Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

死体を買う男 / 歌野晶午

2008-09-07 02:28:52 | '08 読書
死体を買う男 (講談社文庫)






表紙のホームズ風の格好の絵と背表紙のあらすじに誘われて、購入してしまいました。

あらすじは、

平成二年、『月刊新小説』八月号に、「白骨鬼」なる江戸川乱歩の未発表作かと思しき作品が掲載された。
そのあらすじとは、主人公“私”が、南紀・白浜に出かけた折、昼間は普通の男子学生だが、夜になると顔に白粉を塗り、かつらを被り、振袖を着るという女装をし、月を見てはシクシクと泣いている“月恋病”なのだと噂されていた学生が首吊り自殺を遂げる。“私”と友人の詩人・萩原朔太郎が、その事件の謎に挑むと言う、本格推理小説だった。
それを読んだ、本格推理小説『夢幻』四部作で大作家だったが、自ら筆を折り執筆活動を辞めた“細見辰時”は唸った。
そして、“細見辰時”が『月刊新小説』の出版社・青風社に電話したことにより、作品「白骨鬼」内のストーリーと、現在のストーリーとが絡まっていく。


この小説、とっても面白かったです作中に登場する小説「白骨鬼」だけでも、乱歩調の昭和初期の雰囲気漂う作品で、十分に面白かったですし、現在の“細見辰時”のストーリーもとても面白く、「エェッー!!」って意外性のある最後では、「ヤラレタ」って感じでした。全く先が読めなかったです。

歌野晶午さん、他の作品も読んでみたくなりました。



密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)
歌野 晶午
講談社


このアイテムの詳細を見る


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
歌野 晶午
文藝春秋


このアイテムの詳細を見る




blogram投票ボタン  ←よろしかったら、ポチッと!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!

素晴らしい すごい とても良い 良い
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スター・ウォーズ/クロー... | トップ | いその家のその後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。