら差し込む光によって色が変わるようで、まるで沖縄の美しいビーチだ。

でもそれだけではないのである。上の写真を見ても分かるように、湯の表面に油膜ができているのだ。これが鳴子の凄さである。宿泊した「東多賀の湯」も強烈だったが、ここもさすがの温泉力だった。朝に宿の風呂に入っており、体から硫黄臭が漂っていたが、この温泉から上がった後は二つの臭いが交わって、表現できない臭いを発し、思わず「おえっ」となった(苦笑)。

しかし、一軒目でダウンはできない。ここで昼食だ。鳴子駅前の蕎麦屋で天ざるとビールを補給し、次の温泉宿へ向かう。距離は知れている。駅から数分歩いたところにその宿はあった。なんと一軒で、4種類の温泉が出るという、温泉マニア垂涎の宿である。-➂に続く。
ジャンル:
温泉
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのくひとり旅、温泉を考... | トップ | みちのくひとり旅、温泉を考... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温泉 (仁仁)
2017-05-14 21:46:09
温泉ってあついけど、きもちいですよね。
僕も、旅館の温泉に入るときもちいなと感じます。
これからも、いろんな旅館の温泉に入って見たいと思います。
ぬる~い温泉が好み (満天の星空が見たい!)
2017-05-14 22:03:19
42度が限界です。夏向きのぬる~い温泉もたくさんありますよ。ぬるかったら、長時間入って、減量?しています。ハハハ…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。