まつお文庫からのご案内

仙台市若林区中倉3-16-8にある家庭文庫です。水・土の2時~5時(第2土は休み)どなたでも利用できます(無料)。

新しく買った本 その2 8月

2016-09-01 14:43:03 | 文庫のページ
⑤『岬のマヨイガ』 柏葉幸子/さいとうゆきこ 講談社2015
 岩手県の遠野に近い狐崎で、東日本大震災の起きた日、偶然にも出会った3人の再生の物語です。
 両親を亡くし、おじさんを訪ねて狐崎にやってきた小学5年生の萌花。夫の暴力に耐えられず東京の家を出て、萌花と同じ列車に乗り合わせ、同じ狐崎で降りたゆりかさん。避難所に向かったゆりかと萌花を「家の嫁と孫です」という、遠野から来た87歳のおばあちゃん、キワさん。縁もゆかりもない3人ですが、震災で多くのものを失った町で一緒に暮らしながら心を通わせていく物語です。
 伝説「アガメと海ヘビ」の海ヘビが震災でよみがえり、人間に悪さをしようとしていることに気づいた3人は、町の人々を守るため、海ヘビと闘います。河童や座敷童子、山姥や狛犬など不思議な者たちの力を借りて、壮大な闘いが始まります。
 作者の柏葉さんは岩手にお住まいです。第1作目の『霧の向こうのふしぎな町』が出版されてちょうど40年を記念して昨年出版になった作品です。

⑥『大久野島からのバトン』 今関信子 新日本出版社2016
 大久野島がどこにあるか、知っていますか。広島県の竹原市の漁港から連絡船で15分の瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。休暇村として、今は観光客がたくさん訪れる島ですが、戦争中、この島で何があったか、今関さんは古田足日さんにすすめられて調べていき、時間をかけてこの作品を書き上げました。日本児童文学者協会創立70周年記念出版「文学のピースウォーク」全6巻の1冊です。
 滋賀県のミッションスクールに通う中学2年の香織たちは、YWCAのワークキャンプに参加するため、顧問の先生と一緒に広島にやってきます。その帰り、この大久野島で一泊するのですが、香織たちは「大久野島毒ガス資料館」の元館長だった柳沢さんと出会い、戦争中14歳だった館長さんがこの島で毒ガスの製造に関わったことを知ります。そしてその毒ガスが中国で使われ、中国人の命を奪ったということも知ります。
 館長さんの体験したことを真剣に受け止め、同じ14歳の今をどう生きるか考える中学生の姿が心に残ります。中学生に手渡したい作品です。もちろん大人の方にも読んでいただきたい作品です。

⑦『絵本に魅せられて』 佐藤英和 こぐま社2016
 佐藤英和さんはこぐま社の社長さんです。佐藤さんが戦後、どんな思いで子どもの本を作ってきたか、子どもの本への熱い思いを知ることができます。こぐま社は、わかやまけんさんの「こぐまちゃんえほん」シリーズ、馬場のぼるさんの『11ぴきのねこ』シリーズ、西巻茅子さんの『わたしのワンピース』など、今なお子どもに人気の絵本をたくさん出版しています。それぞれの絵本誕生のエピソードも興味深く、特に『わたしのワンピース』がリトグラフであること、ジンク版に一色ごとに分けて描いた絵を重ね刷りしたものであることなど、初めて知ることも多いです。
 また佐藤さんは、東京銀座の教文館の中の「ナルニア国」(子どもの本の店)の誕生にもかかわっていますし、イギリスの絵本作家アーディゾーニの絵本の収集家としても知られています。大人の方にお薦めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しく買った本 その1 8月

