まつお文庫からのご案内

仙台市若林区中倉3−16−8にある家庭文庫です。水・土の2時〜5時(第2土は休み)どなたでも利用できます(無料)。

レンゲの会・あそびの学校 5月6月

2016-05-22 22:20:43 | 文庫のページ
レンゲの会 5月30日(月)10:00〜13:00
 ※月1回、子どもの本についておしゃべりしています。どなたでも参加できます。
2016年度の計画を立てたいと思います。どんな作品、どんな作家を取り上げたいか、どうぞ準備してきてください。
  次回は6月27日(月)の予定です。

あそびの学校 6月18日(土)10:30〜12:30
             <大人向けの講座>年8回の講座です。参加費200円
おりがみで「ドラえもん」「赤べこ」を作ります。
新聞紙で「紙てっぽう」も作ります。
あやとりは<ゆびぬき(5種類)です>  
              毎回15分、詩やわらべうた、手遊び、絵本の紹介をしています。
  次回は7月16日(土) 紙テープと紙バンドでこまを作ります。
  あやとりは、「蚊」「やさしいゴム」「4段ばしご」です。
  2016年度参加を希望する方は6月15日までお申し込みください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄贈本・新しく買った本 5月

2016-05-19 15:15:50 | 文庫のページ
寄贈本
宮城学院「ハートフル童話集」実行委員会からいただきました。ありがとうございます。
『創立130周年記念 宮城学院 ハートフル童話集 第7集 2016』
 昨年の「ハートフル童話賞」で入賞した作品をまとめたものです。2003年から隔年で行われている童話賞ですが、童話集も7冊目になりました。私は2009年から審査員の一人としてかかわらせていただいています。毎回テーマがあり、「中高生の部」と「大学・一般の部」に分かれていて、年々応募する方も増え、作品のレベルも高く、楽しみな童話賞です。さし絵は、宮城学院の幼稚園・中学・高校・大学・同窓会など、宮城学院にゆかりの人たちが描いています。
 今回は「オバケ」がテーマでした。さまざまなオバケ(幽霊)に出会えます。どうぞ楽しんでください。童話を書いてみたい方、どうぞ応募してみませんか。

新しく買った本
『てんきのいい日はつくしとり』 いしかわえりこ 福音館書店 2016
 ふきのとうの花が開き始めた春の日、おばあちゃんやお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒につくしとりに行ったちえちゃんのお話です。
 だれが最初につくしを見つけるか、大きな王さまつくしを見つけるのはだれか、ちえちゃんたちは探しまわります。とったつくしは油でいためて溶き卵をからめて卵とじにしていただきます。「春をいただく」――すてきな言葉です。つくしの卵とじのレシピも、最後に紹介されています。
『昆虫の体重測定』 吉谷昭憲 たくさんのふしぎ4月号 福音館書店
 これまで1200種類、3700個体の昆虫の重さをはかった吉谷さんの興味深い研究成果がぎっしり詰まった一冊です。虫好きの人、必見です。
 まず どうやって測るのかも興味深いです。電子てんびんというデジタル式の特別のはかりを使います。大きい虫の代表はカブトムシですが、どれくらいの重さかわかりますか。10gです。1円玉だと10枚分。小さい虫ではヤマトシジミのオスが0.0010gです。テントウムシは82円の切手、1枚分。テントウムシ200匹でだいたいカブトムシと同じ重さです。
 いろいろな虫たちの重さ比較がおもしろいです。オンブバッタのようにメスのほうがオスより5倍以上重いもの、成虫になるにつれて重さが減っていくものなど、虫たちの重さからいろいろなことが見えてきて、興味深いです。
『ナミブ砂海――世界でいちばん美しい砂漠』 野村哲也 たくさんのふしぎ5月号 福音館書店
 ナミブ砂漠はアフリカ南西部のナミビア共和国の大西洋岸にある、総面積50000㎢の広大な砂漠で、「ナミブ砂海(さかい)」として世界遺産に認定されています。「砂海」というのは砂が平らに積もった場所と砂丘とによってできる、広さ30000㎢以上の砂漠のことを言います。
 砂漠に咲く花を撮影するため2011年から2年間、南アフリカ共和国のステレンボッシュの町に住んでいた著者は、2012年5月、このナミブ砂海を訪れ、秘境「デッドフレイ」で、たまたま偶然に見た夜明けの奇跡的な美しい一瞬にすっかり魅せられます。夜明け前、立ち枯れたアカシアの木と砂漠が作り出す、まさに「死の世界」の風景をカメラにおさめ、帰り支度をしていると、「デッドフレイ」の後ろにそびえる砂丘のてっぺんが赤く輝きだし、砂丘全体が黄金色に染まり、砂丘に貼りついたたくさんの乾燥した草が星のようにキラキラと輝きだします。
 どうぞ、手に取って写真をご覧ください。その美しさに圧倒されます。

