伊奈いいのマラソンブログ

なんちゃってランナーのマラソンブログ。

大菩薩嶺 登山

2017-07-17 18:29:30 | スポーツ
(日付)2017年07月15日(土)
(交通)JR中央線 甲斐大和駅よりバス40分で上日川峠
(天候)晴れ。最高36℃、最低25℃(甲府の天気)
(服装)半袖Tシャツ、短パン、帽子、推しタオル。
    ULジャケット持参しましたが使う場面はなし。
(食料)おにぎり1個、カップ麺。非常食の一本満足バーは未使用。
(飲料)コーラ、スポドリ各500ml。地元駅までのセブンで購入し途中若干消費。
    意外に飲まなくて最後余りました。

(はじめに)
 峰さんに誘われて山へ行く事に。場所も含めてお任せでした。
 コースも知らず、行きの電車の中で調べるありさま。
 参加者は峰さん夫妻と峰さんの会社の若手のしょうの?さん。
 チバさんは禁足令が出て不参加でした。

(当日移動)
 飲み会が週に2回もあったりしてクタクタな週末ですが5時起き。
 起きてから荷物の用意。タイツ履こうと思ってたけど暑そうなので短パンで。
 帽子は登山用にすればよかった。
 6:30地元駅の電車、浦和、南浦和で乗り換えて武蔵野線。
 西国分寺で高尾行きに。
 高尾で甲府行きに乗換え。
 高尾での乗換えは乗車位置によってエスカレーターまでの時間が違うので要注意です。
 たしか中央あたりの方がエスカレーターに近かったような。
 高尾からの甲府行きは乗り換え客で混雑してましたが、後ろの方の車両で何とか座席確保。
 西国分寺~高尾以外は座れたような。
 甲斐大和9:04着。甲斐大和駅はスイカ使えました。

 バスは駅前から乗車。けっこう混んでいます。でも2台目が出るようなのでそちらに乗車。
 駅でコンビニに寄ったしょうのさんは3台目で来ました。 
 バス代はちょうど1000円。
  
(登山)

 
 10:09 トイレをすませて出発。

 福ちゃん荘までは比較的緩い登りでした。『もう着いたの?』という感じで到着。

 
 男性陣

 ここから雷岩までは、けっこうな上り坂。汗がしたたります。ただ曇り空になっていたので、まだましです。
 
 
 11:19 雷岩到着。コースタイム85分のところを70分でした。

 しばし雷岩の上で休憩。でもここ虫が多くて閉口。
 なので山頂へ向けて移動。

 普通の道の途中に突然という感じで山頂到着。眺望もなく、『え?ここ山頂?』って感じのところでした。

 
 11:33 大菩薩嶺

 
 お約束の。

 大菩薩嶺からは一度雷岩に戻ってそのまま先へ。ほぼ下り基調でした。

 
 途中の景色。雲がかかって富士山は見えませんでした。

 
 12:13 大菩薩峠 大菩薩嶺からコースタイム55分のところ40分。

 
 ここで昼食。
 峰さんがお湯を沸かしてくれてカップ麺。
 水2リットルも持ってきてもらって申し訳なかったです。
 チーズフォンデュにワインもご馳走に。

 ここから下ったコースはなだらかでした。このコースからの登りだと初心者や子供さんでも大丈夫です。
 そんなコースですがなぜか転倒。酔っているせいか。

 ほぼストレスなくスタート地点に到着。14:00過ぎでした。
 ビール飲んでまったり。15:00発のバスで帰路へ。
 中途半端?な人数で補助席に座ることに。
 寝不足に酔いもあって右隣の人に2回ほど頭突きしてしまいました。すいません。

 途中のやまと天目山温泉で下車。バスは1000円
 温泉は510円でした。 
 温泉でまったりして、臨時の天目山温泉発のバスで駅へ。300円。

 甲斐大和駅から武蔵野線経由で帰宅。
 地元駅着は20:20でした。

(反省)
 直前の準備でいろいろ気が回りませんでした。
 帽子は山用にすればよかったかな。
 峰さん夫妻にいろいろお世話になりました。
 次に行く機会があれば、食材とか何か持って行かねば。

 正直、イージーな山でした。高尾山の次くらいに楽。百名山なんですけどね。
 標高は2000mを超えていますが、1500mまでバスで行けるので。
 初心者の方と行くにはいい山かもしれません。
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乃木坂真夏の全国ツアー 神... | トップ | 乃木坂 個別握手会(3rd... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL