広ママの甘辛MIX

ブログタイトル、少し変えました。これからも甘辛文章で綴ります。
広い心&2児のママとして希望を持ちたいなぁ~(笑)

三者面談

2016-12-24 16:17:11 | 次女の事
2016年12月24日

昨日から冬休みに入った次女。

話は前後しますが、20日に三者面談がありました。
片道1時間かけて学校へ行くのですが、担任との話は大体5分くらいで終わります。
別に話す事が無いので(というか、担任が苦手なので早くその場を去りたい)用件だけ聞いて終わります。

今回、次女は頑張りました。
数学が、何と100点だったのです。
本人が一番ビックリしていましたが、期末テストで満点を取ったという話は聞いていました。
けれど、そのまま成績に反映されるとは思っていなかったのでビックリしたわけです。

苦手な日本史はガタガタでしたね。

3年生になると、社会の教科が選択になるそうです。
「地理」「日本史」「世界史」の3つあるそうですが、次女は「地理」を選択しました。
ただ、毎年「地理」を選択する生徒が少ないので、人数が足りない場合は開講しないという話だったのですが、
クラスの中でも10人ほどいたので『開講出来ます』という返事をもらいました。


早いもので、来年の4月には高校3年生になります。
そして、受験生になります。
次女が行きたい大学として「食物栄養学」の勉強が出来るところか、「健康学」の勉強が出来るところが良いそうです。
オープンキャンパスへ足を運ばなければならないのですが、今はクラブに没頭しているので無理です。
来年の6月くらいには引退することになるかと思うので、それから進学に向けて活動したいと思っています。

それにしても、大学へ通わせるお金を貯めなければならないなぁ~という現実問題を突き付けられて
本当に厳しい状況です。
奨学金を受けて・・・という事も視野に入れなければならないわけですが、出来れば頼りたくありませんね。

本気で、来年はWワークをして少しでも大学資金を貯めたいところです。
(働き過ぎると税金で持って行かれるので難しいところですが・・・)


大きな出来事にぶつかる度に、両親には本当に感謝したい気持ちになります。
何とかやりくりをして、私を大学まで行かせてくれたわけですからね。
しかも、私立高校からずっと・・・。
親の有難みを感じる今日この頃です。


そうそう、学校の方で必ず言われるのが「模擬テスト」の件です。
やたらと勧めてくるわけですが、我が家では『受けません』と拒否をしています。
本当に意味のある内容であればOKしますが、ほとんど無駄なものばかりです。
次女のコースは、模擬テストを受ける場合「国語」「社会」「英語」の3科目を受けることになるわけですが、
次女が希望しているのは、「国語」「英語」「数学」「化学」なのです。
『「社会」は要らない』と言っているのです。
(次女が勉強したい科目には必要が無いものです)
なのに受けさせようとするし、しかもお金が発生します。
クラス費から出すのであればまだしも、別料金が発生します。
しかも、1回につき6000円位かかります。

次女が、クラブの顧問にこの話をしたら
『それはアホやろ?何で社会を受けるんや?普通数学やろ?』って言われたそうです。
その話を聞いて『そうですよね。あの先生何も理解してないし把握してないと、私は思うのですが・・・』と言うと、
『やろうな。あの先生、皆に嫌われているし、変に頑固やから難しい人や』と言ったそうです。

次女のほかにも、関係ない科目を模擬テストで受けるように言われている生徒が居るらしく、
HRの度に『●●君、気持ち変わったか?受ける気持ちないか?』としつこく言うみたいで、
●●君も『受けません。要りません』と言って拒否しているみたいですが、
毎日のように、担任が受験の話をした後に『●●君、今の話を聞いて受ける気持ちにならないか?』と言われるようです。

その話を聞いて思わず『ウザイなぁ~』って私が言うと、
次女がすかさず『ママもそう思う?あの先生頭おかしいんと違うか?って言いたくなるし、ホンマに馬鹿やわ』って。

主人にもこの話をしたら『それは、学校と模擬テストの会社とタイアップして(提携)
1件(1人受けるごとに)につき、いくらか(印税みたいに)貰ってるんと違うか?』って言いだしました。
あり得ますものね。


主人も、私も、基本「模擬テスト」の会社そのものを信用していません。
とにかく儲けしか考えていない気がするわけです。
一人一人に対しての資料を作るのは大変かもしれませんが、
点数が取れないような問題ばかり出して、それを見て判断する事自体がおかしいと思います。


これからも「模擬テスト」を受けさせることに対して拒否したいと思います。
希望している大学が見つかり、そこで必要な科目を集中して勉強させる方が効率が良いと思います。
無駄は省きましょう。


こんな感じの三者面談でした。


来年の2月に行われる「模擬テスト」は、生徒全員強制的に受けさせられるようです。
次女は文句の連発でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血液検査 | トップ | 血液検査、問題無し »
最近の画像もっと見る

次女の事」カテゴリの最新記事