満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

みちのくひとり旅、温泉を考える…その➂ 東の横綱鳴子温泉!

2017-05-15 01:22:05 | 旅行
西多賀の湯は緑色。すぐ隣の東多賀は白濁、本当に鳴子温泉は奥が深い。


4つの自家源泉を持つ温泉宿…鳴子には他にもそんな宿があるが(複数の泉質を持つ宿が多い)、今回訪れたのは「旅館姥乃湯」である。➀単純泉➁硫黄泉➂硫酸塩泉④重曹泉と、宿の敷地付近に4種類の温泉が湧いているのだ。鳴子の地層は一体どうなっているのか?鳴子火山帯、鳴子溶岩ドームなどの記事は目にしたことがあるが、いずれも千年単位前の話で、今は静かな温泉地である。すぐ傍を流れる江合川(北上川と合流)の流水が染み込み、地下のマグマが反応しているのだと思うが、当然詳しいことは分かるはずもない。

さて、宿の帳場にいた若い女性に500円の入浴料を払って中に入ったが、4か所の風呂場の内、2か所はただいま清掃中だった。これを見て内心ほっとした(笑)。すでに2軒の強烈な温泉に入浴し、心身ともに相当なダメージを食らっている。温泉に入るのも思った以上に体力が必要なのだ。

その中の1か所は白濁の硫黄泉(1番人気らしい)で、宿泊している東多賀の湯と同じなので躊躇したが、せっかく来たのでさっと浸かってみた。すると、やはり強烈な硫化水素臭で、頭がくらくら。これはやばいと思いすぐに上がり、しばし休憩…。

もうひとつの湯は単純泉だったが、これがただの単純泉ではなかった。鉄分を含んだ香り高いお湯で、浴場は茶色に変色していた。でも、東多賀、すがわらの温泉に比べるとずいぶん当たりが柔らかい。それで少し長湯ができた。リハビリのようなものである。と言うのも、もう一軒、絶対に行きたい温泉宿があったからだ。

宿泊している東多賀の湯の横7,8メートルぐらいのところに、「西多賀の湯」という旅館がある。ここも有名な温泉で、東多賀とはまた別の温泉が湧いていると言う。東多賀が白濁なのに対し、こちらは綺麗な緑色と言うのだ。それを比較しなければ鳴子温泉に来た甲斐がない…頭がボーっとし、体もよれよれだったが、最後の力を振り絞ってなんとか入浴した。

その結果、おお、なんと美しい温泉なんだろう!と、感激。そして、岩手県の国見温泉を思い出した。あそこも緑色で、マニアには欠かせない温泉地だが、その時は数年前に別れた彼女と一緒だった。「緑のインクで手紙を書けば、それがさよならの合図になると誰かが言ってた」という歌のフレーズがあるけれど、自分にとって緑色は悲しい色なのか?否、緑色は、日本人にとって、一番平和でやさしい色である。

少し落ち込んで東多賀に帰ったら女将さんが、「今日は何か所で入浴したの?」と聞くので、「3軒、朝にこの宿の温泉に入ったから4軒やね」と言うと、「うわっ、そんなに…じゃあ、今夜はうちの温泉はやめといた方がいいよ。湯あたりして、寝込んでしまうから」そして、「夕食はごちそうを作ったから、お酒でも飲んで早めにお休みになってください」と、笑顔で言う。

「そうやね。じゃあ、地酒でも飲んでころっと寝るか」、ノスタルジアに浸る暇はない。明日からは山形県に移動だ。
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのくひとり旅、温泉を考... | トップ | みちのくから奥の細道へ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。