星野道夫さんの本を読んでみませんか  星野道夫さん没後20年
 アラスカの美しい自然とそこに生きる生きものたちに魅せられ、写真を撮り続けた星野道夫さんが亡くなって、この夏で20年になります。
 星野さんが初めて出した子どもの本も「たくさんのふしぎ」です。『アラスカたんけん記』(たくさんのふしぎ 1986年11月号)が最初で、次が『森へ』(たくさんのふしぎ 1993年12月号)、『クマよ』(たくさんのふしぎ 1998年3月号)は星野さんが亡くなったあとに出ました。その他、小学館から『ナヌークの贈りもの』(1996)という絵本も出ています。文庫には大人向けに『星野道夫の世界』(朝日新聞社)、『旅をする木』(文春文庫1999)、『長い旅の途上』(文芸春秋1999)もあります。どうぞ手に取ってみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ 5月

2016-05-19 14:53:33 | 文庫のページ
夏の特別おはなし会 7月2日(土)3:30
 特別おはなし会は、子どもも大人もだれでもお話を語れる場です。
 3:30〜5:00まで、時間はたっぷりあります。どうぞお話を覚えて語ってみませんか。詩やわらべうた、短いお話など、何でもいいです。みんなで覚えて語り合いましょう!お待ちしています。
 聞きに来るだけの方も歓迎です。どうぞ聞きに来てください。
   語ってくれる人は、6月15日(水)までに、おはなしの題名をお知らせください。

第3回 童話塾 in 東北 −あなたの物語を書こう! 今こそ東北から児童文芸を−
      一般社団法人 日本児童文芸家協会主催
  7月17日(日)13:00〜16:30 
        仙台市市民活動サポートセンター6Fセミナーホール

<第1部 講演会>
 「ふるさとを書くということ」 講師 佐々木ひとみ(『ぼくとあいつのラストラン』他)
 「一瞬のときめき、ときめきに向けての“一生懸命”を」
                  講師 高橋秀雄 (『地をはう風のように』他)
<第2部 交流会>
 先着 50名(事前予約が必要) 参加費 2,000円(当日)
 申し込みなどについてはチラシをご覧ください。文庫にあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度がスタートしました!

