満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

みちのくひとり旅、温泉を考える…その➀ 東の横綱鳴子温泉

2017-05-14 00:46:12 | 旅行
濃厚な硫黄泉。匂い鋭く、成分も複雑だが、すべすべ感もあった。

ノスタルジアの旅に行ってきた。宮城、山形の4泊5日、みちのくひとり旅である。

初日…関西空港の異端児、ピーチ航空。激安航空の見本と言うべき航空会社で、大阪からソウル、上海、香港、台北など、往復で1万円以内の時もある。国内では北は札幌、仙台、南は沖縄、石垣島など、結構ポイントを押さえている、今、韓国からの旅行ナンバーワンは東京ではなく大阪である。これは、ピーチ航空の貢献だと思う。

しかし、後発の航空会社だから肩身は狭い。関西空港でも第二ステーション発であり、便数も少ない。利用した仙台行きは、午後14時50分発、到着16時10分だった。これに合わせて予定を組む。仙台空港から仙台駅に行き、そこから新幹線で一駅の古川まで行く、そして陸羽東線に乗り換え、終点の鳴子温泉駅に着いたのは18時50分だった。

初日、2日目と連泊は「東多賀の湯」と言う宿で、駅から徒歩10分以内ではあるが、坂とか回り道とかややこしく、ご主人が迎えに来てくれた。そのご主人とはわずか5分の車の中での会話だったが、現在の鳴子温泉がよく表現されていた。

「お疲れさまでした。ようこそ鳴子温泉に」、「いえ、すみません、遅くなりました。最近の鳴子はどうですか?」、「最近変わりましたよ、温泉宿の方向性が…」、「方向性?」、「三陸沖地震です」、「はあ?」、「鳴子温泉の基本は湯治で、夏、秋に豊漁で湧く漁師さんたちが冬は温泉宿で休養するーというのが毎年のスタイルだったのですが、あの地震から当然それはなくなって、毎年計算されていた収入が見込めなくなったんです」、「なるほど…。じゃあ、経営は苦しいですね」、「……」、

ご主人はそれから無言だった。2泊したけど、彼の顔を見たのはこの時だけで、食事の時もチェックアウトの時も会うことはなかった。おそらく、すべてが女将さん任せで、ご主人は外でアルバイトか何か、働いているのではないかと思った。

しかし、東北の横綱、鳴子温泉である。この宿は真っ白な硫黄泉が売りだったが、強烈な温泉で、真冬でも窓全開、風呂場のあちこちに通気孔があった。おそらく、温泉の成分である硫化水素がこもると危険なので、空気の循環を余儀なくしているのだと思う。それほど強烈な温泉だった。2日目は事前にチェックしていた宿の日帰り温泉巡りをしたが、「う~ん、さすが鳴子!」と、唸るしかなかった。

次は鳴子の有名日帰り温泉に!
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長生きをしたい人々… | トップ | みちのくひとり旅、温泉を考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。