イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

「世界遺産 吉野・高野・熊野をゆく 霊場と参詣の道」読了

2016年10月17日 | 2016読書
小山靖憲 「世界遺産 吉野・高野・熊野をゆく 霊場と参詣の道」読了

著者は熊野古道が世界遺産に認定されたときに推薦書の作成に携わった人らしい。
古道の成り立ちと著者が実際に歩いた感想が書かれている。

熊野古道は紀伊半島の海岸沿いから近露を通る中辺路や海岸沿いの大辺路は有名で、本当の古道ではなくても国道を伝ってそのルートを実感できるが高野山からの小辺路、吉野からの奥駆道なんかどんなに地図を前にして想像してもあの山の中に人が通れる道があるとは思えない。グーグルマップをどれだけ拡大しても道路がないんだ。昔の人はすごかったということだ。もちろん、海岸沿いの道さえも、あの距離を歩き通すなどというのも想像しがたい。だいたい、行ったら帰ってこなければならない。それはもっとつらい。

僕も約10年と少し前、思い立って熊野古道を歩こうと陸路の出発点、大阪天満の八軒茶屋を出発してみたが、あえなく和泉府中で挫折した。まあ、本人としてはまだ挫折したとは思っていないのだが・・・。そう思うと、すごい距離だ。

また、奥駆道については途中、前鬼という場所を通るが、昔よくこの付近を釣りのために訪れていた。ブラックバスを釣るための池原ダム湖への釣行だったのだが、このダム湖へのインレットのひとつに前鬼川があった。当時は何の知識もなく、変わった名前の川だとしか思っていなかったがあのとき少しでもそんな知識があれば釣りの帰りにでも車で(あくまでも車だが・・・)古道に近づけるだけ近づいてみたのにと思うと惜しいことをした。

また、いつか、熊野古道を歩くことはあるだろうか・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「見仏記3 海外編」読了 | トップ | 加太沖釣行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。