2016-05-19 11:49:31 | 文庫のページ
5月・6月の文庫の日
5月18日(水)
 3:30 おはなし「ミアッカどん」 武田
 4:00 ケン玉であそぼう!
5月21日(土)
 3:30 おはなし「まぬけなトッケビ」 松尾
 4:00 おりがみ(たためる箱)
5月25日(水)
 3:30 おはなし「子ギツネのライオンたいじ」 目黒
 4:00 きなこあめ
5月28日(土)
 3:30 おはなし「マメ子と魔物」 松尾
 4:00 かわりめん
6月1日(水)
 3:30 おはなし「七わのカラス」 佐藤
 4:00 おりがみ(10ページのノート)
6月4日(土)
 3:30 おはなし「お百姓とエンマさま」 中村
 4:00 おりがみ(ドラえもん)
6月8日(水)
 3:30 おはなし「山ばとのむかし」 笹森
 4:00 お手玉であそぼう!
6月11日(土)
 第2土曜日は文庫お休みです
6月15日(水)
 3:30 おはなし「さるじぞう」 武田
 4:00 おりぞめ
6月18日(土)
 3:30 おはなし「赤ずきん」 松尾
 4:00 おりがみ(うさぎ・ねこの封筒)
今、文庫では
 4月13日(水)のおはなし会で「ちいちゃいちいちゃい」を語ったのですが、元気のいい2年生の男の子が6人も聞いてくれました。よほど面白かったのでしょうか。4月20日も4月27日も、おはなし会でリクエストされて3週続けて「ちいちゃいちいちゃい」を語りました。こんなことは滅多にないので、うれしかったですね。元気な男の子たちに楽しんでもらえるお話をもっと探したいと思いました。
 4月30日(土)連休が始まっての土曜日なので利用者は少なかったのですが、宮城教育大学の男子学生さんが二人遊びに来てくれました。積み木パズルに挑戦。1月に新しい組み方が見つかって以来、新しい組み方は見つかっていないので、もうないかもしれないと思ったのですが、なんときよたかくんときよたかくんのお母さん、そして初めて挑戦した学生さんまで、新しい組み方を見つけました。まだまだあるのですね、驚きました。430通り達成!です。
4年生の女の子たちが長い物語に挑戦!
 この学年は幼稚園の時からきている人も多く、3年生の時もよく文庫に来ていましたが、4年生になった途端、急に長い物語に挑戦する人が増え、驚いています。ひとりは岡田淳さんの作品、ひとりは富安陽子さんの「シノダ!」のシリーズ、ひとりは上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズ、ひとりはクリアリーの「ラモーナ」のシリーズ、ひとりは梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』など。心もからだも大きく成長する4年生のこれからが楽しみです。
文集「なかま」38号を編集中!
 6月の発行を目指して、今、編集しています。たくさんの人の声を載せたいと思っていますので、子どもたちの「おもしろかった本」、大人の方の「ひろば」の原稿、まだ間に合いますので、書いて下さる方は、5月21日(土)か25日(水)まで、お願いします。
 2年生のきよたかくんの初めての創作「しょうねんといのしし」のお話も載ります。大人の方には、堀米薫さんや君川みち子さんの講演の記録も掲載しますので、どうぞお楽しみに。
4月の利用状況
 過去5年間の4月の利用状況と今年の4月の利用状況を比べてみました。
2011年は震災の年でしたので状況はちょっと違うのですが、5年前に比べるとかなり利用者が減少しているのが分かります。2014年、2015年と比べても、やはり減少しています。2015年度は初めて年間登録者が100名を切りましたので、今年はどうなるのか、気がかりです。新しい人が増えてくれるとうれしいです。
2011年4月 登録39人・文庫に来た人117人・利用69人・貸出冊数266冊・文庫を開いた日6日
2012年4月 登録27人・文庫に来た人63人・利用36人・貸出冊数87冊・文庫を開いた日4日
2013年4月 登録18人・文庫に来た人31人・利用25人・貸出冊数110冊・文庫を開いた日4日
2014年4月 登録35人・文庫に来た人90人・利用49人・貸出冊数220冊・文庫を開いた日5日
2015年4月 登録24人・文庫に来た人77人・利用44人・貸出冊数182冊・文庫を開いた日4日
2016年4月 登録30人・文庫に来た人83人・利用54人・貸出冊数174冊・文庫を開いた日6日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の詩 5月