2016-09-01 13:52:08 | 文庫のページ
①『ちいさなメリーゴーランド』 マーシャ・ブラウン こみやゆう訳 瑞雲社2015
 マーシャ・ブラウンの処女作。1946年、マーシャが28歳の時の絵本です。日本では1994年、土橋悦子訳でブック・グローブ社から出版になりましたが、昨年、こみやゆう訳で瑞雲社から新しく出ました。ニューヨークのサリバン・ストリートにやってきた移動式のメリーゴーランドを囲む子どもたちの喜びを描いた絵本です。
 お金を持って集まってくる子どもたちはメリーゴーランドに乗って楽しそうです。でもアンソニーはお金を持っていません。そんなアンソニーにメリーゴーランドのおじさんは粋な計らいをしてくれます。
 動きのある絵からは子どもたちの楽しい声が聞こえてきます。赤で描かれたメリーゴーランドは華やかで美しく印象的です。絵全体から軽快で楽しい雰囲気が伝わってくるすてきな絵本です。絵本の最後に、マーシャの書いた文章が載っています。日付は2015年1月3日。それから3ヶ月後の4月28日、マーシャは96歳で亡くなります。

『森へ』 星野道夫 文・写真 たくさんのふしぎ傑作集 福音館書店1996
 カヤックで島々を回り、いつの間にか深い入江の奥まで入り込んだ著者は、南アラスカからカナダにかけて広がる原生林の森に足を踏み入れます。これは、そこに広がるとてつもなく長い悠久の時間の作り出した神秘的な森の写真集です。私たちが知らないだけで、その森は確かに存在し、生き続けている。驚きと感動に満ちた写真集です。世界は広く大きく、深いです。星野さんは私たちの知らないなんと多くの世界を見てきた方なのだろうと、改めて思います。
 これは1993年12月号の「たくさんのふしぎ」のハード版です。43歳で星野さんが亡くなって、この夏で20年になります。

③『星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて」 国松俊英 PHP研究所2016
 アラスカの自然と、そこに住む人々と生きものに心惹かれ、アラスカの写真を撮り続けた星野道夫さんの伝記です。星野さんがどんな子ども時代を送ったか、高校、大学時代の星野さんはどうだったのか、興味深いエピソードがたくさん紹介されています。
 未知の世界への大きな冒険心とあふれるほどの行動力は高校時代からすでに始まっていました。そして20歳の時に初めてアラスカに行き、アラスカの自然とそこに生きる人々に魅了された星野さんは生涯、カメラマンとしてアラスカを撮り続けます。
 星野さんの写真が人々の心を強く惹きつける、その魅力の源について、著者の国松さんは、「それは道夫が待つ人だったからではないか」と言っています。厳しい自然と孤独と闘いながら、待って待って、気の遠くなるほどの時間をかけて写真を撮る。星野さんのカメラマンとしての厳しい姿勢を見事にとらえた言葉です。
 本の初めに16ページにわたって紹介されるアラスカの写真は、どれも星野さんの生きた証と言えます。

④『禎子の千羽鶴』 佐々木雅弘 学研2013
 1945年8月6日、広島で、2歳だった禎子(さだこ)さんは被爆します。この本は禎子さんの兄、雅弘さんが原爆症で亡くなった妹について書いた本です。12年という短い生涯でしたが、禎子さんが原爆症とどうたたかって生きたか、家族とのかかわりを通して深く知ることができます。
 禎子さんは運動神経も抜群で、小学校6年生の秋まではとても元気に過ごしていました。6年生の1月、体調を崩し入院を余儀なくされますが、鶴を千羽折ると願いが叶うということを知ってからは亡くなるまで鶴を折り続けます。
 広島市の平和記念公園には「原爆の子の像」があります。空に向けて両手を広げ、大きな折り鶴を支えて立つ少女の像です。このモデルになったのが禎子さんです。「原爆の子の像」ができるまでのいきさつは、那須正幹さんの『折り鶴の子どもたち 原爆症とたたかった佐々木貞子と級友たち』(PHP 1984)に詳しく出ています。また禎子さんが折り続けた鶴は平和の使者として、雅弘さんの手でニューヨークのトリビュート・センターやオーストリアのヨーロッパ平和博物館、ハワイの真珠湾にある記念館にも届けられています。詳しくは『奇跡はつばさに乗って』(源和子 講談社)を読んでみてください。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄贈本 8月

