意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

提言  119  政治家納税

2017年06月30日 | 提言
かなり旧聞ですけど、ふるさと納税というものが流行ってます。
知ってる人の方が多いと思いますけど、市町村に寄付をしたら返戻品がもらえるってやつですね。
で寄付金の分だけ税金の控除を受けられることから、寄付なのに納税と言われてるわけです。

で、これ、政治家もやったら?

常々、思ってるわけです。
民主主義国家の国民として、国民はもっと政治参画をすべきではないかと。
国民の政治参画自体は誰も異議を唱えないと思いますけど、では日本人は政治家のことがきちんとわかっているかというと・・・・・まぁ、いやしないでしょうね。
多くはテレビで見たとかは駅前に立ってたのを見たとかはある程度で、直接、交流を持ってる人なんてほぼいないわけです。

どう考えても、それではねぇ・・・・。

で、少なくとも献金をした人間なら関心を持つでしょうし、政治家の方も活動誌を送るでしょうから、政治参画にプラスになるでしょう。

とはいえ、返戻品を何にするかで揉めそうです。
地元の品に限ったら不公平ですし、政治家が個人で選べば変な加熱合戦になりそうですし、そもそも送り返す作業が増えるわけで・・・・・。
そもそも収賄とか利益供与になる可能性もあるわけで。

うーん・・・・。
これは逆に考えるべきか。

返戻品を貰いつつ控除を貰うために寄付してるわけ(返戻品目当てを寄付とは言わないけど)で、だったらふるさと納税で控除が欲しければ政治家にも一定限度の寄付をしないとならない、にしたほうが良いでしょうね。
そうすれば、政治家は返戻なんて考えなくていいし、政治関心も増える。
一石二鳥ですね。

問題は、利益誘導こそが政治なのに、個人を相手にしては無目的化して大衆受けすることしかしなくなる恐れが強いですね。(大衆受けするものはだいたい間違ってる)
もうなってるので関係かも知れませんけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲移転問題の最悪の小池案 | トップ | 人間性など求めてない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。