2016-05-19 11:27:24 | 文庫のページ
  ケヤキ並木−−八幡駅前
        みずかみかずよ
 わたしは
 すき
 駅前通りの
 並木道

 大きく空へ
 枝をひろげた
 ケヤキの下は
 パラソルよ
 やさしく
 すずしい
 みどりにそめる

 歩こう
 歩こう
 手をふって

 歩こう
 歩こう
 足かるく

 きれいな
 空気も
 うれしいな

 こころも
 からだも
 はつらつよ

 わたしは
 すきよ
 並木道
   (詩画集『ふきのとう』)
 5月のさわやかな風と光の中で、天高く枝を伸ばし、緑の若葉を広げるケヤキは、はっとするほど美しいです。卸町のケヤキ並木が美しい季節になりました。
 みずかみかずよさんは福岡県八幡市に生まれた方です。八幡駅前もケヤキ並木の美しい街なのですね。みずかみさんの詩にケヤキをうたった詩がいくつかあるのですが、どれもすてきで、「今月の詩」にも何度か選んできました。昨年、初めてこの詩に出会い、納得できました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度 大人向け講座 あそびの学校 年間予定

2016-04-20 12:03:42 | 文庫のページ
あそびの学校
 文庫で楽しんでいる様々な遊びを大人の方に紹介する講座です。昔の遊びの技を身につけたい方、折り紙や工作など子どもと一緒に楽しめる遊びに関心のある方、どなたでも参加できます。年8回の講座です。できるだけ連続でご参加ください。
 日 時 2016年6月〜2017年3月 第3土曜日 10:30〜12:30
 場 所 まつお文庫(若林区中倉3丁目16−8)022−231-2712
 参加費 1回200円
 定 員 10〜15人

    *申込締切 6月15日
<予定>
6月18日(土)
 おりがみ(ドラえもん・赤べこ)、新聞紙で紙てっぽう
 あやとり:ゆびぬき(5種類)
7月16日(土)
 紙テープのこま、紙バンドのこま
 あやとり:蚊・やさしいゴム・4段ばしご
9月17日(土)
 ピカチューのバッグ
 あやとり:ひもうつし・くびぬき
10月15日(土)
 くいつきへび・紙ひもの馬
 あやとり:さかずき→ちょう→山・はたおり・かみしばい
11月19日(土)
 おりがみ(ミニバッグ・たためる箱)
 あやとり:あさがお・花かご・山の上のお月さん
1月21日(土)
 牛乳パックで変わり絵ボックス12面
 あやとり:てっきょう→亀の子→ヨーヨー
2月18日(土)
 ビー玉のこしさげ・毛糸のマスコット人形
 お手玉・けん玉
3月18日(土)
 紙ひもの帽子
 あやとり:あみ→こと・ひとりあやとり
  ※毎回15分、詩やわらべうた・手遊び・絵本の紹介をします。

レンゲの会
月1回、子どもの本についておしゃべりしています。どなたでも参加できます。
   5月30日(月) 10:00〜13:00
 2016年度の計画を立てたいと思います。
      どんな作品、どんな作家を取り上げたいか、どうぞ準備してきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄贈本・新しく買った本 4月

2016-04-19 11:49:23 | 文庫のページ
寄贈本
ありがとうございます。
■佐藤真弓さんからいただきました。
 悗擦い瓩い里譴し 改訂版』 バージニア・リー・バートン 石井桃子訳 まなべまこと監修 岩波書店2015
 日本で出版されて50年になる昨年、改訂版が出ました。石井さんの訳はほとんどそのままですが、この50年の間にあらたに分かったこと(恐竜のこと)など、書き改められたところもあります。絵の色も明るくなり、文字の配置も読みやすくなりました。3月のレンゲの会で、私がこの本を紹介し文庫でもぜひ買いたいと話すと、真弓さんはその日の帰り、すぐ購入して文庫に届けてくれました。
■成田みち子さんからいただきました。
◆慇磴瞭のかくれんぼう』
『ガラスのかけら』
 大村祐子 ほんの木2001
ぁ銑シュタイナー教育に学ぶ通信講座1〜6 大村祐子 ほんの木2001〜2002
 北海道の伊達市でシュタイナーの思想を実践する共同体「ひびきの村」代表の大村祐子さんの本です。成田さんは2012年からこの「ひびきの村」で勉強を続けています。仙台に戻ってくるのは冬休みと春休みのときです。シュタイナー教育に関心のある方は、どうぞ手に取ってみてください。↓は創作のお話です。
新しく買った本
 悗舛磴△舛磴鵑里爐しばなし』 中脇初枝再話 福音館書店2016
 四国の高知の南西部をかつては波多国(はたのくに)といい、今は幡多地方と言います。その幡多地方に伝わる昔話50話を再話した昔話集です。
 中脇さんは徳島に生まれ、高知の中村市で豊かな自然に囲まれた子ども時代を過ごし、昔話をたくさん聞いて育ちます。都会に出て作家になり、親になり、子どもの時楽しんだ幡多の昔話を子どもに語り始めます。
 全国共通の昔話もありますが、四国、あるいは幡多独特の味わいのある話もあり、興味深いです。さらにどの話にも著者のコメントがあり、著者の昔話についての並々ならぬ造詣の深さを感じさせられます。
 一般書ですが、昨年出版になった『世界の果てのこどもたち』も中脇さんの作品です。昭和18年、開拓団として家族と満州に渡る女の子の物語ですが、その子も高知県の西部の出身です。朝鮮の女の子、横浜で裕福な家庭に育つ女の子、その3人が満州で出会い、その後それぞれに戦中戦後の、国と国の大きな歴史の流れに翻弄されながら生きて、40年ぶりに日本で再会するという感動の物語です。大人の人にお薦めの作品です。
◆悒轡離澄 夏休みの秘密の友だち』 富安陽子 偕成社 2015
 シノダ!のシリーズ9巻目です。お父さんは人間ですが、お母さんはキツネという信田家の物語です。
 キツネの血を引く3人の子どもたちはそれぞれに不思議な力を持っています。ユイは「風の耳」、弟のタクミは「時の目」、妹のモエは「魂よせの口」です。そんな3人がさまざまな不思議なことに巻き込まれながら冒険していくシリーズですが、今回はユイとタクミが二人だけで、お父さんの故郷に出かけ、そこで500年に一度のお山の「ナツギ祭り」に招かれるという不思議な夏の物語です。
 ユイとタクミは冒頭から不思議なことに巻き込まれ、謎はどんどん深まり、ハイスピードで物語は展開していきます。ユイたちがなぜお山の「ナツギ祭り」に招かれたのか、最後、謎が解けます。私たち人間の世界が人間以外の生きものたちとの共存によってどんなに守られ、豊かさを受けているか、ユイたちの体験は気づかせてくれます。
 まだ読んだことがない人はどうぞ1巻目から挑戦してみてください。
『子どもたちへ、今こそ伝える 戦争 ―子どもの本の作家たち19人の真実―』 講談社 2015
 長新太、和歌山静子、那須正幹、長野ヒデ子、おぼまこと、立原えりか、田島征三、山下明生、いわむらかずお、三木卓、間所ひさこ、今江祥智、杉浦範茂、那須田稔、井上洋介、森山京、かこさとし、岡野薫子、田畑精一。19人の子どもの本の作家たちが体験した戦争の話です。
ぁ惻由と平和のための京大有志の会声明書』 自由と平和のための京大有志の会 クレヨンハウス 2015
 昨年7月に出たこの声明書はいろいろな国の言葉に訳されています。以前紹介した絵本「わたしの『やめて』」はこの声明書の子ども語訳です。子ども語訳も含めて26の言葉で訳されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月・5月の文庫の日

2016-04-12 19:13:04 | 文庫のページ
4月13日(水)
 3:30 おはなし「おんちょろちょろ」 松尾
 4:00 紙テープのしおり
4月16日(土)
 3:30 おはなし「三びきのくま」 松尾
 4:00 おりぞめ
4月20日(水)
 3:30 おはなし「あるだんなさんとおかみさんの話」松尾
 4:00 おりがみでピカチュー
4月23日(土)
 3:30 おはなし「屋根がチーズでできた家」 目黒
 4:00 おりがみで赤べこ
4月27日(水)
 3:30 おはなし「馬方やまんば」 笹森
 4:00 くいつきへび
4月30日(土)「ことらちゃんの名ふだ」 武田
 4:00 紙テープのミニごま
5月4日(水)
 祝日で文庫はお休みです
5月7日(土)
 3:30 おはなし「はらぺこピエトリン」 中村
 4:00 紙ひものかご
5月11日(水)
 3:30 おはなし「エパミナンダス」 佐藤
 4:00 こけし人形
5月14日(土)
 第2土曜日は
     文庫はお休みです。


