イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

紀ノ川河口釣行とオイル交換

2017年07月06日 | 2017釣り
場所:紀ノ川河口
条件:中潮 3:51満潮
釣果:ボウズ

小船のオイル交換をしなければと思いながらもう半年近く経ってしまっている。そして、気付けばなんと2年半以上もオイル交換をしていない。今日は釣行後必ずオイル交換をするのだ。


もう、定点観測にしかなっていないが紀ノ川河口へ向かった。双子島の沖に行くべきかどうか迷っていたが毎朝通過するJRの六十谷の鉄橋から紀ノ川の水面を見ると雨の濁りはなさそうだった。
暗いうちにポイントに到着してキャストをはじめようと考えていたが、港に到着したころにはすでに明るくなってしまっていた。これで若干戦意喪失。



ルアーをとっかえひっかえキャストすれどもアタリがない。潮は引き潮にかかっているので流れが速すぎるのかもしれないと思い沖の一文字へ移動。渡船屋で渡ったルアーマンが二人キャストを繰り返している。僕も近くに投錨してキャストを繰り返すが当然の帰結ではあるが何のアタリもなく終了。



魚にまで見放されてしまったようだ。

結局、エンジンの性能維持とオイルを温めて抜きやすくするために午前2時50分に起床したようなものになってしまった。

今回の新兵器は電動ドリルに取り付けるポンプだ。
前回の交換は陸に揚げたときにドレンボルトを抜いておこなったが、いつでも作業ができるように上抜きでやりたいと考えていた。市販のオイルチェンジャーは手動式でもけっこうな値段がする。2年に1回しかやらない作業に使うにしてはもったいない。何かいいものがないかとネットショップを探していたらこのポンプを見つけた。オイル専用ではないようだが、手動式のオイルチェンジャーに比べるとはるかに安かったのでダメ元で買ってみた。なんといっても電動というのが楽ではないか。



結果は大正解だった。ドリルを回し始めた途端にオイルが吸い上げられてゆく。10秒ほどで約2リットルのオイルを吸い上げてしまった。
エレメントも交換して約30分で終了。船外機を使っているひとはオイル交換用にぜひ1個持っておくべきだと思う。1個わずか1060円だ。



僕の船の隣に引っ越してきた前の職場の同僚が新しい船に乗りかえた。



なかなかマメに見に来ているらしく、先日の台風3号のとき、僕の船にロープを渡しておきましたというメールをくれていたが、今日はすでにそのロープが解かれていた。
一度このブログにも書いたことがあるが、僕は常々船を持つことは不倫と似ているのではないかと思っている。もちろん、本当に不倫ができるほど甲斐性がないので、似ているのではないかと書きながら本物の方を知らないのでいい加減に読んでもらいたい。
船というのはわがままなもので、いつも気を使って見てやっていないとすぐにへそを曲げていろいろなところが壊れたり調子が悪くなったりする。しかしながらたくさんの喜びと楽しさをもたらしてくれる。と思って安心していると荒波にもまれてひどい目に遭わされる。もう、わがままなツンデレ女と付き合っているようなものだと思えなくもない。お金もけっこうかかるし家庭の危機も訪れる・・・。

彼の船は本当のプレジャーボートで僕が乗っているような漁船もどきのダサいデザインではない。こんな水の汚いボコボコの護岸の港に係留しているのはもったいない。さしずめ、寂びれた炭鉱町の場末のバーにひとり佇む少し陰のある過去を引きづった美人ママというところだろうか。
恋は永遠だが、限界効用は必ず逓減する。愛にはいつか終わりが来るものだ。彼にはいつまでもこの船を愛し続けていってもらいたいものだ。
と、あまりにも早くにオイル交換が終わってしまったのでわけのわからないことを考えてしまった。
願わくば、彼がこのブロクを読んでいないことを願うばかりだ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「森のバロック 」読了 | トップ | 北港釣り公園沖釣行 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (森に暮らすひまじん)
2017-07-07 18:15:56
 不倫・・・とはいささか刺激的ですね。
いつも気にかけてやらないと、機嫌を悪くする。
まぁ、女房殿も同じかもしれませんよ。
 いやー、かっこいい船がお隣さんになったのですね。
確かに、場末に咲いた可憐な花のようですね。
Unknown (イレグイ号)
2017-07-09 12:49:40
森に暮らすひまじんさん、
いつもコメント、ありがとうございます。

そして、特に理由もなく見に(会いに)いってしまいます。

父親が亡くなるほんの少し前、病院のベッドの上で、「船がないと寂しいんや。」と言ったことを今でも覚えています。僕に船を託したかったのかどうかは定かではありませんが、父親もこよなく自分の船を愛していたのだと思います。
まあ、父親も不倫をするほどの財力も度胸もなかったと思うので僕はつくづく父親に似ているのだなと思います。

「隣の芝生は青い。」と言いますが、いざ船のこととなると自分の船が一番だと思っています。
ここのところは愛人への愛情というよりも自分の子供への愛情に近いのかもしれません・・・。
Unknown (サワッチ)
2017-08-08 16:47:46
六角軸 電気ドリル用ポンプ 良いですね!
オイル交換はいつもマリーナ任せから数年まえから自前でやるようにしました。
アメリカ製車のオイル抜き手押しポンプで上抜き(オイルゲージ穴)で上手く行きません。付属パイプ径が太いポンプの力不足

オイル上抜き方法はここからで良いのでしょうか?
このポンプのパイプ径が太いようですが(オイルゲージ穴内径10mm位)何か対策有ります?

分かれば教えてください
Unknown (イレグイ号)
2017-08-08 22:28:02
サワッチさん、
いつもコメント、ありがとうございます。

オイルの抜き出し口はゲージ穴からです。
パイプですが、この太いホースの先にゲージ穴のサイズに合ったホースを30センチほど、曲がるのを防ぐために細いホースの中にステンレスの針金を入れてビニールテープでぐるぐる巻きにしてつないでいます。
機密は十分保てます。

よかったら、一度僕のポンプを使ってみてください。
うまくいけば購入をお考えになられればよいのではないかと思ます。(まあ、1000円ほどのものですが・・・)
Unknown (サワッチ)
2017-08-09 07:06:42
返信ありがとうございます、同じような物昨夜ネットで購入しました。
ゲージ穴へ入るパイプが肝心の様ですね、ほどほどな硬さと内径が広い物? 
アルミパイプ、銅パイプなど物置を探してみます。
上手く出来ない時はお世話になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。