松ちゃんの甘辛MIX

日頃感じた事を、甘辛文章で綴ります。お付き合い願います。

どうしたら良いんだ?

2017-07-16 17:00:53 | 長女の事
2017年7月16日

段々痩せ細る長女の身体を見るのが怖くなってきた私。
28キロしかない身体を抱きしめることすら出来なくなってきました。

体脂肪が5%で、この暑い夏日でも厚地の服を着て平気でいるわけです。
とにかく寒いと。

筋肉も、脂肪もありません。

『骸骨に皮を貼ったような状態で、ママ心配だわ』と言うと、
『骨の仕組みが分かって良いでしょ?』と、長女は平気で言うのです。

かれこれこんな状態が1年続き、さすがの私も心配で栄養相談を受けたわけですが、
相談員の人に言われたのは、『心の問題だろう』と。

変に頭でっかち(勉強のし過ぎ)になっている子ほども難しいと言います。
物事に対して、理論で考えて判断するからです。

その部分を突っ込まれたときに「ハッ」としました。


色々と話をする中で、相談員の方に言われたのは、『お嬢さんの転機が訪れたのは中学受験からでしょうね』と。
中学受験をして入学し、そこで『勉強』『勉強』『勉強』と言われ続けて、
食事もろくにせず勉強に励んでいたことから始まっているだろうと。

確かにそうです。
お弁当を持たせても、そのお弁当を食べずに帰ってきたことがしょっちゅうありました。
そして、長女の口から『勉強で食べる時間がなかった』と平気で言っていましたね。
その積み重ねが、今の状態に繋がっているだろうと言われたわけです。

相談員の方から、『一度精密検査を受けた方が良いですよ。そこから物事を進めましょう』と言われました。

その事を長女に伝えると『私は病気ではないから必要がない』と断固拒否されました。
本人は病気だと認めていないわけです。

明らかに拒食症だと思うのですが、『私はこれで十分。これ以上体重が増えたらしんどい』と言い張ります。


社会人になれず、人との交流も出来ず、用事がない限り家から出ない状態が続いています。


心と体のバランスが整っていないと「病気」に繋がるということがよく解ります。



いったいどうすれば良いのでしょうか?

生命の危機にならない様に食い止めるしかないと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅シロップ完成 | トップ | 忙しい日々 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む