◆4月はカードの書き換えをします。昨年のカードは記念に差し上げます。ただし文集の編集で使うことがあるので、文集ができるまで待っていてください。
◆おはなし会は今年も、武田さん・笹森さん・中村さん・目黒さん・佐藤さんにご協力いただいて、3時半から開きます。詩やわらべうた、昔話、絵本など、生の声の持つ心地よいお話の世界をどうぞ楽しんでください。お家の方もお子さんと一緒に聞きに来てください。
◆文集「なかま」38号の原稿をお待ちしています。春休み、ほとんど作業ができませんでしたので、これから始めます。まだまだ大丈夫ですので、どうぞご協力ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の詩 2016年4月

2016-04-12 18:48:21 | 文庫のページ
  春がなわとびしています
              木村信子
 春がなわとびしています
 はな咲く村のひるさがり
 ちょうちょもいっしょになかまいり

 春がなわとびしています
 とろりまどろむうす月が
 これはわたしのゆめのなか

 春がなわとびしています
 風がくるくるまわすなわ
 花びらもきてなかまいり

 春がなわとびしています
 学校の鐘が鳴っています
 もうこどもらも帰るころ
    (『時間割にない時間』かど創房)

 今年は桜の開花も早く、水仙もチューリップもモクレンも同時に咲き出し、一気に春の陽気に包まれています。
 今月は木村信子さんの「春がなわとびしています」を選びました。心も体も冬の寒さから解放され、心が自然に浮き立つようなうれしい春。そんな春の様子を「なわとびしている」ととらえる詩人の感性はすごいですね。

入園・入学・進級 おめでとう!
 入園・入学・進級、おめでとうございます。誰もが大きな期待とちょっぴりの不安を抱え、新しい年度がスタートしましたね。今年は新しく幼稚園に入るお友だちも多く、楽しみです。新しい場所で新しい先生やお友だちと一緒に楽しい思い出をいっぱい作れるといいですね。
 さて 文庫でも新しいお友だちとの出会いを楽しみにしています。どうぞお友だちを誘って、遊びに来てください。待っています。
 文庫は今年秋に39周年を迎えます。これまで通り水曜日と土曜日、週2回の文庫を開いていきますので、お家の方々のご協力、どうぞよろしくお願いします。

新しく文庫を利用するお友だちへ
 )莉疑紂ε斃貌の午後2時から5時まで開いています。(ただし第2土曜日はお休み)
 ∪屬舛磴鵑ら大人まで、だれでも利用できます。
 L砧舛任后
 に椶錬隠虻まで2週間借りられます。
 ニ莢鵝△はなし会(30分)と工作があります。
 Δ手玉やあやとりなどの昔遊びを楽しんでいます。
 Х遑渦鵝∧幻砲世茲蠅鯣行しています。文庫の行事やお知らせ、本の紹介を載せています。
 文庫に来るときには、本を入れるバッグを持ってきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊びの学校・レンゲの会 3月のお知らせ

2016-03-16 16:00:56 | 文庫のページ
   あそびの学校
<大人向けの講座>年8回の講座です。参加費は200円。
*毎回15分、詩やわらべうた、手遊び、絵本の紹介をしています。
  3月19日(土)10:30〜12:30 こけし人形を作ります。
あやとりは<ひとりあやとり>です。
2016年度は6月から始めます。詳しくは4月の文庫だよりでお知らせします。

   レンゲの会
月1回。子どもの本についておしゃべりしています。
どなたでも参加できます。
  5月30日(月)10:00〜13:00
2016年度の計画を立てたいと思います。
どんな作品、どんな作家を取り上げたいか、どうぞ準備してきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加