2016-08-31 18:07:21 | 文庫のページ
寄贈本 ありがとうございます。
◆汐﨑順子さんからいただきました。
①『日本全国ふしぎ案内② 菜の子ちゃんとカッパ石』 富安陽子/YUJI 福音館書店2016.4
 丸いメガネとカールした髪の毛がトレードマークの菜の子ちゃんが活躍するシリーズ2冊目。カッパ伝説が残る下関が舞台。明治時代の洪水で流されたカッパ石を探すため、菜の子ちゃんとトオルはイノシシやセイタカ童子、コンガラ童子の背に乗って山や空を駆け巡り、カッパ石の行方を探します。カッパや巨人、不動明王や毘沙門天も登場し、壮大な世界が展開します。
②『妖怪一家九十九さん 遊園地の妖怪一家』 富安陽子/山村浩二 理論社 2016.2
 シリーズ5冊目。化野原(あだしのはら)団地に住む九十九(つくも)さん一家は、実はおじいちゃんもおばあちゃんも、パパ、ママ、長男のハジメくん、次男のマアくん、長女のさっちゃんも、みんな妖怪です。遊園地に現れた不思議な妖怪を調査するために、遊園地にやってきた九十九さん一家は、初めての遊園地を楽しみながら、その不思議な妖怪の正体を見事に突き止めます。
③『フィリピン・ミンダナオ子ども図書館 手をつなごうよ』 松居 友 彩流社 2016.4
 2000年、初めてフィリピンのミンダナオ島を訪れた松居友さんは、40年間、紛争が絶えず、そのために貧困と社会不安の中で子どもの笑顔が消えてしまった現実を前にして、子どもたちのために何かできないかと考え、子どもたちに絵本の読み語りを始めます。やがてその活動は、2003年4月、特定非営利法人ミンダナオ子ども図書館に発展し、読み語り活動を基幹として、医療、奨学金制度、孤児施設と子どものシェルター、保育所建設、植林など、多岐にわたる活動が展開します。松居さんのミンダナオの子どもたちへの熱い思いが伝わります。

◆桜井あや子さんからいただきました。
①『おばあさんのしんぶん』 松本春野 文・絵/岩國哲人原作 講談社2015.7
 岩國さんは出雲市の市長、衆議院議員など歴任。政治家。子ども時代、新聞配達をしていた岩國さんは、貧しく、新聞を取ることができなく、配達をしていた三原のおじいさん、おばあさんの好意で、夕方新聞を読ませてもらっていました。おじいさんが亡くなった後、字が読めなかったおばあさんは岩國さんが来るのを楽しみに新聞を取り続けたといいます。
 日本新聞協会の「新聞配達エッセイコンテスト」の大学生・社会人部門で、2014年最優秀賞になった岩國哲人さんのエッセイをもとにした絵本です。松本春野(岩崎ちひろさんの孫)さんが文も絵も書いています。
②『はるかなるアフガニスタン』 アンドリュー・クレメンツ 田中奈津子訳 講談社2012.2
 アメリカのイリノイ州に住む6年生のアビーは、偶然の巡り合わせで、アフガニスタンに住む4年生のアミーラとその兄の6年生のサディードと文通することになります。アビーは成績不良で落第するかもしれないと先生に伝えられ、全ての科目でB以上の成績と、外国の学校の生徒と文通するという特別の課題に取り組むことになります。アメリカとアフガニスタンという複雑な国の問題も出てきて、アビーたちの文通は4カ月で終わってしまいますが、この文通を通して大きく成長するアビーたちが印象深いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あそびの学校・レンゲの会・お知らせ 9月

2016-08-31 14:25:39 | 文庫のページ
<大人向けの講座> 年8回の講座です。参加費200円。
あそびの学校 9月17日(土)10:30~12:30
 ピカチューのバッグを作ります。
 あやとりは「ひもうつし」「くびぬき」です。
 ***毎回15分、詩やわらべうた、手遊び、絵本の紹介をしています。
次回は10月15日(土) くいつきへび・紙ひもの馬を作ります。
      あやとりは「さかずき→ちょう→山」「はたおり」「かみしばい」です。


