満点の星空が見たい!

これまでの人生、これからの人生、夢と希望と懺悔と。

あるたこやき屋が大繁盛したきっかけは?

2016-10-28 23:09:15 | グルメ


大阪と言えばお好み焼き、たこ焼き、いわば「粉文化」である。でも、どうだろう。
自分はたこ焼き、お好み焼きにハマったことはなく、ここ2、3年で二、三度お好み
焼き屋の暖簾をくぐっただけである。それも、東京や地方から知人が訪ねて来て、
そのリクエストに応えただけで、実はその前に食ブログなどを見て、有名店を探した
ほどだ。これでは友人をもてなすことにはならないなあ…と、いつも反省していて、
地元ならではの渋ーいお好み屋をキープする必要性にかられている(笑)

今住んでいる大阪の天満・天神橋には日本一長いアーケード商店街(2キロ以上?)が
あり、その中に数えきれないお好み焼屋や、たこ焼き屋があるが、いつも外国人の方々
が席を埋めている。大阪は空前の外国人旅行者ブームで、ミナミの心斎橋、道頓堀は
日本人より外国人の方が多いくらいだが、その勢力は確実に広がっていて、下町の路
地裏でも観光客とすれ違うシーンがあるほどだ。

天満、天神橋は大阪でも有名なグルメスポットだけに、インターネットや広報誌などで
有名店を見つけ、カップルやファミリーが怒涛のように押し寄せてくる。天神橋5丁目に、
「春駒寿司」という安くて美味しい寿司屋さんがあるが、普段でも行列のできる人気店な
のに、外国のお客さんも並び始め、周囲の店の営業妨害になるほど長い行列を作っている。
以前はよく食事に行っていた店だが、これは当分見送りになりそうだ。

実は、今住んでいるマンションから徒歩2分くらいの所に人気のたこ焼き店がある。天神
橋商店街を縦の線とすれば、その店はその天神橋商店街から見て横の位置、7、8分ぐらい
の所にあるので、まだ外国人がたこやきを買っているのを見たことがない。しかし、休日
ともなれば店の前に人だかりができるほど繁盛しており、小さな店なのに店員さんが三人
もいた。

「究極のオマール海老だし」が売りのその店、以前は会社の帰りにビールの肴として買って
帰ったことがある。当時はイケメンの旦那と小柄でかわいらしい奥さんの二人がたこ焼きを
焼いていたが、ある時、突然転機が訪れた。それまではごく普通の、どこにでもあるたこや
き屋だったのだが、大阪のローカル番組で、有名人二人が立ち寄り、「このたこやきは、め
ちゃくちゃ旨いな」と、言ったことで、その店はたこやき屋の『聖地』になってしまったのだ。

その番組は、ダウンタウンの浜田雅功と東野幸治が関西(特に大阪)を歩いて、歩いて、色々
な会話をするというローカル色の濃い番組だったが、ある時、この近辺を歩き、偶然にもこの
たこ焼き屋に寄って、「旨い!」を連発したのである。それまでもこの店はそこそこの人気店
だったが、これで一気に爆発した。

店頭にテレビを置き、その二人が店に来た様子をエンドレスで流すなど、抜け目のない宣伝効果
もあって、かなりの売り上げがあるようである。今は店に若きオーナー夫婦はいない。昼前の11
時から、夜の12時まで店員二、三人で切りまわしているようで、オーナーは左うちわの様子である。

ある夜、飲み会の帰り12時前にその店の前を通ったが、イケメンのオーナーがレジ機から出てくる
売り上げ伝票をチェックしていた。「お、昼間姿がないと思ったら、閉店前に来て売り上げチェッ
クか。ええ身分になったもんやな」と、つぶやいたら、その男が通り過ぎる俺の顔を見て、「ニヤリ」
と笑った。あれは明らかに、「勝ち組」の顔だった。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西風の出汁文化が素晴らしい | トップ | 日本一のグルメ県(産出)はど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。