まつたけ秘帖

徒然なるままmy daily & cinema,TV drama 日記

リゾラバ 熟女たちの淫らなハイチ滞在記

2008-08-28 | フランス、ベルギー映画
 「南へ向かう女たち」
 今年のカンヌ映画祭は、20数年ぶりに地元フランス映画がパルムドールを受賞。その作品“Entre les murs(The Class)”の日本公開が待たれるローラン・カンテ監督の旧作を観ることができました。
 70年代のハイチ。バカンスに来た北米の女性たちが、地元の青年たちとのアバンチュールを楽しんでいた。その一方で、独裁政権下の過酷な現実も浮き彫りに...
 常夏の美しい南島で、セクシーで優しい若者たちと、甘く熱いリゾートラブアフェア...いいですねえ。まさに夢のようなシチュエーションです。金持ちの白人熟女たちを楽しませる地元の黒人青年たち、ほとんどホスト、いや、男娼なんですけど、金のために仕方なくやってるという暗さや悲しさとかはなく(たまにウザっとかメンドい女だな、みたいな様子は見せるが)女たちをカモにしてる狡猾さとかも希薄です。楽しく遊んで暮らすのが好きなだけって感じ。同じ買春でも、おやぢが少女と、なら陰惨で不快になるだろうけど。 
 でも、結局は金で男あさりしてる女たちも...そんな女の浅ましさイヤらしさ醜さ、そして苦しみを、さりげなくも緻密に炙りだす内容が、なかなか見ごたえあります。
 魅力的な地元青年レグバをめぐる二人の熟女、エレンとブレンダが見せる女の心と体の疼きや歪みが、イヤらしくも痛ましい。
  
 ブレンダさんは、数年前に夫と子供と遊びに来たハイチで、15歳の少年だったレグバと淫行に及んでしまい、彼のことが忘れられずに家庭を捨てて独りで再びハイチへ。レグバとの燃えるロマンスを期待していたけど、大人になったレグバは、女たちの人気リゾラバになっててガーンそれでも、レグバへの想いと欲情は抑えきれず、心は乱れ体は淫れ...
 エレンさんは、フランス文学の偉い教授。老いたら金で男を買う!と決めてたという、ドライ&クールに割り切ってる遊び人。でも、もっか寵愛中のレグバには、離しがたい執着心を...
 ブレンダはねえ、ほんと見ていてイタい女なんです。真面目な主婦がホスト狂いしちゃってるって感じで。レグバに純愛、と自分にも周囲にも思わせようとするカマトトぶりも、何だかイヤらしい韜晦。恋などではなく、目覚めてしまった病的な淫蕩さゆえにハイチに来たことが次第に分かってきて、女の性って怖くて業だよなあと怖くなります。
 そんなブレンダに要所要所で、辛らつな皮肉をかますエレンの、ズバリ言うわよ!ぶりが、グサリと的を射て怖い、けど笑えます。セックス目的ではなく、レグバを本当に愛していたのは、エレンのほうだったのかも。それを頑なに否定して、これは遊び!金でどうにでもなる相手!と自分に言い聞かせるエレンの高慢なプライドも、ブレンダとは違う意味で、女のイヤらしさを表しているようでした。
 遊びの域を逸脱し、嫉妬や独占欲、自分本位な愛情を押し付けつつ、やんわりと頬を札束で叩くような言動をする白人熟女たちに困惑迷惑、そして怒り悲しむレグバが、ほんと可哀想です。一見、熟女たちから甘い汁を吸ってるレグバですが、実のところ利用されてるのは彼のほうだもんね。レグバは、ハイチそのものを象徴してる存在なのかも?美しい天然なルックスと性格ゆえに、蟻のように群がる女たちに貪られるレグバが、占領され植民地として搾取され続けたハイチと重なります。
 陽気で平和な楽園、というのは上辺だけで、地元の人々が圧制と貧困に苦しんでいるハイチの真実も伝わってきます。
 エレン役は、シャーロット・ランプリング。相変わらず、おんな現役!英語とフランス語を自在に操るところも、カッコいいです。
 ブレンダ役のカレン・アレンは、可愛いオバチャマって感じで、まだまだ全然イケてます。
 レグバ役の男の子は、ワタシ的には美男とは思えませんが、体はキレイです。
 私がリゾラバにハマるなら、ハイチの黒人青年より、カリブあたりでガエルかロドリゴみたいなラテン青年がいいな。岩井志麻子先生の「ドスケベ三都物語」みたいなのもいいなあ。韓国でチョン・ジョンミョン、香港でダニエル・ウー、中国でリィウ・イエ(もしくは台湾でジェイ・チョウ)を現地愛人にしてみたいものぢゃ♪でもやっぱ、金で得る男の偽りの愛なんて、想像しただけで虚しくなる...
 
