Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

『借りぐらしのアリエッティ』

2010-07-26 21:48:50 | '10 映画(邦画)
ジブリ作品の『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。
今作、企画・脚本は宮崎駿さんですが、監督は、 米林宏昌さんです。
(TVで、「千と千尋・・・」の"カオナシ"のモデルになった人とか言ってましたね)




借りぐらしのアリエッティ ノーカット版 予告 The Borrower Arrietty Trailer






あらすじは


アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。
[ 2010年7月17日公開 ]








この父ちゃん、シブかっこよくて好きだなぁ



感想は、


良いお話でしたが、最後にもう一つ欲しかったなぁっていうのが、正直なところです。
それでも、ストーリーは面白く、毎度のことですが、作品に引き込まれました。
今作は、声優さんの起用はなく、全員俳優でしたが、ハルさん役の樹木希林さんとアリエッティのお母さんホミリー役の大竹しのぶさんは、「さすがっ」といった感じに合っていました。
志田未来さんも、アリエッティに良く合っていたように思います。

原作が、海外作品ということのせいか、日本に「外国人小人?」と思いましたが、小人って、確かに日本人(というか東洋人)のイメージは湧きませんね。
アニメ作品ですし、ツッコんではいけないですよね。

ジブリの宮崎駿監督作以外では、近藤喜文監督の「耳をすませば」が一番すきなのですが、この作品も好きになりました。
終わり方の朝日のシーンも似てますし・・・

主題歌も、とても作品に合っていました。

やはり、ジブリ作品


公式サイトはこちら http://www.karigurashi.jp/index.html

借りぐらしのアリエッティ - goo 映画

「借りぐらしのアリエッティ」の素敵なDVDラベルはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/d-y0000/e/c5e01be2c88dd018dc8ce42898613600



[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]


借りぐらしのアリエッティ [DVD]
スタジオジブリ




Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)
セシル・コルベル,Cecile Corbel,伊平容子
ヤマハミュージックコミュニケーションズ


このアイテムの詳細を見る



借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
セシル・コルベル
徳間ジャパンコミュニケーションズ


このアイテムの詳細を見る



ジ・アート・オブ 借りぐらしのアリエッティ(ジ・アート)

徳間書店


このアイテムの詳細を見る







blogram投票ボタン  ←よろしかったら、ポチッと!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場版ポケットモンスター ダ... | トップ | スター・ウォーズ : クローン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます (ゴーダイ)
2010-07-28 00:29:16
私はジブリ作品が苦手なんですけど、この映画には癒されました。

いい意味で“冒険しなかった”ところが良かったですw。
「戦争」や「自然との共生」って下手に大風呂敷広げられても困るので(最近その伏線を回収しきれてない気もしますし)これくらいで調度いいのではないでしょうか。

久々にトラックバックできる記事ができてうれしいです。また遊びに来ますね。
こちらこそ (Matthew)
2010-07-28 04:28:22
今作は、昔の善きジブリ作品に還った感じがしました。
大きなテーマではなく、身近に感じる死への恐怖や、弱きものの生への希望を描いていて、それが良かったのだと思います。

こちらこそ、TB&コメントいただき、ありがとうございました。
観に行きたいんだけど、暑い~! (めごりん。)
2010-08-02 05:39:41
やっぱり、是非ジプリ作品は映画館で観たいです。
でも、行ったら 行ったで、
この時期は すごく暑いし、
映画館も すごく 混む~~~!
以前 『もののけ姫』を 映画館で観たときは
2時間半待ちでした・・・・・ う~(@_@;)
こんにちは (Matthew)
2010-08-02 06:28:19
>以前 『もののけ姫』を 映画館で観たときは
2時間半待ちでした・・・・・

映画で、2時間半待ちは、すごいですね。
今は、チケットもネットで座席指定も出来たりしますので、思い立って、急に観ることでもない限り、大丈夫のような気がします。
確かに、土日、しかも昨日のようなファースト・デイは混雑しているかもしれませんね。

「アリエッティ」は、素敵な映画でしたので、やはり、劇場での鑑賞をお勧めします。

めごりん。さん、コメントいただき、ありがとうございました。
また、ご来訪いただけましたら、幸いです。

 
アリエッティ (ichi-ka)
2010-08-29 01:20:56
ようやく感想を書いたのでTB&コメします。
最近のジブリは少し小粒になってしまったかなぁという印象も無きにしも非ずなんですが、物語の良さ自体は変わらず良いですよね。
誰でも安心して見れる優しい物語に仕上げているのはさすがジブリだなぁと思います。
アリエッティのお父さん、かっこ良かったですよね。
予告編だと厳格な人なのかなぁと感じたけれど、実際はそうではなく、家族想いの優しいお父さんで素敵でした。
こんばんは (Matthew)
2010-08-29 19:41:01
お父さん、予告見た限りだと気難しそうな感じでしたが、本編の両面テープ張り付けて、登って行くときとか、淡々としてて格好良かったですよね。
結構、理想のお父さん像でしたね。

コメ&TB、ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
借りぐらしのアリエッティ (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  やっべ、トトロ超えた。  なんか「アリエッティって自分だったらゴキブリの話にするなあ」という記事を書いたら、実際にこの映画
『借りぐらしのアリエッティ』|鑑賞二回目。「CG」と「手描き」について思うこと (23:30の雑記帳)
CGで造られた凄い映像を観ても、全然感動しなくなった自分がいる。例えばアニメで満月を描く場合、コンパスを使うのと、フリーハンドで描くのでは、なぜかフリーハンドのいびつな月のほうに好感をおぼえる。正しさという点ではコンパスの月のほうに軍配が上がるのに、本当...
『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実 (SOARのパストラーレ♪)
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。
借りぐらしのアリエッティの感想 ~宮崎駿に潜む人間への絶望感~ (アニプレッション!!)
昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか...
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。 先日、劇...
借りぐらしのアリエッティ (デッサン ~私の鉛筆~)
 私はこの映画が好きです。ジブリが好きというのもあるけれど、この作品が好きです。1週間の間に起こった、人間の目でふり返れば全てが嘘であったかもしれないできごと。でも、少なくとも主人公の男の子にとってはそうではない。小人と会えることを夢見ていた女主人にと...
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
借りぐらしのアリエッティ(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『借りぐらしのアリエッティ』(2010年、監督:米林宏昌)です。 古い家の床下に暮らす小人一家の少女とその家の少年との交流を描いた2010年のスタジオジブリ作品。 声の出演に人気急上昇中の志田未来ちゃんと、声優もいけるクチな神木隆之介くん。 大作感...
「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 (はらやんの映画徒然草)
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