満点の星空が見たい!

温泉旅がメインの生活。酒とグルメとミステリ小説、ごくたまに失恋の話。

長崎県へひとり旅➂…帽子の奇跡!

2017-07-05 22:51:44 | 旅行
島原城は街のシンボル。この横の通りに武家屋敷ストリートがある。

先ほど先輩から、「君が長崎から帰ってきて次の日に台風、そして今は豪雨…よく無事に帰ってきたものだ。ラッキーな男だなあ」というメールが入ってきた。自分が幸運な星のもとに生まれ、順調な人生を歩んでいるとはとても思えないが、今回に関しては確かにそうである。でも、北九州は思ったより雨が降り続き、えらいことになっている。皆さんのご無事を祈るしかないが…。

さて、長崎旅行の3日目は島原市を観光し、長崎へ出て、夜景を見ながら部屋で一杯飲むというプラン。ここで、「帽子の奇跡…」が起きた。最近頭の毛が少し薄くなり、帽子(キャップ)をかぶることが多くなった。だいたいがくせ毛で、髪の毛の方向が定まらず、必ずどちらかの髪の毛が立っている。それが帽子をかぶると、全体的にうまく収まるのだ。

長崎ひとり旅3日目の朝、小浜バスターミナルから雲仙温泉行のバスに乗った。そして雲仙で島原駅行きのバスを乗り継ぐのだが、少し時間があったので「雲仙地獄」や、温泉ストリートを散歩。やがてバスの時間になり、待合室のトイレに入って小用を済ませ、ふと鏡を見ると、帽子をかぶっていない。はて、どこで脱ぎ忘れたのか?リュックを置いているベンチを見てもないし、散歩途中で脱いだ覚えもない。

どこに置き忘れたのか、まったく分からない。そんなに高い帽子ではなかったが、色合いやデザインは気に入っていた。デザインの違う帽子を一度に3つ買ったのだが、その帽子ばかりかぶっていた。時間がなかったので少しパニックになり、周囲を駆けずり回ったが、やがてバスが到着。あきらめざるを得ず、自分の不注意をなじった。

島原行きのバスの乗客は14、5名。一番後に乗車したが、右側の2番目の席が空いていた。みんな前から順番に座るのに?と思って座席を見ると、なんと俺の帽子がちょこんとそこに座っていた。え~、なぜ?当然、小浜からのバスが休憩して島原行きになったのは間違いないが、普通は往復がセオリーだろう?小浜方面に帰るはずのバスがそのまま島原行きになったなんて Σ(゚Д゚)

ラッキーだ。おお、愛しの俺の帽子よ!と、思わず抱きしめてしまった、(そんなに奇跡ではなかったかー笑)

島原へ着いてからは電動自転車をレンタルし、市内を走り回った。島原城、武家屋敷ストリート、島原湧水群、フェリーターミナル…真夏の太陽が照り付ける中、愛しの帽子とともに観光したのである。ランチも満足し、2時過ぎに島原鉄道の一両電車に乗り、諫早に向かった。諫早から、長崎はJR九州で、特急列車を奮発した(と言っても、300円の特急券だが)。

長崎市は2回目だが、前はほとんど観光はしなかった。今回は世界三大新夜景(モナコ、香港)を堪能し、平和公園に行き、世界平和を唱えたいものだ。…④に続く。
ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎県へひとり旅➁…地獄温泉... | トップ | 長崎県へひとり旅④…夜景と原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。