満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

山口県長門地方をひとり旅…その①

2017-03-06 13:01:26 | 旅行


何年かぶりに墓参りに行き、山口県育ちながらまだ訪れていないところ、長門地方を旅して
きた。JR西日本、「おとなびパス」というお得なキップ(西は博多、東は北陸から新潟県上
越市まで3日間移動自由18000円)を使ってである。まずは故郷の周南市徳山駅まで新幹
線のぞみで行き、そこからローカルに乗り換え次の新南陽で降りた。この街で18年間過ごし
たのだから、駅に降り立つと、いつも感慨深いものがある。

駅前のスーパーで墓参り用の倶花を買い、歩くこと15分、あるお寺の境内にある先祖代々の
お墓についた。祖母が好きだった東海漬物の「きゅうりのきゅーちゃん」も忘れず墓に備え、
しばし瞑想…。それから少し遠回りしてなつかしい街並みを歩き、「遠くへ行きたい」のメロ
ディを口ずさみながら駅まで戻った。感じたのは、町の規模の小ささ、人通りの少なさだが、
昔からの友人の家の表札を見たら、以前のままで内心ほっとした。

今度は下関行きの2両編成のローカル電車に乗る。意外と車内は込み合っており、なんとか座
席は確保したが、ここからのんびり、「小月」という駅まで、一時間三十分ほど電車に揺られた。
「小月」到着が15時52分、そして駅前で16時出発の「一ノ俣グランドホテル」の送迎車に乗る。
一ノ俣温泉の名は全国区ではないが、知る人ぞ知る美人の湯で、なんとpHは10.0もある。

小月駅から30分と少しでホテルに着いたが、広い駐車場は満車状態で、「ええ~!」と声が出た
が、地元ではつるつる、ぬるぬるの温泉が有名で、北九州からのお客も多いという。この日は日曜
日、半分以上は日帰り温泉客だと思うが、それにしてもこの人気ぶりにはびっくりした。

フロントでチェックインを済ませ、さっそく温泉に入ったが、なるほどお湯に入った瞬間に化粧液
に包まれた感じになった。体にとろとろの膜が出来た感じで、大阪の高槻市にある、「美人湯 祥風苑」
に匹敵する。ここでたっぷり30分ぐらいお湯に浸かり、部屋に帰って冷たいビールをきゅっーとやった。
この旨さ、爽快さはとても表現できないが、「あ~、ここまで来た甲斐があった!」と思ったのはま
ちがいない。

この後、しばし休憩して夕食の膳となったが、レストランでの食事だった。中居さんが、「あら一人
旅ですか、寂しいですね」と言ったが、「そんなことはない。いつも5,6人で旅しているから、気楽
で満足していますよ」と答えた。これは本音である。みんなでワイワイもいいが、一人旅の方が本当
に旅をしている感覚になる。


明日はローカルバスで山陰本線の無人駅まで行き、そこから長門市を目指す。バスの本数が少なく、
ホテル前が11時ころだが、どうやって暇をつぶそうかと思っているとフロントの人が、「ここから坂を
下りたところに姉妹館があるので、そこで温泉に入って暇をつぶしてください」と、入浴券をくれたので、
「ありがとう」と言い、持参していた伊勢の名物「赤福餅」の8個入りをプレゼントした。

「え~、あの有名な赤福じゃないですか!本当にいただいてもよろしいのですか?」と、目を輝かせて
いた。一人旅で親切にしてもらった方にと、いつも2箱ぐらい持っていくのだが、これは本当に誰でも
大喜びする。あと、大阪と言えば「551の豚まん」だが、こちらも喜んでくれるのだが、においがきつく、
電車内で周囲に気を遣うのがマイナス点である。
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長州力を見て、ぼんやり思い... | トップ | 山口県長門地方をひとり旅…その② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。