まつお文庫からのご案内

仙台市若林区中倉3-16-8にある家庭文庫です。水・土の2時~5時(第2土は休み)どなたでも利用できます(無料)。

今月の詩 ’17.6月

2017-06-19 11:02:46 | 文庫のページ
  雨ですこっそり降ってます
            サトウハチロー


  雨です こっそり 降ってます
  こまかい雨です しずかです
    あまえる鼻声 つばめの子
    それより それより しずかです

  雨です こっそり 降ってます
  こまかい雨です しずかです
    まいまいつぶろの ひとりごと
    それより それより しずかです

  雨です こっそり 降ってます
  こまかい雨です しずかです
    おはぐろとんぼの ためいきか
    それより それより しずかです

  雨です こっそり 降ってます
  こまかい雨です しずかです
    ひる寝のみの虫 その寝息
    それより それより しずかです
     (『幼児と遊ぶ 101の詩』 武鹿悦子編 ひかりのくに株式会社)

 天気予報に雨のマークが増えてきました。いよいよ梅雨入りですね。
 今月はサトウハチローの「雨ですこっそり降ってます」という詩を選びました。雨にもいろんな雨があります。ザーザー降る雨、しとしと降る雨、ポツポツ降る雨。音を立てずに静かに降る雨。この詩では霧雨(きりさめ)ともこぬか雨とも呼ばれるこまかい雨の降る様子を、つばめの子の甘える鼻声よりも、かたつむりのひとりごとよりももっと「しずかです」とうたっています。それで思い出すのが、松居直さんの子どもの頃の話です。
 霧雨のような細かい雨を窓越しに見ていると、そばを通りかかったお母さんが「絹ごしの雨やなぁ」と言ったというのです。5歳ぐらいの松居さんは初めて「絹ごし」という言葉を聞き、こういう細かい雨のことを「絹ごしの雨」というのだとずっと思うのですが、大きくなって辞書で調べてみると、「絹ごし豆腐」という言葉はあるが、「絹ごしの雨」という使い方はないと気づきます。
 講演でこの話を聞いたとき松居さんのお母さんはなんとすてきなお母さんだろうと思いました。「絹ごし」とはなんとすてきな表現だろうと思いました。この詩を読んでいると、松居さんのお母さんのおっしゃった「絹ごしの雨」という言葉を思い出してしまいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あそびの学校とレンゲの会 6月 | トップ | 6月24日(土)3:30 夏の特別... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。