意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

妄想性左翼は中身は何でもいいのでしょうね

2017年07月14日 | 社会
蓮舫氏が民進党の党内から二重国籍問題を取り糺され、プライバシーだから公開しないと言っていた戸籍を公開し疑義を晴らすとしましたが、その後、すぐに戸籍は公開せずに変わるものを公開するといってます。

・・・・この人の話って、すぐ二転三転しますね。
で、なぜこの言い分が変わったかというと「個人のプライバシーに属するもの。差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」とのことなので誰かにそそのかされたんでしょうね。
ただ、戸籍公開をするよう言い出したのは民進党の人たちなんですが・・・・。

これでは民進党は差別主義者の集まりって言ってるんだけど・・・。(笑)

そもそも求められているのは『2重国籍ではないという証明』であって戸籍ではないのでそれに代わるものでもいいのでしょうけど、そんな便利なものがあるのなら最初に出せばいいのに・・・・・良くわからん言い訳をなさいます。
ていうか、必要のない部分は伏せて出せばいいだけですから、正直、出さないというのが解りませんね。


もうそこはどうでもいいのですが、この問題がなぜか戸籍公開は差別だとか、戸籍そのものの問題点に話をシフトさせ、論点ずらしをする人が多いのです。

戸籍公開を差別だって言うやつが小野田議員が戸籍を公開した時に『差別につながるから辞めろ』って主張をしてない時点で信義に問題があります。

また、確かに現行の戸籍制度に問題が一切ないとは言いませんが、戸籍を廃止しても、別のなんらかの登録制度を作る必要があるわけです。
その場合とどう違うのか?ってことを論じないのです。
おおよそ人間が作るものですから完璧なものなど存在せず、新しい制度を作っても問題が起きるに決まってますし、今の戸籍制度と大差ないものしかできないでしょう。

こういう主張をするのは妄想左翼って言うのでしょうけど、その昔『地上の楽園』と喧伝してた国があり、その国を素晴らしいと褒め称えてた人たちもおりましたけど、結果はお察しです。
この世界にはもっといいものがあるんだろうという根拠のない妄想で語ってるのが、今も昔も変わらないなぁって思いますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間性など求めてない | トップ | 加計問題の本質は 常識派 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。