月1回、子どもの本についておしゃべりしています。どなたでも参加できます。
レンゲの会 9月26日(月)10:00~13:00
  大人向けおはなし会です。

 語ってくださる方は9月17日(土)までにお話の題名をお知らせください。
 ふだんレンゲの会に参加していない方も、どうぞお話を聞きに来てください。
 お待ちしています。

子ども市(11月5日土曜日)の準備を始めます!
 子ども市まで2ヶ月になりました。子どもたちが楽しみにしているバザーです。子どもたちのお小遣いで買える楽しいものをたくさん準備できたらと思っています。どうぞご協力ください。
 10時30分から2時30分までやっていますが、1時間でも2時間でもかまいませんので、ご協力いただけたらうれしいです。
 <準備の日>
 9月9日(金) 23日(金) 30日(金) 10月7日(金) 14日(金)

お知らせ
⓵仙台手をつなぐ文庫の会主催講演会 10月1日(土)10:30~12:15 講師 田澤雄作さん
 (独立法人 国立病院機構仙台医療センター小児科医師) テーマ 「子どもとメディア -映像メディアは「親子のまなざし」そして絆を奪う―

◎申し込み 9月24日(土)まで 文庫の会事務局 田澤さん☎276-3958

②水曜日の文庫の終わるころ、野菜の販売会をしています!
蒲生にお住いの鈴木さん(まこと君とそよちゃんのお母さんです。現在2年生のまこと君が赤ちゃんの時から文庫を利用しています。)が、今年から本格的に農業を始めました。無農薬の野菜作りをしています。夏休み前は玉ねぎを販売しましたが、とてもおいしく、好評でした。これからも時々販売していますので、よかったらどうぞご利用ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからの行事 いろいろ

2016-08-26 17:59:20 | 文庫のページ
文庫の39周年を祝って
  10月1日(土)

 まつお文庫ができたのは、39年前の1977年10月1日のことです。みんなの生まれるずっとずっと前です。お父さんやお母さんが子どもの時に文庫に来ていたという人もいます。
 この39年間には本当にたくさんの子どもやお母さんたちが文庫を訪れました。ありがとうございます。昨年10月には3000回目の文庫の日を迎えることができました。来年は40周年を迎えます。もう少しがんばって文庫を続けたいと思っています。
 みんなでおもちを食べてお祝いしましょう。どうぞお家の方もおいでください。一緒にお祝いしてください。お待ちしています。
 3:30~4:15 特別おはなし会
<おはなし>
 「いばら姫」      グリムの昔話 武田
 「まぬけなトッケビ」  韓国の昔話  松尾
<絵本>
 『赤い目のドラゴン』  リンドグレーン/ヴィークランド 岩波書店 他
 4:30~5:00 おもちの会

11月5日(土) 子ども市
 年1回のバザーです。これから2カ月、お母さんたちと一緒に準備します。どうぞお楽しみに!
11月26日(土) 秋の特別おはなし会
 子どもも大人も、だれでもお話が語れます。どうぞ語りに来てください。
12月21日(水) クリスマス会
 今年最後の行事です。キャンドルサービスもあります。楽しい会にしたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月9月の文庫の日 ’16

2016-08-26 17:27:53 | 文庫のページ
8月31日(水)
 3:30 おはなし「おはなし」 武田
 4:00 紙テープのしおり
9月3日(土)
 3:30 おはなし「あるだんなさんとおかみさんの話」 松尾
 4:00 紙ひものかご
9月7日(水)
 3:30 おはなし「だんなもだんなも大だんなさま」 松尾
 4:00 おりがみ(六角封筒)
9月10日(土)
 第2土曜日は文庫お休み
9月14日(水)
 文庫をお休みします
9月17日(土)
 3:30 おはなし「おてんとうさま金のくさり」 松尾
 4:00 紙テープのミニごま
9月21日(水)
 3:30 おはなし「火を守った鳥ジュルバ」 佐藤
 4:00 くいつきへび
9月24日(土)
 3:30 おはなし「  」 中村
 4:00びゅんびゅんごま
9月28日(水)
 3:30 おはなし「へっぴりよめご」 笹森
 4:00 おりぞめ
10月1日(土)
 3:30 39周年を祝っての特別おはなし会
 4:30 おもちの会

