意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

少子化の先は元に戻る

2017年05月05日 | 社会
今日は子供の日です。
で、毎年子供の人口動態をだしてますけど、36年連続減少なのだとか・・・。

少子化が進んでますね。
残念ながら、少子化対策というのは『子供産め』っていう社会圧力以外にありません。

少子化政策の肝って・・・
http://blog.goo.ne.jp/matuba96/e/c157e9e9f3076e2334e994a3a1b155e0

詳しくは昔ここで書きましたが、100年前と現在では子供の育てやすさは現在の方がはるかに楽になったのですが、にもかかわらず子供が減ってるわけです。
ということは、保育園とかの『子育て環境』と『出生数』は関係ないということで、いくら子育て環境を整えても効果は薄いのです。

なので残るのは社会的な圧力・・・昔言われてた「二十歳過ぎたら行き遅れ」とか、「女は子供を産むのが仕事」とか、「子供を産まない女は半人前」とか『うまずめ』とかありますけど、これにより子供を産んでいたわけですね。

それは違うんだって言う人がおりますが、どの民族の歴史を見ても女性の扱いっておおよそ同じなんですよね・・・。
ということは、こういうのって人類普遍なんです。

赤熊は物事の根幹を見ますから、ここで疑問に思うのは、なぜ、揃いも揃って同じなのか?
未開や野蛮だったから?
揃いも揃って?

それは・・・それが正しかったからですよね。
そうじゃなければ人類が生き残れなかったから。
そういう考えの民族だけが生き残ったのでしょうね。

では、なぜ近代ではそれが許されたのか?

それは今の70代・80代以上の方がたくさん子供を産んだからでしょう。
それと同時に医療など技術の発達して、大昔は子供の半数がなくなってましたけど、なくならずに人口が増えたからいうのもあると思います。
それで国力が増大したから自由にできたわけです。

簡単に言えば、先人たちが築いた過去の遺産を使ってたから許されていた稀有な状態だったわけです。
でも、もうその遺産も食いつぶしてしまってるわけで、これから先は通用しなくなるわけです。
ということは、人類の普遍的な価値観に戻らざるをおえないわけですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉って文脈なのにね | トップ | 小池氏の完全敗北 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大賛成 (プー)
2017-05-17 23:34:41
思っていても言えないことを、よくぞ、と言う思いです。

現在欧米ではムスリムが絶賛拡大中ですね。
日本にはそういう意味での危機は無いですが、そろそろみんな気付いて梃子入れしてもらう必要がありますね。
管理人 (赤熊)
2017-05-20 11:51:23
プーさん、コメントありがとうございます。

いまは遺産を食いつぶすか未来に先送りしてるだけですし、昔も誰かに払わせてただけでしょうけど、
国(社会)を維持するコストは結局、誰かが背負うしかないということだと思います。

そういうとみんなで背負うべきだって言いますけど、形や重さがないのですから秤にかけられないので、みんなで同じ量だけ背負うということはできませんからね。

それを可哀そうと捉えるか、当然と捉えるか・・・・・。

昔は当然であったわけで、それがこれから先、可哀そうと捉えられなくなってきて始めるのでしょうね。
ただ、どんな選択をするにしても、覚悟だけはしておかなければいけないと思います。
国力の低下はそれこそ命を使って強制的に払わされることになるのが常なのですし。
それをしかたがないと笑って死ねるのならいいと思いますが、おそらく無理でしょうから、凄惨な押し付け合いが始まるのでしょうね。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。