満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

みちのくから奥の細道へ…

2017-05-16 22:56:49 | 旅行
湯田川温泉、つかさ旅館の「若旦那厳選の山形県日本酒10選飲み比べ」

さて、東北旅行の締めである。本来はこちらがメインだった。何年か前に、北海道旅行した時に、行きの飛行機で、美しい鳥海山の雄姿を見たことがこの旅の始まりだった。日本各地、あちこち旅をしているけれど、始発点の大阪から交通網的に行きにくい場所がある。北海道や、沖縄などは激安航空機などのプランがあり、まったく距離を感じさせない。でも山形、庄内空港などは大阪からは直通便も事欠く状況である。正規で行けば、往復5、6万はくだらない。

だから山形に行く場合は仙台空港がらみになる。関西空港発進のピーチ航空は仙台もテリトリーなのだ(往復12000円!)。そこで思いついたのが鳴子温泉経由である。しかし、温泉的には鳴子温泉メインとなってしまった。東の横綱、鳴子温泉を経由していくと、他の温泉はほとんど銭湯レベルになってしまう。普通、温泉地にはひとつの温泉(泉質)である。しかし、鳴子のように(あるいは別府、登別のように)10種類もの泉質を誇る温泉パラダイスを味わうと、感覚的に物足りなくなるのは必然だ。

鳴子からJR陸羽東線で新庄市を経由して酒田市に入った。あの北前船、豪商イメージの酒田である。しかし、当日は雨に降られ気温も激下がりで、港までたどり着けなかった(タクシーは使わない主義。街中を歩くのがだいご味)、その天気のせいで鳥海山の姿も見えなかった。しかし、鶴岡市の湯田川温泉、湯野浜温泉であと2泊する。この間に天気は回復するだろう、天気予報を見れば明日は降水確率10%であるーと、思った。

次の日は確かに晴れたが、薄曇りで視界が利かず(黄砂のように)、近くの山さえ見えなかった。そして最後の日も、曇天で鳥海山のあの美しい雄姿は拝めなかった。う~ん、美人は一度や二度の口説きではおちないということだろう。宿泊した湯田川温泉・つかさ旅館、湯野浜温泉・龍の湯とも素晴らしい宿だった。鳴子温泉経由で、確かに温泉的には目立たなかったが、宿的にはどちらも口コミ高得点だけあり、連泊したい気持ちになった。特に感じたのは、山形県人のやさしいおもてなしの心である。これは鳴子温泉(宮城県)より数段?上回るのではないか(笑)

つかさ旅館、「10代目若旦那厳選の山形県日本酒10種類飲み比べ」は、本当に素晴らしかった。上の写真で分かるように、結構量的(3合以上)にも奮発している。もうひとつ、若女将が、今まで旅館の若女将の中で一番の別嬪さんだった(楽天の写りがグッド!)。

みちのくから奥の細道へ。そして、最後は高速バスで月山、湯殿山を通り、仙台へ。今回の旅も思い出深い旅になった。



ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのくひとり旅、温泉を考... | トップ | 鶴岡市でおもてなしの心を知る… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。