ジャンル:
映画・DVD
コメント (7) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 暗黒街のボーギャルソン | トップ | 雪の女王 銑ァ.薀奪廛薀鵐匹 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (台湾人)
2009-10-30 11:50:33
お金で黒人男性の性を買う白人女性は実際に北米では珍しくないようです。

黒人の男性ってやはり魅力的な要素があるから、人気があると思います。

黒光りする肌と筋肉隆々のナイスボディなどセンセーショナルな要素に惹かれるのは私も何となく分かるような気がします。

昔のアメリカで白人の女性と黒人男性の奴隷の姦通がばれた場合は私刑が施されると聞いています。
歓迎光臨☆ (松たけ子)
2009-10-30 21:40:31
台湾人さん、はじめまして!ようこそ♪
若い頃のデンゼル・ワシントン、ちょっと前のウィル・スミス、今はテレンス・ハワードがmy 素敵黒人スターです♪セクシーですよね〜オバナ大統領は、ちょっと(汗)。
ごく最近、アメリカで白人女性と黒人男性の結婚を認めない裁判?があって、問題になったとかニュースで聞いて吃驚しました。こんな裁判官こそ私刑にしたいです。
よかったら、また遊びに来てくださいね♪

お返事ありがとうございます (台湾人)
2009-10-31 01:01:24
シャーロット・ランプリングはイギリス、アメリカ、フランスやイタリアの映画に出演していて、フランス語が流暢なのでフランスの映画界でも活躍なさっているようです。

ジャクリーン・ビセット、ジェーン・バーキンやクリスティン・スコット・トーマスもフランス映画に出演されているイギリス人女優なので、こういったブリティッシュなクール・ビューティーの魅力には凄く憧れの私です。

モニカ・ベルッチ、アーシア・アルジェント、ヴァレリア・ゴリノやステファニア・ロッカなどのイタリア人女優もフランス語がぺらぺらでフランス映画にも出演しているので凄いなと思います。

北米では白人女性と黒人男性の異人種ポルノが昔から大量に製作されているので、白人からは白人の女性を搾取しているとの批判の声があり、黒人からも黒人男性をただひたすら性欲に走り、白人女性を寝取るマイナスイメージは黒人に対する差別であり侮辱でもあるとの非難の声も出ているので、アメリカは本当に人種平等な国なのか私にも分かりません。

私も正直に言えば肌色が黒い男性や黒人に惹かれるので私もこの映画の主人公みたいに淫乱なのかなと反省しています。
素敵な欧州女優たち (松たけ子)
2009-11-01 22:11:30
台湾人さん、こんばんは!
語学堪能な欧州の女優たち、素敵ですよね。
黒人白人アジア人、いい男には人種関係なく惹かれまくってる私は、ド淫乱なのでしょうか(笑)。
ハイチの貧困や政治の乱れ (台湾人)
2009-11-02 01:18:50
一方ハイチの貧困と政局の不安定は本当に大きな問題だと聞いています。

中南米の大半の国がスペイン語一色の環境でフランスに殖民されてフランス語を公用語とするハイチはポルトガル語を用いるブラジルと同じ際立つ存在ですよね。

私は英語すらあまりできないし、フランス語、ドイツ語、イタリア語やロシア語などの外国語は全く門外漢でお手上げです。
Unknown (松たけ子)
2009-11-02 21:42:35
台湾人さん、こんばんは!
私も外国語は全然ダメダメです♪
ちょっと恥ずかしいんですが (台湾人)
2009-11-27 15:34:33
実は私も結構黒人が好きなんです。

台湾ではあまり正々堂々と公言できないのですが。

この問題で以前かなり悩んでいました。

親友は別に気にしなくてもいいと慰めてくれるのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL