満点の星空が見たい!

温泉旅がメインの生活。酒とグルメとミステリ小説、ごくたまに失恋の話。

長崎県へひとり旅➁…地獄温泉は天国だった

2017-07-04 21:58:02 | 旅行
小地獄、本当は天国だった!

小浜温泉の2日目。まず7時半起床してに温泉に入り、8時に朝食を食べ、それから部屋のクーラーを利かせて2度寝。これがひとり旅、連泊の利点である。予定は未定、慌てることはない。11時過ぎにむっくり起き、小浜バスターミナルに向かう。そして、雲仙行のバスに乗った(25分くらい)。

雲仙は二度目だが、どうしても行きたい日帰り温泉があった。温泉通なら絶対欠かせない「小地獄温泉」である。前回の雲仙は6人会の幹事であり、自由行動は制限されていたが、今回はひとり旅、堂々の訪問だ。その場所は、雲仙温泉のバス停から1200mと書いてあった。望む所である。近年、街歩きがすごく快感、前回の高知ひとり旅では3日間で4万歩以上歩いた。

夏の太陽は容赦しなかったが、まったく問題なく、その場所にたどり着いた。山道が切れたところに何軒かの温泉旅館、その奥に「小地獄温泉」はあった。本日は土曜日、7,8台の車が駐車していたが、この施設、思ったより大きく、混雑はしていないだろうとの予感。笑ったのが、小地獄(温泉場で言う地獄とは荒れ地に温泉が噴出してる場所を言う)の料金だった。420円、なるほど、地獄に死に目の不吉な数字、よ~し、早速入って地獄を味わってみよう!

泉質は雲仙温泉のシンボル、白濁の硫黄泉である。硫黄泉は、先日鳴子温泉の東多賀旅館で痛烈な硫黄泉に出会い、少々のことでは驚かないが、さすがに天下の雲仙温泉、出る前に綺麗に洗い流したつもりでも濃厚、その夜はずっと硫黄の臭いを嗅ぐことになった。たまごの腐った臭い、意外と好きである。

3時くらいに小浜温泉に帰り、遅い昼食。どうしても行きたいところがあった。「よしちょう」と言う大きな食堂。➀で紹介した温泉オブジェの真ん前にあり、玄関先はもうもうと水蒸気が噴き出している。ここで食事をすれば、館内の温泉に無料で入れると言う。

雲仙からずっと我慢していたのでのどはカラカラ、生ビールと小浜ちゃんぽんを注文した。長崎県はどの町を通っても「ちゃんぽん自慢の街」と言うのぼりが目につく。それほどちゃんぽんはソウルなのである。しかし、この町にもリンガーハットが進出していて、一番お客さんが多かった。うーん、微妙な感覚であるが、せっかく小浜に来たのだから、小浜ちゃんぽんを食べた。

食事後、少し疲れていたが、せっかくなのでこの食堂の温泉に入った。街の食堂の温泉…、少し馬鹿にしていた。でも湯船は大きく、30人くらいは楽に入れる湯船に、源泉がドッドッドッとあふれんばかりに注入されていた。「す、凄い、恐るべし、小浜温泉!」と、この旅、二度目のひとりつぶやき、日本国中、あちこちの温泉に行っているが、小浜温泉ほどいい意味で期待を裏切られた場所はない。

帰りにフロントのお兄さんに、「真ん前のあの源泉場から温泉を引いているの?」と聞くと、お兄さんはニヤリと笑い、「あそこはあそこ、ここはここ。うちの温泉は自家源泉ですよ」と言った。うそー、ほんまに?、それは失礼しました!と、まるで吉本新喜劇の返しになってしまった(笑)小浜温泉恐るべし……今回、この言葉を何度言っただろうか?この施設だけで、一分間に7,800リットルは噴出しているのである!

小浜温泉に本当に来て良かった。自分の温泉アンテナもまんざらではないなと改めて思い、明日の計画を練った。小浜温泉の反対側、島原市を観光し、長崎市の夜景を見る予定である…➂に続く。
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎県へひとり旅➀…ビバ、小... | トップ | 長崎県へひとり旅➂…帽子の奇跡! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。