◆□◆9月14日(水)は用事ができて、文庫をお休みします。第2土曜日と合わせると2回続けてお休みになってしまい、ごめんなさい。
◆□◆ほおずきが手に入ったら、ほおずき遊びをしたいと思っています。赤いほおずきの実を手で優しくもんで、柔らかくして、中の種と根を上手に取り出して、ふくらませると小さな風船ができます。できあがるまでに1時間近くかかります。失敗することも多く、大人でも難しいです。上手に種と根を出すのが難しいのです。
 できた風船を下唇の上に乗せて、前歯で軽く押すと、カエルの鳴き声のような音が聞こえます。大人の人でも上手に鳴らせる人は少ないようです。おばさんは子どもの時いっぱい遊んだので、鳴らすことができます。詳しくは『ほおずきがいっぱい』(島津和子 かかくのとも 福音館書店)という本に載っているので手にとって見て下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の詩 9月

2016-08-26 17:09:47 | 文庫のページ
 今年は文庫の夏休みが長くなってしまいました。もう学校が始まってしまいました。夏休はどうでしたか、いい思い出がたくさんできたでしょうか。
 暑い夏でしたね。秋の空が待ち遠しく、今月の詩は阪田寛夫さんの詩「秋の青空」を選びました。ナンセンスな楽しい詩です。声に出して楽しんでください。
 いわし雲はさば雲とかうろこ雲とも呼ばれています。ひつじ雲はいわし雲より低いところにできる雲です。魚や動物の名前がついていて、雲の名前も愉快ですね。

  秋の青空
        阪田寛夫
 秋の青空
 トンボをとばした
 トンボ とんでとんで
 いわし雲 おっかけた
 イワシをたべたら
 トンビになった

 秋の青空
 トンビをとばした
 トンビ とんでとんで
 ひつじ雲 おっかけた
 ヒツジをたべたら
 ヒコーキになった

 秋の青空
 ヒコーキとばした
 ヒコーキ とんでとんで
 ヒコーキ雲 のこした
 がらんとしずかな
 青空になった

 秋の青空
  (『ぽんこつマーチ』大日本図書)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンゲの会・あそびの学校 そして お知らせ

2016-06-22 16:48:32 | 文庫のページ
レンゲの会
 ♦♦♦月1回、子どもの本についておしゃべりしています。どなたでも参加できます。
 6月27日(月) 10:00~13:00
  『幸子の庭』本多 明(小峰書店)
  『夏の朝』 本田昌子(福音館書店)
  その他、庭をテーマにした作品を持ち寄って
  次回は8月29日(月)
  『私のアンネ・フランク』松谷みよ子(偕成社)
  『世界の果てのこどもたち』中脇初枝(講談社)を取りあげます。

あそびの学校
 ♠♠♠大人向けの講座・年8回の講座です。  *参加費200円
 7月16日(土) 10:30~12:30
  紙テープと紙バンドでこまを作ります。
  あやとりは「蚊」「やさしいゴム」「4段ばしご」です。
     **毎回15分、詩やわらべうた、手遊び、絵本の紹介をしています。
  次回は9月17日(土) ピカチューのバッグを作ります。
  あやとりは「ひもうつし」「くびぬき」です。

お知らせ 仙台文学館主催「西巻茅子の世界」
                    7月15日~8月28日

西巻茅子講演会 7月31日(日)10:30~12:00 泉図書館2F大研修室 
 定員70名 7/14必着(往復はがきで 仙台文学館へ申し込み)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄贈本のコーナー

