松ちゃんの甘辛MIX

日頃感じた事を、甘辛文章で綴ります。お付き合い願います。

料理長、借りだされる

2016-11-26 09:50:04 | 日記
2016年11月26日

昨日は仕事でした。

料理長が頭を抱えていらっしゃるので『どうかされましたか?』と聞いたところ、
『実はなぁ~、同じ会社の系列の料理長が退職されて応援を頼まれているんや。
支店の料理長会議があったんやけどなぁ~、月9日間も俺ここの現場にいなくなることになるんや。
そうなると、ウチの会社も厨房の子たちでやりくりすることになるからどうしようかと思って・・・』と言うのです。

『新たに人を雇うわけにはいかないのですか?』と言うと、
『例のごとくケチやろ?「居てる人数でやりくりしろ!」って平気で言うんや。しかも簡単になぁ~』と。

本当に厳しいなぁ~と思います。

料理長でさえこのような状態だと、洗い場の人やホールの人たちを雇うのも
相当の理由がなければ店長や会社は動かないってことですよね。


これからどうなるのでしょうか?
不安です。


昨日も仕事が忙しく、契約時間よりも1時間多く働きました。
そして、パソコンに退勤時間を入力した時に店長がいらっしゃったので
『私、役に立っていますか?』とそれとなく聞いてみました。
『そりゃ~役に立っていますよ。貴重な人材ですよ』とおっしゃいました。
(本心かどうかは別にして・・・)
その勢いで『私、いつも不安な状態で仕事をしているのですが大丈夫でしょうか?』と聞いたら、
『みんな、完璧に仕事をこなす人はいないし、日々闘っていると思いますよ』との事。
なので、『勤めて長いのですか?』と聞いたら、『25年いるわ』と。

心の中で「そうなんだ~」って思いながら、表には見せないけれどそれぞれに与えられた試練と闘っている事が分かりました。


先ほど、Wメイトのおみくじを引いてみました。
ペアを組んでいるおばちゃんのことについて、今後どのように付き合えば良いか教えて欲しいと祈った後に・・・。
すると『求めて得られぬ時は自我よりも焦りと気負いの科(とが)ありと知れ!』という言葉が出ました。
思わず「ハッ」としました。
自分が求めていることに対して、相手を非難していることになるんだと。
今、そのことに対して自分自身が『●●さんに悪い事をした(思ってしまった)』と、
自身の心を痛めることにも繋がるのだと感じたわけです。
要するに「罪」なのですよね。
知らず知らずのうちに、自分の要求を押しつけることになっているのかもしれないなぁ~と。

そんな事を思いながら読んでいました。

初心に戻って、謙虚に行動すればおばちゃんの態度も変わるかもしれません。
曲(くせ)のある人ですが、仕事に支障が出るのが一番良くない事なのでもう少し付き合い方を研究したいと思います。


料理長も、最近の私の様子を見て気になるのか?
『●●さんの言う事に対していちいち気を遣わずに行動した方が良い。
もう7ヶ月も勤めているんだからどんどん積極的(仕事の指示を待たずに)にしてくれたら良いから』と言ってくれました。

従業員の様子を見ながら、仕事の指示もしながら・・・大変だと思います。


身体を壊さないように、お互いに気をつけたいものですね。
従業員に優しい職場づくりを目指したいものです。


『行動しようよ。良い環境になるために・・・』
我利我欲は捨てましょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憂鬱 | トップ | 何事も、思うように進まず凹む私 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む