高齢初心者の日々

高齢初心者として、身体と心境の移り変り。

カラオケ

2017-11-17 17:53:12 | Weblog

田舎の友から誘いがあり出かける。

少々寒かったが思い切って出かけた、東北本線で約一時間半。

彼が駅まで迎えに来てくれた。彼は金持ちである、愛車はメルセデスEクラス。

駅前の状況を彼が来るまで観察した。自分が若いころとは違い多く発展している。

大学の送迎バスが次々ときて、多くの若者たちを運んでゆく。

自分たちが若かりし頃は大学などなかった。

 

今日の予定は主に囲碁の対戦であった。紅葉には少し早い気もしたし。

奥方が友人と食事の予定があり、その付き合いの同意を求められ賛同する。

奥方の友人は二人である。Uさん、Nさん。紹介され自分も自己紹介をする。

みな同年代である、当然である。

食事のさいの話題が盛り上がり、お互い和気あいあいの時を過ごした。

そこで、『この後の予定はどうする』となり、女性三人はカラオケにゆくとのことで、それに相乗りしたわけである。

カラオケボックスにゆき、席に着いた。

唄う歌を探すことから始める、自分はカラオケの経験はあまりない。

選ばれて流れるメロディーは何故か懐かしい。同世代であるから当然と言えば当然である。

二時間ほど、楽しんだが自分の歌える歌はない。自分の友人が結構おおく歌っているのには驚いた。

女性は体験豊富らしい、次から次と歌が続いた。

このあとのことは、次回のブログで、、、。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大宮 東光寺の座禅会 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事