2016-06-22 16:21:09 | 文庫のページ
寄贈本
ありがとうございます。
◆内田麟太郎さんからいただきました。
『ぼくだってトカゲ』 内田麟太郎/市居みか 文研出版2016.5
 トカゲのしっぽが主人公の愉快な話です。トンビに狙われたトカゲはしっぽをちょん切って逃げ出します。しっぽは「ぼくだってトカゲ」と念じます。すると不思議なことが起こります。絵もいいです。生へのエネルギーがあふれています。
◆舩渡佳子さんからいただきました。
『ボノボとともに -密林の闇をこえて―』
       エリオット・シュレーファー ふなとよしこ訳 福音館書店 2016.5
 舩渡さんは仙台在住の翻訳家です。3年かけて訳された本です。内戦下のコンゴで絶滅種のボノボを守る人々の感動の物語。夏休み、アメリカに住む14歳の少女ソフィーは、ボノボを守るため保護センターを立ち上げたコンゴ人のママと過ごすため、コンゴにやってきます。そこで思いがけなくも内戦に巻き込まれたソフィーは、たった一人でボノボを守るために行動を起こします。中学生にお薦めです。

内田麟太郎さん、
    児童文化功労賞、おめでとうございます!

 5月、日本児童文芸家協会第55回児童文化功労賞を受賞なさいました。内田さん、おめでとうございます。文庫には内田麟太郎さんの絵本、詩集、物語がたくさんあります。すべて内田さんからの寄贈本で、内田さんのサインが入っています。
 内田さんとの出会いは、かつて私が関わっていた「宮城子どもの本を楽しむ会」で内田さんをお招きしたことがきっかけです。2003年秋のことです。それからずっと新刊が出るたび、送ってくださっています。会は2005年に活動を終えるのですが、その後も送り続けてくださっています。もう10年以上になります。本当に感謝しています。
 内田さんと一緒に工藤直子さん、田畑精一さんも児童文化功労賞を受賞なさいました。工藤さんも田畑さんもかつて「宮城子どもの本を楽しむ会」でお招きした方で、とてもうれしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の詩 6月

2016-06-22 15:44:00 | 文庫のページ
  あめふり
           あめひでき

 のはらに しとしと あめがふる
 「ひなたぼっこ」も いいけれど
 あめの つぶに つつまれる
 「あめふりぼっこ」も いいもんだ
 ぼくは げんきに ウォッシャー!

 ぴちぴち・ぴっちん あめつぶ あつまれ
 くものうえから やってこい
 ざんざか おがわに はしってこい
 さかなの せびれを ひからせろ
 あめつぶ あふれて ウォッシャー!

 「あめふりぼっこ」の かけごえは
 ヨッシャー! よりも ウォッシャー!
 みんなで せーの ウォッシャー!
 どこまで いこう? ウォッシャー!
 うみまでいこう ウォッシャー!
     (『のはらうたⅣ』工藤直子 童話屋)

 梅雨の季節です。うっとうしい雨の日も、あめひできくんの「ウォッシャー」で元気がもらえそうです。雨の大好きなかたつむりやかえるも喜んで「ウォッシャー」とさけんでいるかもしれません。私たちも一緒に「ウォッシャー」とさけんでみましょう!雨の日が楽しくなりそうです。
 「あめふりぼっこ」という言葉を考え出すなんて、工藤直子さんは言葉の魔術師ですね。

夏の特別おはなし会  7月2日(土)
 子どもも大人もみんなで語ります。たくさんのお話が聞けます。どう聞きに来てください。
第1部 子どもの語り 3:30~3:55
 ♧おてがみ    2年 きよたか&こたろう
 ♧自作の詩「石」 3年 なでしこ
 ♧エパミナンダス 4年 りこ
第2部 大人の語り  4:00~4:50
 ♣トラたいじ       中村尚子
 ♣小さいお嬢さまのバラ  武田節子
 ♣三びきのくま      佐藤真弓
 ♣おどってすりきれたくつ 松尾福子
  これからでもかまいませんので、語ってくれる人は申し込んでください。
  詩やわらべうた、昔話など何でもいいです。
  覚えて語ってみませんか。お待ちしています。

文集「なかま」第38号が完成しました!
 文庫に来たときにどうぞもらってください。お家の人にも読んでもらってください。文庫の1年間の活動の記録です。子どもたちがどんな本を楽しんでいるか、大人の方たちがどう文庫と関わっているか、たくさんの人の声が載っています。講演会の記録も載っています。2年生のきよたか君が初めて描いた物語も載っています。どうぞ楽しんでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加