POR UNA CABEZA

2008年09月10日 | Round Dance・Music

                  


            




                 


Choreographers: Dan & Sandi Finch
Rhythm/Phase: Argentine Tango, unphased approx. V
CuesheetLink:  http://www.mixed-up.com/cuesheets/Uploads/Por%20Una%20Cabeza%201.02.pdf









アルゼンチンタンゴの名曲  

    Por Una Cabeza   ポル・ウナ・カベーサ




大変有名なこの曲は、いろいろな映画に使用されています。

今回のラウンドダンス曲は、キューシートにはっきりと

アル・パチーノ主演の映画
     「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」 の曲と明記されています。


上の動画のシーンの曲ですね。



     またこのキューシートには
     映画や歌についての説明や、アルゼンチンタンゴの踊り方のアドバイスが
     振り付けの先生によってNOTE部分に書かれてあります。
     遠い異国の先生と気持ちが繋がるような嬉しい気持ちがしますね。





この映画のシーンは、
盲目で偏屈で嫌われ者の退役軍人のアル・パチーノが
踊れないと訴える若く美しい女性を紳士的に誘って(ナンパ?)踊るシーン。

この元軍人さんは、即興タンゴを踊ったり、
女性の香水の銘柄を言い当てそこから容姿を想像したり、
(だからタイトルの直訳は【女性の香り】なんですね)

「タンゴは人生と違って間違う事はない。足が絡まっても踊り続ければいい」
という台詞をもっていたりする、とても不思議で素敵な役柄です。






************************************************************




      Por Una Cabeza   ポル・ウナ・カベーサ

          
                            邦題  「首の差で」



人気絶頂期に飛行機事故で亡くなったアルゼンチンの伝説的タンゴ歌手

  カルロス・ガルデル (Carlos Gardel) のタンゴの名曲。



1935年にカルロス自身に作曲され歌われました。





「Por Una Cabeza」とは、競馬用語で 「首の差」

恋敵に少しの差で敗れた男の歌なのだそうです。



このカルロスは大変な競馬好きで、
この曲も競馬映画のために作ったということです。

競馬好きの主人公が、恋に敗れた気持ちを競馬にかけて
歌っているのだそうです。


歌うカルロス・ガルデル
Bandoneon Tango " Por Una Cabeza" Carlos Gardel
http://jp.youtube.com/watch?v=Dz2SIVoqKG4&feature=related





************************************************************





この曲は、いろいろな映画で使用されていると先述しましたが
その中で動画が見つかったものをご紹介したいと思います。

 



スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。

 「シンドラーのリスト」 (Schindler's List)








アーノルド・シュワルツェネッガー主演のスパイ系アクション・コメディ映画

 「トゥルーライズ」 (True Lies)    1994年のアメリカ映画


<!-- TRUE LIES : Le Tango  -->




************************************************************







最後に、この夏のフィギュアスケート 日本の浅田真央選手。




愛らしい演技に釘付けになった真央ちゃんの、
くるみ割り人形「コンペイトウの踊り」のフリー演技から
もう二年〜。


この浅田選手のエキシビジョンタンゴでの成長には
おかあさん気分で泣けてしまいました。




<!-- Mao Asada 2008 National Championship EX tango por una cabeza・encore  -->


ジャンル:
音楽
キーワード
アメリカ映画 アルゼンチンタンゴ アル・パチーノ キューシート シュワルツェネッガー シンドラーのリスト コメディ映画 くるみ割り人形 エキシビジョン コンペイトウ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« XAYMACA FAREWELL | トップ | THE TWIST »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-10-13 09:46:14
アル・パチーノ・・本当になんでもカッコ良いですねぇ。この曲にピッタリの踊り方で、女性の人のなんて美しいこと。。。何度みても飽きないわ。だからいつも、アル・パチーノを、見ては帰る、見ては帰る、・・・・最後まで今日は。。と思ったけど遅かった。。(/ー ̄;)シクシク真央ちゃんを見られなかったです。
シンドラーリストも又良いですね。映画を思い出しました。感じも違うし、この雰囲気も大好きですねぇ。

年の夏はワサワサして、主人の入院騒ぎでじっくりパソコンの前に座ったり見たり出来ない状態でしたが音楽はいつの時でも心を癒してくれます。
有り難う。。。

こんな素敵なプログにコメントかかない筋はないと思い、遅ればせながら書かせてイタダキマシタ。
首の差、〜タッチの差とは言いますが、馬の首の差も
面白い表現ね。ボーカルの中で、一杯打てって居ますね。よっぽど恋に破れたのが悔しくて、首の差だったよ。。って言うけど本当は、胴体までの差だったのでは??っとからかいたくなりました。(笑)
浅田選手動画差し替えました〜 (松葉)
2008-10-13 13:34:37

教えてくださってありがとうございます。
リンク切れはなかなか自分で気付くことができません。
時間が経つとどんどん変更が出て、リンクが切れて

まうのですよね。


この曲の持つ世界は本当に素敵だし、使っている動画も
とてもお洒落でカッコ良いものばかりですよね。


タッチの差って自己申告ですもんね〜
私も、胴体くらいホントはあったんでしょーって思えます。
「あとちょっとだったのにー」って悔しい時には、
誰でも言いたくなりますよね〜。
どこの国でも同じかもヾ(≧∇≦
有り難う・真央ちゃん、、見えました。 (Ruby♪)
2008-10-13 15:31:54
真央ちゃんを見たら次は美姫さん、そうして荒川静香さんと終りなく見てしまった今日の休日でした。。。
曲があって身体で表現する事、スケートもダンスもどんなジャンルでも目を瞠るような気持ちで見てしまいます。素晴しいですねぇ。。
フゥーためいきが出ました。
早いですねー@@ (松葉)
2008-10-13 22:10:54

スケートは惹き付けられますね〜。
氷の上の特別なスピード感や優雅さはとても素敵です。
この大舞台でどのくらい緊張するだろうとこちらも
ドキドキしてしまうので演技が終わったときには本当に感激します。

ため息ですね〜〜。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。